田尻稲次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田尻稲次郎
Tajiri Inajiro.jpg
生年月日 (1850-08-06) 1850年8月6日
出生地 山城国京都
没年月日 (1923-08-15) 1923年8月15日(73歳没)
死没地 大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
出身校 イェール大学

貴族院議員
在任期間 1891年12月22日 - 1901年6月5日
在任期間 1918年2月27日 - 1923年8月15日

在任期間 1901年6月5日 - 1918年2月25日
元首 明治天皇
テンプレートを表示
田尻稲次郎

田尻 稲次郎(たじり いなじろう、嘉永3年6月29日1850年8月6日) - 大正12年(1923年8月15日)は、日本の経済学者・政治家・官僚。元東京市長。専修学校専修大学の前身)の創始者の一人である。子爵。

生涯[編集]

薩摩藩士の三男として薩摩藩京都上屋敷で生まれた。薩摩藩の開成所にて洋学を学び、長崎に遊学した後、上京。慶應義塾開成学校(大学南校、のちに南校)で英学を、海軍兵学寮で兵学を学んだ。刑部省から留学を命ぜられ、1871年から1879年まで足掛け9年間アメリカに留学した。イェール大学文科を経て、イェール大学大学院に進学、経済学、財政学を学び修了。帰国し東京大学講師に就任、のちに大蔵省で彼の部下となる阪谷芳郎添田寿一などを教え、日本初の法学博士の5人の1人となる。その後、大蔵省に入省し、大蔵省銀行局長、大蔵総務長官(大蔵次官)、会計検査院院長(1901-1918年)などの要職を歴任。大蔵省時代は、特に日露戦争時での戦費調達、債務処理に功績をあげた。

退官後、東京市長を務める等政治の分野でも活躍した。蓮沼門三によって修養団が結成されると、初代団長に推されて就任している。

人物、その他[編集]

同時代の冒険小説家・押川春浪が「硬骨学者」で「奇行に富んで居られる」と評したほど奇行で知られた人物であり、特に自動車嫌いは徹底していて、宮中に参内するとき以外は人力車さえ使わなかったという[1]。 質素を旨とし衣服にかまわぬ姿を、友人たちは「きたなり」(それにちなんで、田尻の号は北雷)と呼んだ逸話がある。 また、読んでいない本が積み上がっている状態を指す「積読(つんどく)」という言葉の考案者とされている[2]

東京市長時代に流行した「東京節」(パイノパイノパイ)の3番に「タジれた市長を仰ぐこと」「市長のいうことよくきいて豆粕食うこと痩せること」との一節があり、3番、4番のサビの部分が「シチョウサンタラケチンボデ パイノパイノパイ ヨウフク(洋服)モツメエリ(詰襟)デ フルイ(古い)フルイフルイ」となっている。「タジれた」は田尻と掛けられている。

栄典[編集]

主な著書[編集]

  • 財政と金融
  • 欧州戦局の将来
  • 財界時雨
  • 財界訓蒙
  • 経済学
  • 経済大意
  • 公債論
  • 経済学応用新論
  • 簡易生活
  • 銀行論
  • 経済史眼
  • 新国富論
  • 地下水利用論
  • 米穀経済
  • 日本財政経済論
  • 日本の現在及将来
  • 二十年来世界経済之景況

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横田順彌 1998, p. 266.
  2. ^ 米川明彦 1989, p. 133.
  3. ^ 官報 & 第301号1884年7月1日。
  4. ^ 官報 & 第2536号1891年12月11日。
  5. ^ 官報 & 第3152号1893年12月29日。
  6. ^ 官報 & 第3704号1895年11月1日。
  7. ^ 官報 & 第4302号1897年11月1日。
  8. ^ 官報 & 第7273号1907年9月25日。
  9. ^ 官報 & 第1310号1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 横田順彌 『明治おもしろ博覧会』 西日本新聞社、1998年3月ISBN 4816704604
  • 米川明彦 『新語と流行語』 南雲堂、1989年12月ISBN 4523261547
  • 「叙任及辞令」、『官報』第301号、1884年7月1日NDLJP:2943505
  • 「叙任及辞令」、『官報』第2536号、1891年12月11日NDLJP:2945799
  • 「叙任及辞令」、『官報』第3152号、1893年12月29日NDLJP:2946416
  • 「叙任及辞令」、『官報』第3704号、1895年11月1日NDLJP:2946979
  • 「叙任及辞令」、『官報』第4302号、1897年11月1日NDLJP:2947589
  • 「授爵・叙任及辞令」、『官報』第7273号、1907年9月25日NDLJP:2950619
  • 「付録:辞令」、『官報』第1310号、1916年12月13日NDLJP:2953423
公職
先代:
内海忠勝
日本の旗 会計検査院長
第6代:1901 - 1918
次代:
中隈敬蔵
先代:
奥田義人
東京都の旗 東京市長
第6代:1918 - 1920
次代:
後藤新平
先代:
修養団団長
初代:1917年 - 1923年
次代:
平沼騏一郎