磯村嘉孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磯村 嘉孝
広島東洋カープ #40
磯村40.jpg
2017年11月10日 日南市天福球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊田市
生年月日 (1992-11-01) 1992年11月1日(26歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2010年 ドラフト5位
初出場 2012年10月6日
年俸 1,100万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

磯村 嘉孝(いそむら よしたか、1992年11月1日 - )は、愛知県豊田市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。広島東洋カープ所属。愛称は「イソ」。

経歴[編集]

小学校2年で野球を始め、豊田市立松平中学校では豊田シニア(リトルシニア)でプレー。1学年上の堂林翔太とバッテリーを組む。

中京大学附属中京高等学校に進学し、2年春には5番レフトで第81回選抜高等学校野球大会に出場。打率.500を記録し、チームもベスト8に進出。夏には正捕手として再び堂林とバッテリーを組み第91回全国高等学校野球選手権大会に出場[2]。堂林の後を打つ5番打者として打率.350、2本塁打を記録し、同校の史上最多7度目となる夏の甲子園優勝に貢献した。秋の新チームから主将で4番。厳しくマークされながらも東海大会準優勝。
3年春の選抜では前年に続いてベスト8に進出。3年夏の選手権では2回戦で早稲田実業に大敗した。

2010年10月28日に行われたドラフト会議広島東洋カープが5位指名し、交渉権を獲得した。同年11月26日、契約金3000万・年俸480万円(金額は推定)で契約。入団した育成選手を含む9人の中で唯一の野手である。

プロ入り後[編集]

2012年、10代にしてスタメン出場を果たした。広島の捕手では小畑幸司以来19年ぶり。

2015年、二軍では打率3割を打った。

2016年石原慶幸會澤翼に次ぐ3番手捕手という立場ではあるが、開幕から常に1軍に帯同し、中村恭平の登板試合では先発マスクも被った。また、5月20日阪神タイガース戦において、延長12回2死から決勝タイムリーを放ち、プロ入り後初打点も記録。同時に初のヒーロインタビューも受けた[3]

2017年は前年に現役を退いた倉義和二軍バッテリーコーチから背番号40を継承[4]。前年同様第3捕手として1軍に帯同し、7月2日の対中日ドラゴンズ戦で柳裕也からプロ初本塁打を放った[5]

2018年は主に大瀬良大地高橋昂也とバッテリーを組み、3番手捕手として37試合に出場した。

選手としての特徴・人物[編集]

4季連続で出場した甲子園では通算打率.388。

祖父は愛知商業高で、叔父・父・兄は中京大中京及びその前身で甲子園出場経験があり[6]、父と兄はその後社会人野球トヨタ自動車でもプレーしている[7]

高校の同級生でもあるFCザンクトパウリ宮市亮は幼馴染であり、宮市の父も磯村の父と同じくトヨタ自動車でプレーしていた。また、元SKE48梅本まどかも同じく高校の同級生である。

2017年12月23日、一般女性との結婚を発表した[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 広島 1 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
2013 4 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .333 .000 .333
2015 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .--- .--- .---
2016 24 32 31 2 5 1 0 0 6 2 0 0 0 0 1 1 0 5 1 .161 .188 .194 .381
2017 21 39 34 6 8 2 0 2 16 3 0 0 1 0 3 0 1 8 1 .235 .316 .471 .786
2018 37 91 79 6 17 2 0 1 22 4 0 0 5 0 6 1 1 12 4 .215 .279 .278 .558
NPB:6年 88 168 149 14 31 5 0 3 45 9 0 0 6 0 11 2 2 26 6 .208 .272 .302 .574
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


捕手






















2012 1 7 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000
2013 2 3 0 0 0 0 1.000 0 0 0 .-
2015 1 1 0 0 0 0 1.000 0 0 0 .-
2016 20 65 7 1 0 1 1.000 11 9 2 .182
通算 24 76 7 1 0 1 .988 12 10 2 .167
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 61 (2011年 - 2016年)
  • 40 (2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月31日閲覧。
  2. ^ “広島5位・磯村、また堂林とタッグ” (日本語). デイリースポーツ. (2010年10月29日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2010/10/29/0003566825.shtml 
  3. ^ 6年目の磯村、プロ初打点が決勝点 デイリースポーツ (2016年5月20日). 2018年1月20日閲覧。
  4. ^ 広島の伝統「背番号40」を背負う磯村。“進化”を狙う7年目、達川ら名捕手の系譜を継ぐ【2017年ブレイク期待の選手】 ベースボールチャンネル(2017年2月4日).2018年1月20日閲覧
  5. ^ 広島 磯村がプロ初本塁打の2ラン デイリースポーツ(2017年7月2日).2018年1月20日閲覧。
  6. ^ “磯村3打点! “一族”1号で通算14勝目” (日本語). スポーツニッポン. (2009年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2009highschool/2009summer/KFullNormal20090823008.html 2013年11月13日閲覧。 
  7. ^ “トヨタ・磯村 「甲子園一家」夢の実現来年こそ” (日本語). スポーツニッポン. (2010年8月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/08/29/kiji/K20100829Z00002270.html 2013年11月13日閲覧。 
  8. ^ 広島磯村 ファンの前で結婚発表「幸せな家庭を」 日刊スポーツ(2017年11月23日).2018年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]