高倉永則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高倉永則
高倉永則

高倉 永則(たかくら ながつね、 1864年5月16日(元治元年4月11日[1])- 1947年昭和22年)7月18日[1][2])は、日本の陸軍軍人有職家[3]政治家。最終階級は陸軍歩兵大佐貴族院子爵議員

経歴[編集]

山城国京都侍従高倉永祜の長男として生まれる[1][4]慶応4年(1868年)父の死去に伴い家督を相続。1884年7月8日、子爵を叙爵した[5]

陸軍士官学校(旧10期)に入り[6]1888年7月28日、歩兵少尉に任官[7]。以後、歩兵第20連隊小隊長、同大隊副官、同中隊長、歩兵第39連隊大隊長、京都連隊区司令官などを歴任[2]1914年1月20日、歩兵大佐に昇進[7]1916年11月15日に待命となり[8]1917年4月1日、予備役に編入された[9]

1920年1月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[10]研究会に所属して活動し、1932年7月まで在任した[2]。その他、大礼使典儀官、大喪使祭官、大礼事務嘱託(衣文奉仕)などを歴任[2][3]。また、華族会館京都分館長、一徳会会長、小楠公会会長、大日本武徳会本部理事などを務めた[3][4]

栄典・授章・授賞[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『平成新修旧華族家系大成』下巻、10-11頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』46頁。
  3. ^ a b c 『神道人名辞典』183頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』第14版 下、タ103頁。
  5. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  6. ^ 『陸軍士官学校』230頁。
  7. ^ a b 『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 大正3年7月1日調』84頁。
  8. ^ 『官報』第1288号、大正5年11月16日。
  9. ^ 『官報』第1398号、大正6年4月2日。
  10. ^ 『官報』第2235号、大正9年1月19日。
  11. ^ 『官報』第3301号「叙任及辞令」1894年7月2日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 『神道人名辞典』神社新報社、1986年。
  • 山崎正男編『陸軍士官学校』秋元書房、1969年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。
  • 陸軍省編『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 大正3年7月1日調』陸軍省等、1914年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
高倉家初代
1884年 - 1946年
次代:
高倉永輝