丹呉泰健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丹呉 泰健(たんご やすたけ、1951年〈昭和26年〉3月21日 - )は、日本大蔵官僚。元財務事務次官日本たばこ産業会長。東京都目黒区東が丘2丁目在住[注 1]血液型はA型[2]

略歴[編集]

同期入省者[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1987年10月時点[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 『大蔵省職員録 昭和63年版』大蔵財務協会、1987年10月発行
  2. ^ 『日本の官庁,その人と組織:大藏省』政策時報社、1993年発行、42頁
  3. ^ 日外アソシエーツ「日外アソシエーツ現代人物情報」によれば、新潟県出身。
  4. ^ 「開成会 会合さまざま」
  5. ^ 『東大人名録,第1部』1992年発行、47ページ
  6. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1978年発行、480頁
  7. ^ 官報 第15744号』1979年7月12日発行
  8. ^ 『大蔵要覧 昭和58年度版』1982年12月発行、58頁
  9. ^ 第53話 タンゴさんが介護保険を支持した10の理由、そして2人の女性 ゆき.えにしネット(大熊由紀子)2008年10月
  10. ^ 主計局人事異動紹介”. 財務省. 主計局人事異動紹介. 財務省. 2011年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年12月閲覧。
  11. ^ 接待汚職事件から権力奪還にひた走った「沈黙の軍隊」財務省 DIAMOND online 2018年4月11日 横田由美子
  12. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告 (PDF)”. 総務省人事・恩給局公務員高齢対策課 (2011年12月22日). 2015年1月30日閲覧。
  13. ^ 時事用語事典 内閣官房参与 imidas
  14. ^ [1]
  15. ^ a b 有価証券報告書等 第35期(2019年1月1日 ~ 2019年12月31日)日本たばこ産業
  16. ^ 学園長・学校長挨拶 開成学園公式サイト
  17. ^ これも天下り?「開成」理事長に2代続けて財務次官が就任週刊現代2015/05/11
  18. ^ “横審新委員にJT会長で元官僚丹呉氏、総数変わらず”. 日刊スポーツ. (2019年2月8日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201902080000580.html 2019年2月8日閲覧。 
  19. ^ 人事、文部科学省日本経済新聞(2020/8/28 20:49)
  20. ^ 第20期文化審議会委員文化庁

参考文献[編集]

  • 読売新聞社「読売人物データベース」
  • 朝日新聞社「朝日新聞人物データベース」
  • 日外アソシエーツ「日外アソシエーツ現代人物情報」
ビジネス
先代:
木村宏
日本たばこ産業会長
2014年 - 現職
次代:
官職
先代:
杉本和行
日本の旗 財務事務次官
2009年 - 2010年
次代:
勝栄二郎
先代:
杉本和行
日本の旗 財務省主計局長
2008年 - 2009年
次代:
勝栄二郎
先代:
杉本和行
日本の旗 財務省大臣官房長
2007年 - 2008年
次代:
勝栄二郎
先代:
牧野治郎
日本の旗 財務省理財局長
2006年 - 2007年
次代:
勝栄二郎
先代:
小手川大助
日本の旗 財務省理財局次長
(理財担当)

事務取扱
2007年
次代:
中村明雄
先代:
杉本和行
日本の旗 内閣総理大臣秘書官
小泉純一郎首相)

2001年 - 2006年
次代:
田中一穂
先代:
大蔵省
日本の旗 財務省主計局次長(末席)
2001年
次代:
杉本和行
先代:
津田広喜
日本の旗 大蔵省主計局次長(末席)
2000年 - 2001年
次代:
財務省
先代:
高木祥吉
日本の旗 大蔵省大臣官房文書課長
1998年 - 2000年
次代:
勝栄二郎
先代:
杉本和行
日本の旗 大蔵省主計局主計官
(総務課(企画担当))

1997年 - 1998年
次代:
勝栄二郎