小林幹英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 幹英
広島東洋カープ コーチ #73
2009.05.09小林幹英.jpg
2009年5月9日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県新潟市東区
生年月日 (1974-01-29) 1974年1月29日(43歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト4位
初出場 1998年4月3日
最終出場 2005年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島東洋カープ (2006 - )

小林 幹英(こばやし かんえい、1974年1月29日 - )は、広島県生まれ、新潟県育ちの元プロ野球選手投手)。

現在は広島東洋カープ一軍投手コーチ。

現役時代は投球時にグラブを突き出す独特のフォームが大きな特徴だった。

来歴・人物[編集]

父が国家公務員であったため、幼少期は転勤で全国を転々とする。小学4年時から新潟市(現東区)に定住。新潟東リトルリーグで本格的にプレーを開始し、新潟市立藤見中学校3年時の1988年新潟市営鳥屋野野球場で開催されたヤクルトスワローズ中日ドラゴンズ戦の試合前には始球式を務めた。

新潟明訓高校では3年時に第73回全国高等学校野球選手権大会に出場するも開幕戦で岡本克道を擁した柳ヶ浦高校に敗れた。卒業後は、東都大学野球専修大学へ進み、後にチームメイトとなる1年後輩・黒田博樹との両輪で4年秋に東都大学[要曖昧さ回避]リーグ2部で優勝し1部に昇格。卒業時はドラフト候補にも挙がったものの指名は見送られ、社会人のプリンスホテルへ。1996年第67回都市対抗野球大会に出場後、1997年ドラフト4位で広島東洋カープに入団。

1998年シーズン開幕戦で初登板し,8−3で中日の山本昌に勝ち初勝利、セ・リーグ通算9人目[1]、広島では3人目[2]となる新人投手開幕戦勝利を記録した。また、新人として救援で初登板初勝利を挙げたのは球団史上初であった[3]。その後セットアップ、クローザーに定着し、新人ながらリリーバーとして活躍。新人王こそ川上憲伸に及ばなかったものの、高橋由伸坪井智哉と共にセ・リーグ会長特別表彰を受ける。1999年は抑えとして期待されつつも伸び悩み、試行錯誤を繰り返した。右膝などの故障を経て、2001年からは右の中継ぎとして再び年間50試合以上に登板するなど活躍を見せた。翌2002年も中継ぎの柱として活躍。ストレートとフォークボールに加え、スローカーブを駆使して50試合以上に登板し、シーズン終盤までルーキーイヤーを上回る防御率2点台前半から中盤を維持していた。最終盤で打ち込まれる試合が増え、最終的に防御率は3点台まで下がったものの、ルーキーイヤーに次ぐ成績でシーズンを終えた。

ルーキーイヤーには直球は平均140km中盤を計測していたが、故障以後は球威が徐々に衰え、最速でも140kmに届かなくなっていった。だが小林はこの当時「ルーキーの時はあんなに球速が出るとは思わなかったし、実は自分でもビックリしていた。故障してスピードが出せなくなった分、制球力と変化球のキレを活かしていきたい」と語っている。

ところが2003年、春季キャンプ中に椎間板ヘルニアを発症し手術。リハビリと調整で一軍での登板はシーズン終盤になってからだった。2004年も故障などで登板機会は僅かに留まった。2005年は、二軍で9月終盤まで防御率0点台中盤の圧倒的な安定感を見せ、13セーブポイントを挙げてウエスタン・リーグの最優秀救援投手のタイトルを獲得した。しかし度重なる故障による球威の衰えは隠せないままで、手薄だった一軍の中継ぎ陣に完全復帰するには至らず、僅か2試合の登板にとどまった。10月7日に戦力外通告を受け、引退する意向を表明。

2006年より同チームの一軍投手コーチに就任した。前田健太篠田純平齊藤悠葵ら若手投手陣、コルビー・ルイスショーン・ダグラスら外国人投手の底上げなど投手コーチとして一定の成果も出し始めていた。

その後は二軍投手コーチ(2010年 - 2014年)を経て、2015年から再び一軍投手コーチとなる。

2009年7月7日7月8日、郷里に竣工した新潟県立野球場(HARD OFF ECOスタジアム新潟)で開催された対阪神タイガース10・11回戦の試合前、小林には両日とも花束が贈呈された。なお、小林は同球場について「想像していたよりも良い球場でびっくりした。もうちょっと頑張って、現役を続けていればよかった」とジョークを交えて評している。

2004年に母校である新潟明訓高が現在地に移転した際、校地には新たに野球部専用のグラウンドが設けられた。小林はこのグラウンドにスコアボードを設置するため、歴代のOBらと共に資金を提供しており、スコアボード裏面に記された贈呈者名には「広島東洋カープ 小林幹英」の揮毫がある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 広島 54 0 0 0 0 9 6 18 -- .600 330 81.2 50 9 36 2 2 105 4 0 26 26 2.87 1.05
1999 35 7 0 0 0 3 7 10 -- .300 306 66.0 77 9 36 2 2 63 0 0 49 43 5.86 1.71
2000 25 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 146 32.2 29 6 20 0 1 35 3 0 21 17 4.68 1.50
2001 51 1 0 0 0 3 1 1 -- .750 294 65.2 61 9 42 6 2 68 2 0 27 25 3.43 1.57
2002 52 0 0 0 0 4 5 0 -- .444 287 68.0 60 6 24 2 1 64 5 0 25 24 3.18 1.24
2003 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 6.0 5 1 1 0 0 7 0 0 4 4 6.00 1.00
2004 14 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 62 14.2 17 2 6 0 0 12 0 0 6 6 3.68 1.57
2005 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.1 2 1 0 0 0 2 0 0 1 1 3.86 0.86
通算:8年 238 8 0 0 0 19 22 29 0 .463 1457 337.0 301 43 165 12 8 356 14 0 159 146 3.90 1.38

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回 (1998年4月)
  • セ・リーグ会長特別表彰 (1998年)

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (1998年 - 2004年)
  • 21 (2005年)
  • 73 (2006年 - )

関連情報[編集]

『ドカベン』とのかかわり[編集]

  • 作者の水島新司が新潟県出身であり、『ドカベン』の明訓高校のモデルとなった新潟明訓高校出身ということから、『ドカベン プロ野球編』に登場した。当時、漫画上への実在選手の登場には肖像権が関係し球団とのトラブルが絶えなかったが、広島は無償での掲載を快く許可した。また、同作者の『あぶさん』にもよく登場している。
  • これ以前に、読者(作中では、新潟明訓野球部に入るはずが家庭の事情により進学断念を余儀なくされた、山田の新潟時代の知り合いとされた)の熱心な要望により、新潟へ遠征した神奈川の明訓高校と新潟明訓高校が対戦する、読み切りの『ドカベン特別編』で、新潟明訓高校のエースとして登場している(ドカベンの「エピソード」参照)。高校時代から水島漫画に登場し、各キャラクターと共演した唯一のプロ野球選手である。

脚注[編集]

  1. ^ 杉浦竜太郎大田垣喜夫三船正俊宮地惟友西村一孔大崎隆雄藤原真森田幸一に次ぐ。
  2. ^ 杉浦竜太郎大田垣喜夫に次ぐ。この2人はいずれも先発完投勝利のため、救援での勝利は球団初。
  3. ^ 初登板初勝利は小林の前に杉浦、大田垣、佐々岡真司山内泰幸黒田博樹、小林の後に齊藤悠葵福井優也が記録しているが、いずれも先発での勝利。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]