高崎五六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高崎五六

高崎 五六(たかさき ごろく / いつむ、1836年4月4日天保7年2月19日) - 1896年(明治29年)5月6日)は、江戸時代末期の薩摩藩士明治時代の官僚錦鶏間祗候爵位男爵仮名を猪太郎または兵部と名乗り、のちを友愛。高崎正風は従兄弟にあたる。

来歴[編集]

1836年(天保7年)、薩摩藩士の高崎善兵衛友道の長男として薩摩国鹿児島郡鹿児島近在川上村(現在の鹿児島県鹿児島市川上町)に生まれる[1]安政末期、水戸藩有志とともに井伊直弼襲撃を策謀し、関鉄之助とともに入京。朝廷に奏聞しようとしたが失敗する。1862年(文久2年)、藩命により上京。藩士有馬新七らが島津久光の命に背いて伏見寺田屋に集会するのを察知し、久光に急告して騒擾を事前に食い止めた(寺田屋事件)。元治元年、長州征伐が起こり、西郷隆盛と協議のうえ朝稲兵助と変名して長州に入り、藩要人と議論を交わし、さらには長州藩謝罪恭順のために周旋した。

維新後、大久保利通に用いられて、元老院議官東京府知事等を任じられた。1887年(明治20年)5月24日、勲功により男爵位を授けられ[2]1890年(明治23年)10月20日、錦鶏間祗候となる[3]1896年(明治29年)、病没した。享年61。亡くなった日を5月7日とする文献もある。

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

子に、長男高崎安彦、三男弓彦がいる。安彦の跡は、弓彦、秀博と続く。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さつま人国誌「高崎正風と高崎五六」 - 南日本新聞 2013年4月18日閲覧。
  2. ^ 『官報』第1169号、明治20年5月25日。
  3. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  4. ^ 『官報』第483号「賞勲叙任」1885年2月13日。
  5. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
高崎(五六)家初代
1887年 - 1896年
次代:
高崎安彦