田中豊 (大蔵官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 豊 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タナカ ユタカ
ラテン文字 TANAKA Yutaka
基本情報
生年月日 1898年10月
大日本帝国の旗 大日本帝国愛媛県[1]
没年月日 (1969-02-05) 1969年2月5日(70歳没)
日本の旗 日本東京都港区[2]
ユース
チーム
-1923 東京帝国大学
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田中 豊(たなか ゆたか、1898年10月[3] - 1969年2月5日[2])は、愛媛県出身の大蔵官僚大蔵次官宝酒造社長、日本勧業銀行副総裁。

経歴[編集]

第七高等学校造士館を経て、東京帝国大学法学部に入学。東京帝大在学時はア式蹴球部に所属した[4]

1923年に大学を卒業して大蔵省に入省[1]。主税局国税課長[5]、理財局長を経て、太平洋戦争中の1944年に主税局長に就任[1]。1945年2月24日に大蔵次官に就任したが、津島壽一大蔵大臣辞任に伴って同年4月に退任した[6]。戦後の1945年9月より日本勧業銀行の副総裁を務めた[6]が、公職追放により副総裁を辞任し、弁護士を開業した。その後、宝酒造社長に就任した。

1969年2月5日東京都港区虎の門病院胆道癌により死去した[2]

娘は大倉真隆(元大蔵事務次官)と宮崎知雄(元大蔵省国際金融局長)に嫁いだ[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「大蔵次官更迭 田中豊氏昇格」 朝日新聞、1945年2月24日、2014年9月29日閲覧
  2. ^ a b c 「田中豊氏 訃報」 朝日新聞東京本社夕刊、9面、1969年2月5日、2014年9月29日閲覧
  3. ^ 三鬼陽之助『激動期の経営者』(雪華社、1965年)
  4. ^ 東大サッカー部誌創刊号 (PDF) 」p.18、p59、1963年、2014年9月28日閲覧
  5. ^ 所得税と戦時税制
  6. ^ a b 「勧銀副総裁に田中氏」 朝日新聞、1945年9月16日、2014年9月29日閲覧
  7. ^ 官僚機構-大蔵官僚とは何か
公職
先代:
松隈秀雄
日本の旗 大蔵次官
1945年
次代:
山際正道