橋本圭三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本圭三郎

橋本 圭三郎(はしもと けいざぶろう、慶応元年9月23日1865年11月11日) - 昭和34年(1959年2月14日)は、日本の官僚実業家貴族院議員。新潟県長岡市千手町出身。

人物[編集]

長岡藩士橋本弥十郎の長男として生まれる。1884年長岡学校を卒業、育英団体である長岡社の支援を受けて上京、大学予備門へ進学。1890年東京帝国大学を卒業して法制局に入り、1893年枢密院書記官となる。

その後、大蔵省へ移り、欧米出張を経て1905年横浜税関長、1907年主計局長、1911年には大蔵次官となる。さらに、1912年12月5日に貴族院議員に勅選され[1]1913年には農商務次官に就任した。

1916年山田又七に代わって宝田石油の社長に就任すると、日本の石油業界の国際競争力を高めるため、ライバルであった日本石油との合併を画策する。1921年、日石の内藤久寛を社長に据え、宝田の橋本が副社長となることで、この大合併は成就した。

1926年、内藤の引退に伴い、日本石油の第二代社長に就任(1944年まで在任)。以後、様々な石油関連企業の取締役等を歴任し、1941年には帝国石油株式会社総裁となった。また、1945年から1948年まで、社団法人燃料協会の会長を務めた。

1946年5月28日、貴族院議員を辞職[2]公職追放となる(1951年解除)。

1959年の死後、勲一等瑞宝章を受章した。

なお、四女の梅子は樺山丑二モルガン銀行顧問白洲正子の兄)に嫁いでいる。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第106号、大正元年12月6日。
  2. ^ 『官報』第5811号、昭和21年5月31日。
  3. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  4. ^ 『官報』第150号「叙任及辞令」1913年1月31日。
  5. ^ 『官報』第506号「叙任及辞令」1914年4月9日。

参考文献[編集]

  • 橋本圭三郎口述(長誠次編)『わが回顧録』(石油文化社、1958年)
  • 『ふるさと長岡の人びと』(長岡市、1998年)

外部リンク[編集]