佐藤剛士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 剛士
HC-Tsuyoshi-Sato.jpg
2009年4月2日(ナゴヤ球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1986-05-16) 1986年5月16日(32歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト1巡目
初出場 2006年4月20日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 剛士(さとう つよし、1986年5月16日 - )は、秋田県秋田市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

秋田商業高校では1年からベンチ入りし、3年甲子園出場。ダルビッシュ有木村正太らと並び称され、東北ビッグ3とも呼ばれていた。なお、「肘や肩に負担をかけさせないように」という監督の方針から、高校時代まで試合で変化球はカーブしか投げなかったという。

2004年のドラフトで、最速150キロのストレートが評価され、1巡目で広島東洋カープに入団した。

2年目の2006年、一軍の先発が足りない事情から、当時、二軍の先発ローテーションだった佐藤に白羽の矢が立った。4月20日の横浜戦でプロ初登板初先発をするも、3回途中9失点で降板し敗戦投手となった。

その後は肩・腰などに故障が相次ぎ[1]、二軍でも成績が落ち込んだ。制球力向上のため投球フォームの改善を繰り返し、5年目の2009年は二軍でプロ初完投・完封を達成した。しかし、年間を通しては制球難に苦しみ、球速も130キロ台になるなど伸び悩んだ。

2010年には痛めていた右肘を手術したものの、復調の兆しは見られず[1]10月3日に球団から戦力外通告を受けた[2]

戦力外通告を受けた後、知人から広島県内の建設会社を紹介され転身。12月から研修を行なった[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 広島 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 2.1 5 2 2 0 2 1 0 0 9 9 34.71 3.00
通算:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 2.1 5 2 2 0 2 1 0 0 9 9 34.71 3.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (2005年 - 2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]