岩見優輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩見 優輝
岩見優輝20120614.JPG
2012年6月14日 阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府門真市
生年月日 (1987-01-25) 1987年1月25日(31歳)
身長
体重
177 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
初出場 2011年4月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

岩見 優輝(いわみ ゆうき、1987年1月25日 - )は、大阪府門真市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年から野球を始める。5年時から投手。中学では軟式野球のクラブチーム・門真クレイジーボーイズに所属し2年時に第17回全日本少年軟式野球大会でベスト8。

熊本工業高に進学し、3年春の第76回選抜高等学校野球大会では1回戦でダルビッシュ有を擁する東北高と対戦。9回を投げ抜き4安打、2失点。自責点は0と好投するもチームはダルビッシュにノーヒットノーランを喫して敗戦[1]。3年夏の第86回全国高等学校野球選手権大会では2回戦で明徳義塾高に敗戦。秋にプロ志望届を提出したがプロからの指名は無く亜細亜大学に進学した。

大学進学後、1年秋の2部リーグ戦で公式戦初登板。入れ替え戦に登板し1部リーグ昇格に貢献。その後は故障に苦しむも3年秋に1部リーグ戦初勝利を挙げ、4年春からエースになると秋には5勝を挙げベストナインを受賞。東都大学1部リーグ戦22試合登板、9勝7敗、防御率1.78、115奪三振。2部リーグ戦2勝0敗。大学球界屈指の左腕としてプロ複数球団から上位候補としてリストアップされる中、社会人入りを選択し、大阪ガスに入社した。

大阪ガス1年目は都市対抗3回戦の日産戦で先発し、粘りの投球で5回1失点と好投した。秋の日本選手権東芝戦で7安打無四球で公式戦初完投、初完封勝利。2年目の都市対抗NTT西日本の補強選手として出場した。

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議で、広島東洋カープから3位指名を受けた。

プロ入り後[編集]

2011年4月15日のマツダスタジアムでの巨人戦でプロ初登板を果たした。いきなりラミレスに二塁打を打たれた後、2四球を与え1アウト満塁となるが加藤健澤村拓一から連続三振を奪い、2回無失点に抑えた[2]。5月7日のヤクルト戦では、乱調のため降板した先発投手の今村猛に代わって1点リードの4回から登板し、先頭打者に死球を与えたものの1投球回を無失点に抑えた。その後チームが逃げ切って勝利したことで岩見にプロ初勝利が記録された[3]

2015年は、ウエスタンでも1試合の登板にとどまり、10月1日、戦力外通告を受ける。

2018年からMSH医療専門学校硬式野球部でコーチを務める。

選手としての特徴[編集]

岩見優輝のフォーム (動画 240fpsで撮影)

テイクバックに特徴がある独特のフォームから繰り出す最速146km/hのストレートに決め球のチェンジアップスライダーを武器にし[4]、コンスタントに140km/h台をマークするクロスファイアを代名詞とする[4]

フィールディングにも自信がある[4]

亜大でも同級生であった岩本貴裕は、「まず球の伸びが他のピッチャーと全然違う。どうしても差し込まれるというか打ちにくい。サイドスローとは違う角度があると思います。僕は左サイドスローの角度は、苦じゃないけど岩見の角度は違う。遠く感じるからボールだと思ってもストライクになる。難しいですね」と評している[5]

人物[編集]

尊敬する選手には工藤公康を挙げているが、自身は『太く短い』ピッチャーでいいと語っている[4]。小学4年の時に、奇跡のバックホームを見たことが、熊本工業進学のきっかけとなった[4]。「1点差で負けていた9回2死走者無しから、本塁打を打つ熊工に感動しました。結果的には負けましたが、あの試合以来、憧れの高校でした」と語っている[6]。その後、一般入試で同校に入学した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 広島 8 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 64 12.1 16 2 11 0 2 11 4 0 7 7 5.11 2.19
2013 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 3.1 0 0 4 0 0 4 0 0 0 0 0.00 1.20
通算:2年 11 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 76 15.2 16 2 15 0 2 15 4 0 7 7 4.02 2.11

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (2011年 - 2014年)
  • 46 (2015年)

脚注[編集]

  1. ^ “広島3位・岩見宣戦布告!ダルに負けん” (日本語). デイリースポーツ. (2010年10月29日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2010/10/29/0003566822.shtml 
  2. ^ “岩見 G打線2回0封の上々デビュー” (日本語). デイリースポーツonline. (2011年4月15日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2010/10/29/0003566822.shtml 
  3. ^ a b “【広島】ドラフト3位岩見がプロ初勝利” (日本語). 日刊スポーツ. (2011年5月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110507-772406.html 2015年3月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 運命の日を前に ドラフト候補インタビュー『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、104-105頁。
  5. ^ 野球小僧』より
  6. ^ 西日本新聞 - 2004年 春の選抜高校野球大会〈熊本工〉

関連項目[編集]

外部リンク[編集]