真木長義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真木長義

真木 長義(まき ながよし、1836年6月28日天保7年5月15日) - 1917年3月3日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将男爵。幼名、鉄太郎、安左衛門。

経歴[編集]

佐賀藩士・藩医200石、真木長澄の長男として生れる。長崎海軍伝習所で学び、「電流」艦長として戊辰戦争に従軍した。

1870年、「日進」艦長となり、翌年に海軍少佐任官。小艦隊指揮官、海軍省軍務局分課を経て、1872年、海軍少将に進級。提督府出勤、文書課長、海軍裁判所長、海軍少輔、兼総務局長などを歴任し、1885年6月、海軍中将となる。海軍機関学校長、将官会議幹事、呉鎮守府建築委員長を経て、1899年5月、後備役に編入。1905年10月19日に退役した[1]

1887年5月24日、男爵の爵位を授爵し華族となる[2]1906年6月、貴族院男爵議員に補欠選挙で当選し[3]1911年7月まで在任[4]。その他、宮中顧問官伏見宮別当を務めた。墓所は青山霊園。

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

  • 妻:竹子(副島十郎助二女)[17]
  • 長男:平一郎(男爵)[17]
  • 二男:茂(副島種藤養子)[17]
  • 二女:アイ(山内豊政夫人)[17]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6694号、明治38年10月20日。
  2. ^ 『官報』第1169号、明治20年5月25日。
  3. ^ 『官報』第6878号、明治39年6月5日。
  4. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』84頁。
  5. ^ 申3号大日記 式部寮達 赤松大丞外5名叙位の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09110142400 
  6. ^ 甲1番大日記 式部寮達 真木少将外3名叙位の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09111307100 
  7. ^ 『官報』第668号「賞勲」1885年9月19日。
  8. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  9. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」1896年6月22日。
  10. ^ 『官報』第7202号「叙任及辞令」1907年7月3日。
  11. ^ a b 『官報』第1376号「叙任及辞令」1917年3月6日。
  12. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  13. ^ 『官報』第3901号「叙任及辞令」1896年7月1日。
  14. ^ 『官報』第6466号「宮廷録事 - 恩賜」1905年1月21日。
  15. ^ 『官報』第813号「宮廷録事 - 恩賜並追賜」1915年4月21日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、546頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
真木(長義)家初代
1887年 - 1917年
次代:
真木平一郎