大隈信常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大隈 信常
おおくま のぶつね
Okuma Nobutsune.jpg
生年月日 1871年9月30日
(旧暦明治4年8月16日
出生地 日本の旗 平戸県平戸
没年月日 (1947-01-11) 1947年1月11日(75歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学卒業
前職 内閣総理大臣秘書官
現職 大日本東京野球倶楽部会長
所属政党大隈伯後援会→)
無所属団→)
公友倶楽部→)
(無所属→)
火曜会
称号 侯爵
法学士(東京帝国大学・1899年
親族 松浦詮(父)
大隈重信(養父)
松浦厚(兄)
佐竹義準(兄)
井上勝純(弟)
大隈信幸(長男)

選挙区 侯爵議員
在任期間 1922年1月30日 - 1947年1月11日

選挙区 群馬県前橋市区
在任期間 1915年3月26日 - 1917年1月25日
テンプレートを表示

大隈 信常(おおくま のぶつね、1871年9月30日明治4年8月16日) - 1947年昭和22年)1月11日)は、明治から昭和(戦後初期)にかけての日本の教育者、政治家、実業家、華族侯爵)である。衆議院議員貴族院議員、大日本東京野球倶楽部代表取締役会長(初代)、日本職業野球連盟総裁(初代)などを歴任した。また、早稲田大学名誉総長などの名誉職も務めた。大隈重信の養嗣子である。

経歴[編集]

平戸県平戸(現:長崎県平戸市)の出身。実父は旧平戸藩松浦詮[1]、旧名は松浦常(まもる)である[2]

1899年明治32年)東京帝国大学法科大学を卒業後、三井物産に入社する。1902年(明治35年)に大隈重信の養子となる。

早稲田大学教授・早稲田中学校長を歴任する。就任時に生徒であった権田保之助はのちに、紳士然とした前校長と正反対で、信常は学校に軽装の着物で現れ、酒の臭いのすることもあり、絶望したと書いている[3]

第2次大隈内閣成立後首相秘書官となり、1915年大正4年)の第12回衆議院議員総選挙大隈伯後援会の一員として群馬県第1区(前橋市区)から立候補し、立憲政友会の前職竹越與三郎を破って当選した。

1922年(大正11年)、重信の死に伴い爵位を継承して貴族院議員となる。翌年、早稲田大学名誉総長に就任した。また、重信が設立した日印協会の第4代会長を務めている。

1934年昭和9年)、創立したばかりのプロ野球球団・大日本東京野球倶楽部(会社としては後のよみうり。球団としては現在の読売ジャイアンツ)の代表取締役会長に就任する。1936年(昭和11年)には日本職業野球連盟の発足に伴い、初代総裁に就任した。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

家族・親族[編集]

松浦家[編集]

大隈家[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 信常は廃藩置県が行われた直後に生まれている。
  2. ^ 大隈邸の結婚披露、明治33年10月11日『新聞集成明治編年史』第11巻(林泉社、1940年)
  3. ^ 『地上之理想国瑞西』昭和22
  4. ^ 『官報』第8398号「叙任及辞令」1911年6月21日。
  5. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  6. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  7. ^ 『官報』第996号「叙任及辞令」1915年11月26日。

関連項目[編集]

爵位
先代:
大隈重信
侯爵
大隈家第2代
1922年 - 1947年
次代:
大隈信幸