須田喜照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
須田 喜照
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県
生年月日 (1970-10-13) 1970年10月13日(48歳)
身長
体重
175 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 山梨学院大附属高
  • 山梨学院大学

須田 喜照(すだ よしてる、1970年10月13日 - )は、社会人野球の選手(投手)。東芝硬式野球部に所属していた。

人物・来歴[編集]

山梨県出身。山梨学院大附高在籍時はエースとして活躍するも、1988年夏の山梨県大会では決勝戦で東海大甲府に敗退し、夏の甲子園出場はならなかった。

その後専修大学に進学し、1部リーグ通算15試合に登板、0勝5敗、防御率4.70の記録を残す。卒業後に、東芝に入社。細身ながらキレのある速球と縦のカーブを繰り出し、東芝の左腕エースとして台頭した。激戦の神奈川地区にあって、後輩の銭場一浩(現投手コーチ)らと共に東芝の屋台骨を支えた。東芝での主なチームメイトには、他に高橋尚成清水直行戸部浩香月良太平馬淳坪井智哉らがいる。

1999年に東芝が都市対抗野球を制覇した際には、決勝で三菱重工長崎を完封し、MVPに当たる橋戸賞を受賞した。

その投球スタイルや調整法は、高橋尚成や杉内俊哉など当時の社会人左腕投手にも影響を与えた。須田自身も高橋からシュートを教わったという逸話がある。

2002年限りで現役を引退、翌2003年には東芝も退社して山梨に帰郷、地場の建設会社に勤務するかたわら、自社の軟式野球の監督を務めた。
2007年からは母校である山梨学院大附属高の投手コーチを務め、翌2008年から2012年まで同校の監督に就任。2013年は山梨学院大学野球部のコーチを務める。

主な表彰・タイトル[編集]

日本代表キャリア[編集]

指導者キャリア[編集]

関連項目[編集]