肥塚龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の政治家
肥塚 龍
こいづか りゅう
Koizuka Ryū.jpg
肥塚龍(1898年)
生年月日 嘉永元年1月10日
1848年2月14日
出生地 播磨国揖西郡御津村中島
没年月日 大正9年(1920年12月3日
出身校 工部省電信修技教場
前職 新聞記者
所属政党 立憲改進党(1890-1896)
進歩党(1896-1898)
憲政本党(1898-1910)
立憲国民党(1910-)
立憲同志会(1915-)

日本の旗 衆議院議員
選挙区 兵庫県第8区
当選回数 3回
在任期間 1894年 - 1902年
選挙区 兵庫県郡部区
当選回数 5回
在任期間 1902年 - 1917年1月25日

日本の旗 衆議院副議長
在任期間 1908年12月23日 - 1912年5月14日

日本の旗 第16代 東京府知事
当選回数 官選
在任期間 1898年7月16日 - 1898年11月12日
テンプレートを表示

肥塚 龍(こいづか りゅう、嘉永元年1月10日1848年2月14日) - 大正9年(1920年12月3日)は、東京府知事新聞記者の民権活動家。

自由民権運動に関し、大胆で新しい言論活動で注目を集めていた。

略歴[編集]

栄典[編集]

著書等[編集]

  • 肥塚竜訳アレクシス・ド・トクヴィル『自由言論』1881-82年[2]
  • 肥塚竜選『国会設立方法論 前編』松尾一衛、1880年3月
  • 肥塚竜編『横浜開港五十年史 上・下巻』横浜商業会議所、1909年

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。
  2. ^ 国会図書館デジタルコレクション”. 2014年12月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 東京都公文書館編『東京都職制沿革』東京都情報連絡室情報公開部都民情報課、1986年


公職
先代:
岡部長職
Shadow picture of Tokyo prefecture.png 東京府知事 東京都の旗
官選第16代:1898
次代:
千家尊福