岸本綾夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岸本 綾夫
生誕 1879年6月27日
日本の旗 日本 岡山県
死没 (1946-11-28) 1946年11月28日(67歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1879 - 1945
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

岸本 綾夫(きしもと あやお、1879年6月27日 - 1946年11月28日)は、日本陸軍軍人東京市長。軍人としての最終階級は陸軍大将

経歴[編集]

岡山藩士・小学校長、岸本美時の二男として生まれる。郡役所書記、陸軍幼年学校を経て、1899年11月、陸軍士官学校(11期)を卒業し、翌年6月、砲兵少尉任官。陸軍砲工学校で学び、日露戦争では野砲兵第2連隊副官として出征し、徒歩歩兵第2連隊中隊長となった。旅順攻囲戦奉天会戦に参加。

要塞砲兵監部勤務の後、帝国大学派遣学生として東京帝国大学工学部造兵学科で学び、1909年7月に卒業した。大阪砲兵工廠員、欧州留学、砲工学校教官、陸軍省副官陸軍兵器本廠付(軍事調査部)、陸軍省軍務局課員、砲兵課長、野戦重砲兵第4連隊長などを歴任し、1924年12月、陸軍少将に進級した。陸軍科学研究所第2部長、同3部長、兵器局長、欧州出張などを経て、1930年8月、陸軍中将となり、陸軍造兵廠長官、技術本部長を務め、1936年8月、陸軍大将となり予備役に編入された。

その後、第19代東京市長、満州製鉄理事長を務め、撫順で終戦を迎えた。1945年11月28日、紅軍に連行され消息不明となった。1946年11月28日に死去とされている。

1943年4月、芝浦工業大学初代理事長に就任している。

親族[編集]

  • 二男 岸本次郎(陸軍大尉
  • 手塚治虫 - 漫画家。岸本の妻・近江の甥。手塚の妻・悦子もまた、岸本の姪であった。
  • 角田文衛-次女・有智子の夫。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


先代:
大久保留次郎
東京市長
第19代: 1942年-1943年
次代:
廃止