内藤久寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内藤 久寛(ないとう ひさひろ、1859年8月20日(安政6年7月22日[1])- 1945年昭和20年)1月29日[1])は、日本の実業家政治家衆議院議員貴族院勅選議員。幼名・駒二郎、旧名・道二郎[2]日本石油を設立し「日本の石油王」と呼ばれた[1]

経歴[編集]

越後国刈羽郡石地村(現新潟県柏崎市西山町石地)で、代々里正を務めた名家の内藤久之、貞子夫妻の二男として生まれる[3][4]。兄と姉が幼くして死去したため一人息子のように育った[3][4]。柏崎県黌、横浜の高島学校、新潟英語学校で学んだが、退学して衰退した実家の再建のため懸命に働いた[3][5]

1879年4月、戸長に就任[6]1885年、新潟県会議員に当選した[1]1894年3月、第3回衆議院議員総選挙に新潟県第六区から出馬して当選[7]第4回総選挙でも当選し、進歩党に所属して衆議院議員を二期務めた[7]

1886年、我が国初の農商務省認可水産組合、豊野浜水産組合が設立され、初代組合長に就任した[3]尼瀬海岸での石油産出に注目し、1888年5月、山口権三郎、牧口荘三郎、本間新作岸宇吉らと有限責任日本石油会社を設立して常務理事(社長)に就任[3][5][8]海底油田尼瀬油田)の開発、掘削機械の導入、業界二位の宝田石油との合併などを進め、1926年まで社長を務めた[3][5]。また、石油輸送の円滑化のため鉄道建設に取組み、北越鉄道越後鉄道の建設と経営に尽力した[5]

その他、新潟県水産組合連合会会頭、内閣経済調査会委員、内務省社会局参与、帝都復興院評議員、新潟鐵工所社長、日本工業倶楽部理事、日華学会理事などを務めた[7][9]

1925年12月1日、貴族院勅選議員に任じられ[10]研究会に属して活動し死去するまで在任した[9]

著作[編集]

  • 『訪鄰紀程』内藤久寛、1918年。
  • 『春風秋雨録』民友社、1919年。
  • 『其の面影』内藤久寛、1924年。
  • 『日本帝国の石油事業 : 附・石油坑道掘に関する所感』内藤久寛、1925年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『現代日本朝日人物事典』1126頁。
  2. ^ 『奮闘活歴血涙のあと』66頁。
  3. ^ a b c d e f 『日本の創業者』183頁。
  4. ^ a b 『奮闘活歴血涙のあと』67-68頁。
  5. ^ a b c d 『鉄道史人物事典』301頁。
  6. ^ 『奮闘活歴血涙のあと』89頁。
  7. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』436頁。
  8. ^ 『新潟県県民百科事典』700頁。
  9. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』145頁。
  10. ^ 『官報』第3982号、大正14年12月2日。

参考文献[編集]

  • 鉄道史学会編『鉄道史人物事典』日本経済評論社、2013年。
  • 『日本の創業者:近現代起業家人名事典』日外アソシエーツ、2010年。
  • 朝日新聞社編『現代日本朝日人物事典』朝日新聞社、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 新潟日報事業社出版部編『新潟県大百科事典』復刻デスク版、新潟日報事業社出版部、1984年。
  • 野島出版編集部編『新潟県県民百科事典』野島出版、1977年。
  • 実業之日本社編『奮闘活歴血涙のあと』実業之日本社、1925年。