小松輝久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
輝久王
小松輝久
小松侯爵(1910~1947)
Komatsu Teruhisa.jpg
身位 臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
His Imperial Highness
出生 1888年8月12日
日本の旗 日本東京府東京市
死去 1970年11月5日(満82歳没)
配偶者 島津薫子(島津忠済の娘)
子女 小松彰久
小松豊久
小松(木戸)舒子
父親 北白川宮能久親王
母親 申橋祥子
役職 海軍中将
テンプレートを表示

小松 輝久(こまつ てるひさ、1888年明治21年)8月12日 - 1970年昭和45年)11月5日)は、北白川宮家出身の華族日本海軍軍人。最終階級は海軍中将。皇族時代は(北白川宮)輝久王(てるひさおう)という。従二位勲一等侯爵。墓所は東京都文京区にある護国寺

経歴[編集]

北白川宮能久親王第4王子。長兄恒久王は特に竹田宮家を創設し、次兄延久王は夭折し、北白川宮家は三兄成久王が相続した。

皇族の子弟については、陸軍幼年学校陸軍士官学校海軍兵学校等への入学は無試験で天皇の許可のみで許されていた。海軍兵学校への入学を希望していた輝久については、能久親王妃富子の強い要請によって海軍の難色を押し切り、一般の者とともに試験を受けそれに合格して入学した。入学時の席次は180人中160番だった[1]

21歳で海軍少尉候補生の時に臣籍降下小松侯爵家を創設する。これによって1903年(明治36年)に小松宮彰仁親王が薨じて以来断絶していた小松宮家の祭祀を承継する。なお、諸王の臣籍降下に際して従来は伯爵を賜っていたが、侯爵を賜った初めての例である。

海軍兵学校の同期生(第37期)としては、井上成美大将や小沢治三郎中将がいる。皇族軍人の席次は首席であるのが通常であるが、入校時122番、卒業時は26番である、これは輝久王(当時)が、特別待遇を受けることを拒否したためであった[2](皇族関係者で唯一入学試験を受け自力で海軍兵学校に合格した)。卒業後は一貫して終戦間際まで帝国海軍の軍務に服する。海上勤務と共に、海軍大学校など教育畑の勤務も多かった。戦後は、旧皇族の中で唯一の戦犯として実刑判決を受けて服役。出所後は平安神宮宮司を務める。

年譜[編集]

  • 1908年(明治41年)8月:貴族院議員となる(皇族議員として1910年(明治43年)7月まで、侯爵議員として1913年(大正2年)8月ないし昭和21年4月6日[3]。)
  • 1909年(明治42年)11月19日:海軍兵学校を卒業(第37期)し、海軍少尉候補生に任じられ阿蘇」乗組を命ぜられる。
  • 1910年(明治43年)7月20日:臣籍降下し侯爵に叙せられる。「薩摩」乗組を命ぜられる。
    • 12月15日:海軍少尉に任じられる。
  • 1911年(明治44年)8月4日:砲術学校普通科学生となる。
  • 1912年(明治45年)4月24日:「河内」乗組
    • 12月1日:海軍中尉に任じられる。
  • 1913年(大正2年)
    • 8月11日:満25歳に達し貴族院侯爵議員に就任[4]
    • 9月20日:「宗谷」乗組
  • 1914年(大正3年)5月27日:「鞍馬」乗組
  • 1915年(大正4年)12月13日:海軍大尉に任じられ、海軍大学校乙種学生となる。
  • 1916年(大正5年)6月1日:砲術学校高等科学生
    • 12月1日:「金剛」分隊長となる。
  • 1917年(大正6年)9月11日:「夕暮」乗組
    • 12月1日:「浦風」乗組
  • 1918年(大正7年)6月19日:「山城」分隊長
    • 12月23日:横須賀鎮守府附
  • 1919年(大正8年)12月1日:海軍大学校甲種学生
  • 1921年(大正10年)12月1日:海軍少佐となる。
  • 1922年(大正11年)12月1日:第2水雷戦隊参謀
  • 1923年(大正12年)11月10日:軍令部参謀兼海軍大学校教官
  • 1924年(大正13年)12月16日:横須賀鎮守府附
  • 1925年(大正14年)1月12日:英国留学
    • 12月1日:海軍中佐となる。
  • 1927年(昭和2年)2月19日:帰朝する。
    • 4月1日:「帆風」駆逐艦長
    • 12月1日:軍令部参謀兼海軍大学校教官
  • 1928年(昭和3年)12月10日:「五十鈴」副長
  • 1929年(昭和4年)11月15日:「長門」副長
  • 1930年(昭和5年)12月1日:海軍大佐に任じられ、「厳島艦長となる。
  • 1931年(昭和6年)11月14日:「迅鯨」艦長
  • 1932年(昭和7年)12月1日:「木曾」艦長
  • 1933年(昭和8年)11月15日:軍令部出仕
  • 1934年(昭和9年)11月15日:「那智」艦長
  • 1935年(昭和10年)12月2日:海軍大学校教官
  • 1936年(昭和11年)12月1日:海軍少将に任じられ、第1潜水戦隊司令官となる。
  • 1937年(昭和12年)12月1日:潜水学校
  • 1938年(昭和13年)11月15日:海軍大学校教頭
  • 1940年(昭和15年)11月15日:海軍中将に任じられ旅順要港部司令官となる。
  • 1941年(昭和16年)7月5日:第1遣支艦隊長官となる。
  • 1942年(昭和17年)2月14日:軍令部出仕
  • 1943年(昭和18年)6月21日:佐世保鎮守府司令長官
  • 1944年(昭和19年)11月4日:海軍兵学校長
  • 1945年(昭和20年)1月15日:軍令部出仕
    • 5月15日:待命
    • 5月21日:予備役を仰せ付けられる。
  • 1948年(昭和23年):BC級戦犯として実刑判決を受け[注釈 1]、1955年(昭和30年)まで巣鴨拘置所に収監。
  • 1970年(昭和45年)11月5日:没

栄典[編集]

系図[編集]


出典[編集]

  1. ^ 「皇族と帝国陸海軍」
  2. ^ 『提督 草鹿任一』(光和堂)
  3. ^ 『官報』第5788号、昭和21年5月4日。
  4. ^ 『官報』第311号、大正2年8月12日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ 『官報』第2106号「叙任及辞令」1919年8月12日。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 容疑については伊号第八潜水艦#国際法違反事件を参照。