岡本薫明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本薫明
第15代 財務事務次官
任期
2018年7月27日 – 2020年7月20日
首相安倍晋三
前任者矢野康治
(事務代理)
後任者太田充
財務省主計局長
任期
2017年7月5日 – 2018年7月27日
首相安倍晋三
前任者福田淳一
後任者太田充
財務省大臣官房長
任期
2015年7月7日 – 2017年7月5日
首相安倍晋三
前任者福田淳一
後任者矢野康治

岡本 薫明(おかもと しげあき、1961年2月20日[1] - )は、日本の元財務官僚。第15代財務事務次官

人物・経歴[編集]

愛媛県新居浜市出身[2]。1979年 愛光高等学校卒業。同級生に谷脇康彦総務審議官安永竜夫三井物産社長がいる[3]。1983年 東京大学法学部第2類(公法コース)卒業[4]、旧大蔵省(現財務省)入省。1991年 近藤内閣官房副長官秘書官。1993年、内閣不信任決議に伴う衆議院解散後、大蔵省に復帰し主計局農林水産係主査に就任。政策を担当し、食糧管理法廃止や伴う主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律制定について、農林水産省大村秀章らと検討を進めた。1995年には阪神・淡路大震災に対応。その後、文部係、公共事業係の主査を務めた[5]

イギリス王立国際問題研究所研究員等を歴任。2004年 財務省主計局調査課長。2006年 財務省主計局主計官。2009年から財務省大臣官房秘書課長となり、2012年8月に財務省主計局次長、2015年 財務省大臣官房長。この間、中央大学大学院法務研究科客員教授を兼務[5][6][7]。2017年 財務省主計局長[8]。2018年 森友学園問題に絡み文書厳重注意処分[9]。同年 財務事務次官就任。通常、財務次官ポストは1年で交代するが、2019年7月から異例の2年目に突入[10]。この間、相次ぐ不祥事を受けて設置された「財務省再生プロジェクト」の本部長などを務めた[11]。2020年7月20日 退任[12]。2020年11月1日ドリームインキュベータ顧問[13]

略歴[編集]

  • 国家公務員上級甲種(法律)試験合格
  • 1983年4月:大蔵省入省(理財局国有財産総括課)[14]
  • 1986年:主計局総務課
  • 1988年7月:相馬税務署長
  • 1989年7月:国税庁長官官房人事課課長補佐(服務、給与一、二)[15]
  • 1991年6月:大臣官房付兼内閣官房内閣内政審議室
  • 1993年7月:主計局主計官補佐(農林水産第三係主査)
  • 1995年6月:主計局主計官補佐(農林水産第四係主査)
  • 1996年7月:主計局主計官補佐(文部第一、二係主査)
  • 1997年7月:主計局主計官補佐(公共事業総括、第一、二係主査)
  • 1998年6月:大臣官房調査企画課課長補佐
  • 1999年7月:イギリス王立国際問題研究所客員研究員
  • 2001年7月:金融庁総務企画局総務課管理室長
  • 2002年7月:金融庁監督局総務課金融危機対応室長
  • 2004年7月:主計局調査課長
  • 2006年7月:主計局主計官兼主計局総務課
  • 2009年7月:大臣官房秘書課長
  • 2012年8月:主計局次長(末席)
  • 2013年7月:主計局次長(次席)
  • 2014年7月:主計局次長(筆頭)
  • 2015年7月:大臣官房長
  • 2017年7月:主計局長
  • 2018年7月:財務事務次官
  • 2020年7月:退官[12]
  • 2020年10月1日:富士通フューチャースタディーズ・センター顧問[16]
  • 2020年11月1日:ドリームインキュベータ特別顧問[16][17]
  • 2020年12月1日:アクセンチュア顧問[16]フューチャー顧問[18][16]日本生命保険特別顧問[16]

同期[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.220
  2. ^ 「(3)財務省主計局長 岡本薫明氏(新居浜出身) 社会保障の見直し必要」2017年9月12日(火)(愛媛新聞)
  3. ^ 毎日フォーラム・霞が関人物録愛媛県・上毎日新聞会員限定有料記事 2019年12月10日 09時48分
  4. ^ 『東大人名録,第1部』1986年発行、52ページ
  5. ^ a b 「毎日フォーラム・課長補佐時財務省官房長・岡本薫明(56)」毎日新聞2017年7月10日
  6. ^ 「岡本 薫明」中央大学
  7. ^ 「官僚たちの夏、次官・局長級人事まるっと早わかり」日刊工業新聞2017年07月08日
  8. ^ 「財務次官に福田氏 」日本経済新聞2017/7/4
  9. ^ 「財務省が処分する20人」日本経済新聞2018年6月4日
  10. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年6月16日). “岡本財務次官留任へ 異例の2年目” (日本語). 産経ニュース. 2020年7月23日閲覧。
  11. ^ 財務省、不祥事再発防止へ 有識者会議設置” (日本語). 日本経済新聞 (2019年6月21日). 2020年7月23日閲覧。
  12. ^ a b 令和2年7月20日発令 (PDF)”. 財務省 (2020年7月20日). 2020年7月26日閲覧。
  13. ^ 【ドリームインキュベータ】前財務事務次官・岡本 薫明氏を特別顧問に招聘 PR TIMES 2020年10月29日
  14. ^ 『[インサイド財務省]人材(3)志ある若者来たれ(連載)』読売新聞 東京朝刊 A経
  15. ^ 『財務省名鑑 2019年版』時評社、2019年1月9日発行、3頁
  16. ^ a b c d e 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(令和2年10月1日~同年12月31日分)令和3年3月 2 6 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局
  17. ^ 【ドリームインキュベータ】前財務事務次官・岡本 薫明氏を特別顧問に招聘
  18. ^ 顧問の招聘に関するお知らせ
官職
先代:
福田淳一
財務事務次官
2018年 - 2020年
次代:
太田充
先代:
福田淳一
財務省主計局
2017年 - 2018年
次代:
太田充
先代:
福田淳一
財務省大臣官房
2015年 - 2017年
次代:
矢野康治