壬生基修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
壬生 基修
みぶ もとおさ
Mibu Motoosa.jpg
生年月日 天保6年3月7日1835年4月4日
出生地 日本の旗 日本
平安京(京都
没年月日 明治39年(1906年3月5日
死没地 日本の旗 日本 京都府
称号 従一位
勲一等瑞宝章
伯爵
配偶者 壬生重子
親族 壬生基泰(貴族院議員)

在任期間 1869年 - 水原県へ改称

在任期間 1869年 -

在任期間 1869年11月6日 - 1871年9月7日

在任期間 1875年7月2日 - 1877年1月15日

在任期間 1890年7月 - 1892年5月

その他の職歴
貴族院伯爵議員
1897年7月 - 1904年7月)
テンプレートを表示

壬生 基修(みぶ もとおさ[注釈 1]天保6年3月7日1835年4月4日) - 明治39年(1906年3月5日)は、幕末から明治にかけての公卿政治家庭田重基の三男で、壬生道吉の養子。室は重子(四辻公績の四女)。

略歴[編集]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 基修を「もとなが」と記すものもあるが、「もとおさ」が正しい。

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  2. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  3. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  4. ^ 『官報』第6802号「叙任及辞令」1906年3月6日。
  5. ^ 『官報』第6803号「叙任及辞令」1906年3月7日。

参考文献[編集]

  • 東京都公文書館編『東京都職制沿革』東京都情報連絡室情報公開部都民情報課、1986年

外部リンク[編集]


公職
先代:
大木喬任
Shadow picture of Tokyo prefecture.png 東京府知事 東京都の旗
第3代:1869年 - 1871年
次代:
由利公正
先代:
壬生基修
(越後府知事から継続)
水原県知事
初代:1869年
次代:
三条西公允
先代:
(創設)
越後府知事
初代:1869年
次代:
壬生基修
(水原県知事)
日本の爵位
先代:
陞爵
伯爵
壬生家初代
1891年 - 1906年
次代:
壬生基義
先代:
叙爵
子爵
壬生家初代
1884年 - 1891年
次代:
陞爵