石田正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 正(いしだ ただし、生年不詳 - 1979年3月4日[1])は、日本大蔵官僚大蔵事務次官日本輸出入銀行総裁。

来歴・人物[編集]

旧制開成中学旧制第一高等学校を経て、1933年(昭和8年)東京帝国大学法学部卒業。同年に大蔵省入省後、主税局税関部長、理財局長、官房長、為替局長、銀行局長を経て1959年6月23日に大蔵事務次官に就任。1961年5月30日まで務めた、その後、国民公庫総裁、日本輸出入銀行総裁、中国地方開発審議会委員[2]などの要職を歴任した。

出典[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1979年3月5日朝刊、23面の訃報より。
  2. ^ 中国地方開発推進計画