藤沼庄平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤沼庄平

藤沼 庄平(ふじぬま しょうへい、1883年(明治16年)2月17日 - 1962年(昭和37年)1月2日)は日本の官僚政治家

来歴・人物[編集]

栃木県佐野市生まれ、旧姓は若田部。1909年(明治42年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業、内務省に入省。奈良県鹿児島県京都府大阪府の警察部長を務め、1923年(大正12年)10月に茨城県知事に就任したが、虎ノ門事件により辞職。この後内務省警保局長新潟県知事東京府知事を歴任した。

1928年(昭和3年)の第16回衆議院議員総選挙で栃木2区から衆議院議員に当選、立憲政友会に所属した。1932年(昭和7年)警視総監に就任。翌1933年(昭和8年)には貴族院勅選議員に勅任された。1936年(昭和11年)に広田内閣内閣書記官長に就任。この頃大日本武徳会の理事長も務めた。

第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)に警視総監に再任され、東京都長官(現・知事)を兼任。枢密顧問官も務めたが、翌1947年(昭和22年)にGHQにより公職追放。1951年(昭和26年)の追放解除後はニッポン放送顧問を務めた。1962年(昭和37年)1月2日満78歳で死去。

参考文献[編集]

  • 『昭和戦前期立憲政友会の研究 党内派閥の分析を中心に』 奥健太郎/著 出版社名:慶應義塾大学出版会 発行年月:2004年7月 JANコード:9784766410921
第2部「政友会の中央地方関係」
  • 藤沼庄平『私の一生』1957年、非売品

外部リンク[編集]