塹江敦哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塹江 敦哉
広島東洋カープ #36
Hiroshima Atsuya Horie 20150726.jpg
2015年7月26日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1997-02-21) 1997年2月21日(20歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト3位
初出場 2016年9月11日
年俸 650万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

塹江 敦哉(ほりえ あつや、1997年2月21日 - )は、香川県高松市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。広島東洋カープ所属。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

小学3年生の時に野球を始める。香川県立高松北中学校・高等学校への進学を経て、高校1年生時に投手へ転向する[2]と、秋からエースと4番打者を務める。高校時代の最高成績は、2年生夏の香川大会ベスト4で、3年生時の同大会では3回戦で敗退した。

高校3年生時から150km/h台の球速を計測しているストレートなどが評価されて、2014年のプロ野球ドラフト会議では、広島東洋カープから3巡目で指名。契約金4,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した[3]。背番号は36

プロ入り後[ソースを編集]

2015年ウエスタン・リーグ公式戦7試合に登板。1勝1敗、防御率2.45という成績を残した。6月25日には「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」の出場予定選手が変更されたことに伴って、NPB選抜のメンバーに選出[4]同月29日神宮球場で催された試合では、3番手投手として3回裏に登板すると、1イニングを三者凡退に抑えた[5]

2016年7月14日フレッシュオールスターゲーム倉敷マスカットスタジアム)にウエスタン・リーグ選抜の8番手投手として8回表から登板する[6]と、イースタン・リーグ選抜の山崎晃大朗を二塁へのゴロに打ち取った際の球速表示で159km/hを記録した。一軍が25年振りのセントラル・リーグ優勝を決めた翌日(9月11日)には、対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)の7回裏に、3番手投手として一軍デビューを果たした。しかし、最初に対戦した打者・長野久義への初球でソロ本塁打を浴びたことを皮切りに、打者7人から1死を奪っただけで6点を失って降板した。降板の時点で防御率162.00を記録した[7]ものの、一軍3試合目の登板で初めて先発投手に起用された同月19日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、5回2失点と好投[8]。ただし、この試合で一軍初黒星を喫するとともに、DeNAに球団史上初のクライマックスシリーズ進出決定を許した。レギュラーシーズン全体では、救援登板の1試合を含めて、一軍公式戦3試合に登板。0勝1敗にとどまったものの、防御率を11.37にまで下げてシーズンを終えた。オフの10月12日に第1回WBSC U-23ワールドカップ日本代表に選出された[9]。同大会で優勝を果たした[10]

選手としての特徴[ソースを編集]

最速154km/h[11]のストレートや、スライダーを武器に奪三振を量産。その一方で、制球の甘さや与四球の多さが課題に挙げられている。[要出典]

人物[ソースを編集]

「6年単位で学業に専念できる」という理由で、香川県立の中・高一貫校である高松北の中学部(高松北中学校)に入学。内部進学を経て、高校時代には、国公立大学への合格を目指す「グローパルコース」の学生として学業でも優秀な成績を収めた。英語検定2級を保持するほど英語に堪能で、高校2年生時の12月には、学校の海外研修でおよそ2週間のニュージーランド留学を経験している[12][13]

「塹江」という苗字は全国的に珍しく[14]、プロ入り以前はゲーム「実況パワフルプロ野球シリーズ」をプレイするとき自分の名前の漢字(塹)がゲーム内に収録されておらず悔しい思いをしたという[15]

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2016 広島 3 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 28 6.1 6 2 4 0 1 6 0 0 8 8 11.37 1.59
通算:1年 3 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 28 6.1 6 2 4 0 1 6 0 0 8 8 11.37 1.59
  • 2017年度シーズン終了時

記録[ソースを編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2016年9月19日、対横浜DeNAベイスターズ25回戦(横浜スタジアム)、3回表に今永昇太から二直
その他の記録
  • 初登板で対戦した第1打者に被本塁打:2016年9月11日、対読売ジャイアンツ23回戦(東京ドーム)、7回裏無死に長野久義で左越ソロ ※史上70人目

背番号[ソースを編集]

  • 36 (2015年 - )
  • 16 (2016 WBSC U-23ワールドカップ日本代表)

代表歴[ソースを編集]

日本代表
その他

出典[ソースを編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月10日閲覧。
  2. ^ 四国新聞2014年10月24日
  3. ^ 香川)高松北・塹江投手、広島カープと仮契約 朝日新聞DIGITAL
  4. ^ ユニバーシアード 日本代表壮行試合 NPB選抜チーム出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年6月25日) 2015年6月26日閲覧
  5. ^ 2015年度 侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜 試合結果 日本野球機構(NPB)オフィシャルサイト (2015年6月29日) 2016年9月21日閲覧
  6. ^ 2016年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果 NPBオフィシャルサイト (2016年7月14日) 2016年9月21日閲覧
  7. ^ 防御率162・00…広島塹江が大野超え?初登板日刊スポーツ(2016年9月11日) 2016年9月21日閲覧
  8. ^ 広島塹江、初先発5回2失点 防御率11・37に日刊スポーツ(2016年9月11日) 2016年9月21日閲覧
  9. ^ “「第1回 WBSC U-23ベースボールワールドカップ」に出場する侍ジャパンU-23代表選手が決定”. 野球日本代表オフィシャルサイト. (2016年10月12日). http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20161012_2.html 2016年10月12日閲覧。 
  10. ^ No. 1 Japan crowned World Champions, defeat No. 15 Australia in Final of WBSC U-23 Baseball World Cup WBSC | World Baseball Softball Confederation (英語) (2016年11月6日) 2016年11月7日閲覧
  11. ^ [1][2]
  12. ^ 広島ドラ3塹江、英語はエース級だった日刊スポーツ(2014年12月12日) 2016年9月21日閲覧
  13. ^ 「逸材発掘!2014ドラフト候補リサーチ」Vol.1 塹江敦哉(高松北高・投手)語学にも精通する「文武両道」サウスポー週刊ベースボールONLINE(2013年12月2日) 2016年9月21日閲覧
  14. ^ “G江柄子が1位 珍しい名字の野球選手”. デイリースポーツ online (神戸新聞社). (2015年2月19日). https://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2015/02/19/0007754376.shtml 2017年9月20日閲覧。 
  15. ^ “野球ゲームでは漢字出ず…広島ドラ3左腕「ひらがなでやっていた」”. Sponichi annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/28/kiji/K20141028009181760.html 2017年9月20日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]