林晃汰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 晃汰
広島東洋カープ #44
Hayashi-kota44.jpg
2019年5月24日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県岩出市
生年月日 (2000-11-16) 2000年11月16日(20歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2018年 ドラフト3位
初出場 2020年10月3日
年俸 600万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

林 晃汰(はやし こうた、2000年11月16日 - )は、広島東洋カープに所属する和歌山県岩出市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。

来歴[編集]

岩出小1年から岩出ヤンキースで野球を始め、6年時にタイガースジュニアに選出される。岩出中に進学後は紀州ボーイズでプレー[2]。小中時代は主に捕手として出場した[2]。中学時代は通算32本塁打を記録する[3]

智辯和歌山高校に進学すると、サードに転向され1年春の県大会から出場する[3]。1年夏は5番サードを打ち[4]地方予選ベスト8。1年秋から3番を任され、2年夏に甲子園初出場 [5]。初戦の興南戦で中堅左に本塁打を放つ。大会中に右肘を疲労骨折し、大会後に手術を行ったため秋季大会及び近畿大会に出場できずリハビリに専念する。3年春の甲子園ではチームを準優勝に導くが、優勝候補に挙げられた3年夏の甲子園では近江高校に破れ初戦敗退[6]

2018年10月25日のドラフト会議では広島東洋カープに3位指名を受け[7]、11月15日に和歌山市内のホテルで契約金4500万円、年俸600万で仮契約を結んだ[8]

プロ入り後

2019年ウエスタンリーグで102試合に出場。315打数71安打、打率.225、OPS.674を記録。1年目の本塁打7本はウエスタンリーグの1年目の新人では最多タイである[9]

選手としての特徴・人物[編集]

高校通算49発のパンチ力と広角に長打を運べるバッティングが魅力[7]

手本とする選手として、広島に所属していた同じ左打者の丸佳浩(現・巨人)を挙げ、将来的にクリーンナップに座ってシーズン40発を打つ目標も掲げた[7]

3人兄弟の末っ子で2人の兄も野球をしており、長兄は神戸国際大学附属高校時代に夏の甲子園出場を果たしている[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2020 広島 4 8 8 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .125 .125 .250 .375
通算:1年 4 8 8 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .125 .125 .250 .375
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁
























2020 広島 2 4 0 1 1 .800 1 1 1 0 0 1.000
通算 2 4 0 1 1 .800 1 1 1 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 44(2019年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]