大野龍太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大野 龍太(おおの りゅうた、1892年11月15日 - 1957年2月6日)は、日本大蔵官僚大蔵次官

来歴・人物[編集]

神戸一中第一高等学校、1917年7月東京帝国大学法科大学政治学科卒業。同年、大蔵省入省。

1927年2月に大蔵省特別銀行課長兼蔵相秘書官に。のち蔵相秘書官首相秘書官を挟んで、特銀課長在任中の事柄を問われ訴追された(帝人事件)。そのため1934年5月から1937年12月まで休職。

帝人事件が検察側の控訴断念により終息したことで、1938年6月に理財局長に。翌年1939年1月から1940年7月まで次官を勤めた。1942年4月から戦時金融公庫副総裁、1944年3月から1945年10月まで同・総裁に。

戦後の1946年から1951年8月まで公職追放

長男の大野公男化学者北海道大学名誉教授。次男の大野正男弁護士最高裁判所判事。孫の大野英男は物理学者、東北大学学長。

参考文献[編集]

  • 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』(戦前期官僚制研究会編、東京大学出版会、1981年)
公職
先代:
石渡荘太郎
日本の旗 大蔵次官
1939 - 1940年
次代:
広瀬豊作