水町袈裟六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水町袈裟六
Kesaroku Mizumachi.jpg
生年月日 (1864-04-16) 1864年4月16日
出生地 肥前国佐賀郡
没年月日 (1934-07-10) 1934年7月10日(70歳没)
出身校 帝国大学法科大学
称号 勲一等法学博士

在任期間 1924年3月27日 - 1929年11月22日
元首 大正天皇

大日本帝国の旗 枢密顧問官
在任期間 1929年11月22日 - 1934年7月10日

在任期間 1907年4月13日 - 1908年6月3日

在任期間 1934年5月 - 7月10日
テンプレートを表示

水町 袈裟六(みずまち けさろく、元治元年3月11日1864年4月16日) - 1934年昭和9年)7月10日)は、日本の官僚大蔵次官、英仏駐在財務官日本銀行副総裁、会計検査院長、枢密顧問官を歴任。横浜正金銀行頭取。法政大学総長。

生涯[編集]

佐賀藩士水町邦実の次男として生まれる。水町家は佐賀藩の重臣の家系。佐賀変則中学校大学予備門を経て、帝国大学法科大学(現東京大学法学部)を卒業後、1891年大蔵省(現在の財務省)に入省。

理財局長大蔵次官、英仏駐在財務官を歴任し、1911年に大蔵省を退官して日本銀行副総裁に就任した(1919年まで)。1913年には横浜正金銀行(現三菱UFJ銀行)の頭取も兼任している。日銀副総裁を退任した後は、会計検査院長(1924年 - 1929年)も務め、明治大正期の金融財政のプロフェッショナル、国家財政の重鎮として活躍した。

その功績が認められて、1929年には枢密顧問官に抜擢され、晩年は法政大学の総長として逝去するまで務めた。なお、母校の東京帝国大学から法学博士の学位を受けている。

娘の稜は濱口巌根の妻。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 水町袈裟六』 アジア歴史資料センター Ref.A06051178700 
  2. ^ 『官報』第3725号「叙任及辞令」1895年11月27日。
  3. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  4. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  5. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。

外部リンク[編集]


公職
先代:
中隈敬蔵
大日本帝国の旗 会計検査院
第8代:1924年 - 1929年
次代:
湯浅倉平
先代:
若槻禮次郎
大日本帝国の旗 大蔵次官
1907年 - 1908年
次代:
桜井鉄太郎
ビジネス
先代:
三島彌太郎
横浜正金銀行頭取
第9代:1913年
次代:
井上準之助
学職
先代:
秋山雅之介
HoseiUniv kisho.jpg 法政大学総長
1934年
次代:
小山松吉