相馬永胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相馬永胤

相馬 永胤(そうま ながたね、1850年12月25日嘉永3年11月22日) - 1924年大正13年)1月26日)は日本の政治家、法学者、経済学者、代言人横浜正金銀行頭取、専修学校創立者の一人・校長、専修大学創立者・初代学長。

人物[編集]

近江国犬上郡彦根尾末町で、彦根藩士の家に生まれる。この相馬氏は下総相馬氏の一族で、代々彦根藩(井伊家)に仕えていた。戊辰戦争では官軍として奮闘。明治維新後、安井息軒に学び、1870年に彦根藩費留学生(欧米視察員)として渡米。ミシガン州農学校で学ぶが、1873年文部省からの一斉帰国命令により止む無く一時帰国する。

再渡米後、1875年にコロンビア法律学校(現コロンビア大学ロー・スクール)に入学。同期の日本人留学生に、徳川御三卿の清水家当主徳川篤守鳩山和夫、文部省の留学生監督に目賀田種太郎がいた。図書館で判例を精読し、模擬裁判では米人学生に伍して活躍した。その後、エール大学大学院に進学し、経済学を修めるとともに、田尻稲次郎と出会う。内務省からアメリカの商業事情調査に派遣されていた神鞭知常や、ラトガース大学で経済学を学んでいた駒井重格とも出会う。

再渡米中の間には法学徒のクラブ「日本法律会社」(専修学校の土台ともいわれる)や、さまざまな学問分野の留学生による学術クラブ「興学社」の結成に関わるなど、社交的な人物であった。

1879年に帰国後は、福澤諭吉や目賀田と親しくし、慶應義塾夜間法律科の初代講師となった。その後、1880年6月に司法省附属代言人(弁護士)への就任を経て、同年9月に田尻・目賀田・駒井と共に、専修学校(後の専修大学)を創立。初代校長ならびに初代学長を勤めた。

なお、司法省附属代言人(弁護士)は、最初の三人のうちの一人であった。

また、横浜正金銀行(後の三菱東京UFJ銀行)の取締役(1882年1888年1890年1924年)、同銀行内外法律顧問(1888年)、頭取1897年1906年)を歴任した。

略歴[編集]

  • 1850年 生まれる
  • 1870年 彦根藩費留学生(欧米視察員)として渡米
  • 1873年 文部省からの帰国命令により一時帰国
  • 1875年 コロンビア法律学校入学。卒業後はイェール大学の大学院へ進学
  • 1879年 帰国。慶應義塾夜間法律科の講師となる
  • 1880年
    • 6月 司法所附属代言人に就任
    • 9月 専修学校創立。初代校長に就任
  • 1881年 横浜始審裁判所判事に就任
  • 1882年 横浜正金銀行の官選取締役に就任(~1888年)
    • この間に、外国公債の募集や同銀行のロンドン支店開設などに尽力
  • 1888年 同銀行の内外法律顧問に就任
  • 1890年
    • 横浜正金銀行の取締役に再就任(~1924年)
    • 第1回衆議院議員選挙に郷里の滋賀県から出馬し、当選
    • 専修学校のほか、高等商業学校(現・一橋大学)などで法律を講じる
  • 1897年 横浜正金銀行の頭取に就任(~1906年)
  • 1913年 専修学校を私立専修大学と改めるにあたり、初代学長に就任
  • 1922年 文部省の学制頒布50年記念祝典にて、専修学校を創立した田尻とともに「教育功労者」として表彰される
  • 1924年 尿毒症のため歿する[1]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『英米売買法』
  • 『米国訴訟法』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)16頁
  2. ^ 『官報』第5077号「叙任及辞令」1900年6月7日。