郷純造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郷 純造
生年月日 文政8年4月26日1825年6月12日
出生地 日本の旗 日本美濃国黒野
没年月日 明治43年(1910年12月2日
親族 次男:郷誠之助

日本の旗 貴族院議員
在任期間 1891年4月15日 - 1910年12月2日
テンプレートを表示

郷 純造(ごう じゅんぞう、文政8年4月26日1825年6月12日)- 明治43年(1910年12月2日)は、日本武士幕臣大蔵官僚政治家である。男爵

人物[編集]

美濃国黒野(現在の岐阜市黒野)の豪農の三男として生まれる。弘化元年(1845年江戸に出て大垣藩用人に武家奉公した後に旗本など奉公先を転々とするが、長崎奉行牧義制の納戸役として嘉永5年(1853年)のオランダ使節来訪問題に対応し、続いて箱館奉行堀利煕の用人としてその樺太蝦夷地巡回に随行するなど対外問題に遭遇、更にその経験を大阪町奉行鳥居忠善に買われて貿易問題を担当して同家の家老として抜擢された。鳥羽・伏見の戦い直前に撒兵隊に属する御家人の株を買って幕臣となり、程なく差図役(士官)に登用され、最終的には撒兵隊差図役頭取、旗本となる。江戸開城前後、同隊の新政府に対する徹底抗戦路線には従わずに江戸開城後は新政府軍に従った。明治維新後は新政府に入り大蔵官僚として活躍する。特に渋沢栄一前島密杉浦愛蔵ら旧幕臣の登用を大隈重信伊藤博文らに薦めた功績は特筆すべきである。だが、それが原因で幕臣嫌いの大久保利通から憎まれていた(明治3年10月25日の大久保から岩倉具視あての書簡には郷を「断然免職か転勤ニならす」と名指しで明記されているほどである)。そのため、大久保が大蔵卿に就任して政権の中枢を担った時代には重要ポストから外されて干されることになった。大久保の没後、大隈や伊藤が政権の中枢に立つようになると漸く再評価されて大蔵大輔(後に初代大蔵次官と改称)を務めたが、実務官僚の地位に留まった背景には大久保政権下の不遇時代が尾を引いたからと言われている。退官後は貴族院議員となった。

略歴[編集]

栄典[編集]

家族・親族[編集]

実業家郷誠之助は次男。四男・昌作は数え2歳で三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の養子となると同時に岩崎 豊弥(いわさき とよや)と改名、実兄の誠之助同様実業界で活動した。昭和天皇侍従長を務めた入江相政は岩崎豊弥の娘婿(すなわち郷純造及び岩崎弥太郎の義理の孫)であり、実業家の岩崎勝太郎は豊弥の長男(従って純造及び弥太郎の孫)である。娘の幸子は東京川崎財閥の2代目当主・2代目川崎八右衛門(東京川崎財閥創業者・初代川崎八右衛門の三男)に嫁いでおり、東京川崎財閥の3代目当主・川崎守之助(2代目八右衛門の長男)は純造の孫にあたる。また茶道宗徧流四方庵8代家元の石原恵香も純造の孫にあたる。甥(妹の子)に十勝経済界の重鎮となった中島武市シンガーソングライター中島みゆきの祖父)がいる。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中川雅治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
原文兵衛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美穂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村敬貴
 
 
光子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村末吉
 
 
町村敬志
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志津
 
 
 
 
 
 
 
 
町村謙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寿美子
 
 
町村均
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村誠
 
遠山景敏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村織之丞
 
町村金弥
 
 
町村実
 
 
富士江
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋山進
 
 
てる子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村敬三
 
 
 
 
 
 
 
 
小早川光郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひろ子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村金五
 
 
山本悟
 
 
まり子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二葉
 
 
君代
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
亀山孝夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三土知芳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有紀子
 
 
町村忠良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑田熊蔵
 
 
 
 
 
 
 
町村信孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
増島三樹男
 
 
河合良一
 
河合良秋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渡辺佳英
 
渡辺壮嘉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
花子
 
 
河合二良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千枝子
 
 
則子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河合三良
 
 
道子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河合良成
 
 
河合良之
 
 
今井善衛
 
今井善一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河合藤吉
 
 
 
 
 
 
 
河合良吾
 
 
小坂俊雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代川崎八右衛門
 
 
 
 
 
 
河合鉄二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代目川崎八右衛門
 
 
 
 
 
 
茂子
 
 
節子
 
河本三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
香蘭
 
 
 
 
 
 
千代子
 
 
 
 
 
 
 
黒崎素行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸子
 
山下亀三郎
 
山下太郎
 
 
 
 
 
 
 
愉倫子
 
 
山下裕太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恒子
 
 
山下隆一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北村七郎
 
 
 
山下眞一郎
 
 
 
 
 
 
 
山下大二郎
 
 
 
 
 
郷純造
 
 
 
 
 
 
郷朔雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山下淳二郎
 
山下翔太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷誠之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山下洋二郎
 
山下悟郎
 
 
松方錬太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎豊弥
 
岩崎勝太郎
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
松方岳史
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松方岩雄
 
 
理紗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎久弥
 
岩崎彦弥太
 
 
松方三郎
 
松方峰雄
 
 
松方雪雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜勢
 
 
 
 
 
松方正義
 
 
 
 
 
 
野村駿吉
 
 
野村正吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松方正作
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
増子
 
 
松方亮三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2335号、1891年4月16日。
  2. ^ 『官報』第4837号、明治32年8月15日。
  3. ^ a b 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  4. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  5. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  6. ^ 『官報』第1629号、1888年12月3日。
  7. ^ 『官報』第5053号・号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  8. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。
  9. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  10. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  11. ^ 『官報』第8236号、1910年12月3日。
  12. ^ 『官報』第8237号、1910年12月5日。
  13. ^ 明治の華族の呈譜

参考文献[編集]

  • 郷男爵記念会編『男爵 郷誠之助君伝』1943年発行、1988年復刻・大空社。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』2001年、406-407頁。

関連項目[編集]

  • 岩崎家 - 三菱の創業者一族。純造の四男・昌作(岩崎豊弥)の養父の一族でもある。
  • 東京川崎財閥 - 純造の娘・幸子の嫁ぎ先がオーナーの金融財閥。

外部リンク[編集]