渡辺清 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 清
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1932-11-30) 1932年11月30日(86歳)
身長
体重
176 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡辺 清(わたなべ きよし、1932年11月30日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

戸畑高校ではエースとして活躍するが、甲子園には出場できなかった。卒業後は専修大学に進学、3年生から外野手に転向。東都大学野球リーグでは在学中に4回優勝[1]1954年全日本大学野球選手権大会では準決勝に進出するが、秋山登らのいた明大に敗れる。大学同期に岡本健一郎、片山嘉視がいる。

岡本、片山とともに、1955年阪急ブレーブスへ入団。1年目から外野のレギュラーを獲得、132試合に出場する。同年は規定打席に到達し、打率.303と新人ながらリーグ5位となる成績を記録した。新人王候補にもあがるが榎本喜八にタイトルを奪われる。翌年以降も打線の中軸として活躍、1957年7月19日近鉄パールス戦で延長戦でのサイクルヒットを達成している。同試合の第2打席で放った本塁打がプロ野球通算10000号本塁打となった。1958年以降は目の故障もあり出場機会が減少、1960年大洋ホエールズに移籍。同年には中堅手の定位置を獲得し、初のリーグ優勝に貢献する。大毎との日本シリーズに出場し11打数4安打を記録、第4戦では日本一を決める決勝のホームを踏んだ。1961年限りで引退

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 阪急 132 473 413 63 125 22 11 2 175 54 33 18 21 3 33 0 3 60 9 .303 .359 .424 .782
1956 136 485 427 50 106 18 7 3 147 56 34 12 16 5 36 0 1 73 5 .248 .308 .344 .652
1957 125 457 399 48 99 12 4 9 146 52 42 18 5 5 46 0 2 70 16 .248 .329 .366 .695
1958 93 292 259 21 65 7 2 1 79 19 17 6 2 1 28 2 2 58 1 .251 .329 .305 .634
1959 69 140 122 10 19 3 1 1 27 6 4 3 2 0 14 0 2 28 2 .156 .254 .221 .475
1960 大洋 120 315 274 30 58 10 1 3 79 13 12 9 8 0 32 0 1 72 7 .212 .296 .288 .585
1961 53 36 29 2 4 0 1 0 6 0 0 0 4 0 2 0 1 11 1 .138 .219 .207 .426
通算:7年 728 2198 1923 224 476 72 27 19 659 200 142 66 58 14 191 2 12 372 41 .248 .319 .343 .662
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • サイクルヒット:1回(1957年7月19日、対近鉄パールス戦、大阪球場) ※史上14人目

背番号[編集]

  • 23 (1955年 - 1959年)
  • 29 (1960年 - 1961年)

脚注[編集]

  1. ^ 「東都大學野球連盟七十年史」 東都大学野球連盟編纂委員会 2001年

関連項目[編集]