野崎泰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野崎 泰一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1923-07-02) 1923年7月2日
没年月日 (2009-07-30) 2009年7月30日(86歳没)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1946年
初出場 1946年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

野崎 泰一(のざき ひろかず、1923年7月2日 - 2009年7月30日)は、広島県呉市出身のプロ野球選手投手)・監督・コーチ。

来歴・人物[編集]

旧制呉港中学校時代の1939年藤村隆男柚木進の控え投手として春選抜大会出場(試合出場はなし)。

専修大学を経て、戦後プロ野球が再開された1946年阪神タイガースに入団。戦後すぐの選手不足で、投手専任は野崎ただ一人だった。ドロップを武器に、主力投手として1948年1950年に二桁勝利(48年・12勝、50年10勝)を挙げた。しかし肩を痛め、1951年東急フライヤーズ1952年地元球団の広島カープに移籍したが、活躍は出来なかった。1953年に現役引退。

引退後は広島投手コーチ・監督代行・二軍監督、球団常務、球団代表など、途中空白期を挟みながら1991年まで広島発展に尽力した。

特に1975年シーズンは、監督のジョー・ルーツが開幕から僅か15試合目(4月27日対阪神ダブルヘッダー第1試合)で指揮権放棄しその後辞任したため、4月27日第2試合から5月3日に古葉竹識コーチが後任監督に昇格するまでの4試合(3勝1敗)で監督代行を務め、古葉体制発足以後のチームの支えとなるなど球団創設初優勝に大きな役割を果たした。

広島黄金期の形成に多大な役割を果たした木庭教が、スカウトとして球団に採用される切っ掛けとなったのは、木庭自らが「これからは選手を育てていかなければいけない時代。こういう有望な選手を獲ってはいかがか」という選手のリストを綴った手紙を自ら広島カープ球団に送ったのが発端。この手紙を読んだ野崎が「世間にゃこんなに詳しい人がおるんですな。一度呼んでみちゃどうでしょう」とスカウトだった西野襄に見せてから。プロ野球選手としての経験がない素人だった木庭は、この手紙を切っ掛けに採用された。[1]

球団創成期から在籍する選手出身者としては、備前喜夫らと共に、最も長く広島に関わった人物の一人である。

2009年7月30日0時15分、肺炎のため広島市中区の病院で死去、86歳[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1946 阪神 44 33 7 2 0 7 13 -- -- .350 846 195.1 182 8 90 -- 1 55 0 0 109 80 3.67 1.39
1947 14 5 1 0 0 1 2 -- -- .333 220 51.2 45 0 33 -- 2 17 0 0 15 15 2.60 1.51
1948 40 32 13 2 0 12 11 -- -- .522 1009 248.0 191 9 84 -- 6 63 0 0 84 72 2.61 1.11
1949 18 9 1 0 0 1 6 -- -- .143 274 56.0 83 10 31 -- 2 11 1 0 54 45 7.23 2.04
1950 53 26 9 1 0 10 18 -- -- .357 1002 226.1 246 22 91 -- 2 49 1 0 139 112 4.44 1.49
1951 東急 5 3 0 0 0 0 2 -- -- .000 79 15.1 25 2 7 -- 1 3 0 2 17 15 8.44 2.09
1952 広島 11 5 0 0 0 1 3 -- -- .250 114 24.2 39 7 4 -- 1 4 0 0 18 16 5.76 1.74
1953 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 23 4.1 8 2 2 -- 0 1 0 0 9 9 16.2 2.31
通算:8年 186 114 31 5 0 32 56 -- -- .364 3567 821.2 819 60 342 -- 15 203 2 2 445 364 3.99 1.41

背番号[編集]

  • 11 (1946年 - 1949年)
  • 3 (1950年)
  • 5 (1951年)
  • 23 (1952年)
  • 1 (1953年)
  • 45 (1954年 - 1957年)
  • 62 (1959年 - 1962年)
  • 67 (1968年 - 1972年)
  • 76 (1975年)
  • 70 (1976年 - 1979年)

脚注[編集]

  1. ^ (参考 「裏方 物言わぬ主役たち プロ野球職人伝説」木村公一・著)
  2. ^ 元プロ野球投手の野崎泰一氏死去”. 時事通信 (2009年7月30日). 2009年7月30日閲覧。

関連項目[編集]