池ノ内亮介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池ノ内 亮介
Ikenouchiryosuke 150829.JPG
広島時代
(2015年8月29日 阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県伊賀市
生年月日 (1988-11-22) 1988年11月22日(30歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 育成選手ドラフト2位
初出場 NPB / 2014年7月15日
最終出場 NPB / 2014年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
派遣歴

池ノ内 亮介(いけのうち りょうすけ、1988年11月22日 - )は、三重県伊賀市荒木出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

三重県伊賀市立中瀬小学校時代、1年生の頃に中瀬ヒュービーズに入部し野球を始める。同桃青中学校時代には伊賀ボーイズに所属し、遊撃手としてプレー。高校はプロ野球出身者も多い岐阜県にある中京高に進学。当時は、外野手兼控え投手であった。同期に高森勇気大抜亮祐がいた。中京学院大学に進学すると、本格的に投手に転向。チームでは二番手ながら先発の柱として活躍。中日ドラゴンズの二軍と対戦した際、直球だけで1イニングを無失点に抑えたこともあり、中日をはじめプロのスカウトも視察に訪れるようになる。

スピードのあるピッチングが評価されたことから、2011年の育成ドラフト会議で、広島東洋カープから2巡目で指名[1]育成選手として入団した。入団当初の背番号は「121」で、1993年に硬式野球部を創部した中京学院大の選手が(支配下登録選手を含めて)ドラフト会議でNPBの球団から指名されたのは初めての事例。東海地区大学野球岐阜学生リーグから直接ドラフトで指名されたのは、1993年埼玉西武ライオンズから2位で指名された後に、同球団と広島に所属した朝日大学山田潤以来、17年振りであった。

広島時代[編集]

2011年には、ウエスタン・リーグ公式戦1試合に登板。しかし、シーズン終盤から参加したフェニックスリーグでは、救援投手として9試合に登板した[1]

2012年には、前年のフェニックスリーグでの投球内容が評価されたことから、一軍の春季キャンプのメンバーに選ばれた。育成選手による一軍キャンプへの参加は、広島では初めてであった[2]。しかし、シーズン中には一軍公式戦への登板機会がなかった。

2013年には、シーズンを通じて四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツへ派遣されたが[3]、リーグ最多の72与四球、同2位の14与死球を記録する一方で、先発陣の一員として、小林憲幸とともにチーム最多の12勝を挙げた。広島復帰後の11月1日には、育成選手契約から支配下選手契約へ移行することが球団から発表[4]。この移行を機に、背番号を「68」に変更した[5]

2014年には、7月14日に入団後初めての出場選手登録。翌15日の対横浜DeNAベイスターズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)に中継ぎ投手として一軍デビューを果たすと、1回を無失点に抑えた。一軍公式戦全体でも2試合の登板で失点を喫しなかった。

2015年には一軍公式戦への登板機会がなく、10月1日に球団から戦力外通告を受けた。

広島退団後[編集]

2015年11月10日シートバッティング形式の12球団合同トライアウト草薙球場)へ参加した。しかし、対戦した打者3人から二塁打1本を含む2安打を浴びた[6]。引退後は株式会社トラバース(千葉市)[7][8]を経て2017年、大阪府警に入庁し、寝屋川警察署地域課巡査として勤務している[9]

選手としての特徴・人物[編集]

荒れ球ながら最速151km/hのストレートと130km/h台の高速スライダーを投げるなどスピードのあるピッチングが持ち味。

中京高校時代のチームメイトとして高森勇気(元横浜DeNAベイスターズ)や大抜亮祐(元読売巨人軍)がいた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 広島 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 2.0 2 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0.00 2.00
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 2.0 2 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0.00 2.00

記録[編集]

NPB投手記録

独立リーグでの投手成績[編集]












































2013 愛媛 2.80 23 12 5 0 1 0 0 138.1 602 115 1 87 72 14 59 43 6 0
通算:1年 2.80 23 12 5 0 1 0 0 138.1 602 115 1 87 72 14 59 43 6 0

背番号[編集]

  • 121 (2011年 - 2013年)
  • 68 (2014年 - 2015年)
  • 15 (2013年) ※愛媛マンダリンパイレーツでの背番号

脚注[編集]

  1. ^ a b Young POWER 池ノ内亮介『週刊ベースボール』2011年11月28日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20442-11/28, 52-53頁。
  2. ^ “広島育成・池ノ内が1軍大抜擢”. nikkansports.com. (2012年1月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120124-893941.html 2012年1月25日閲覧。 
  3. ^ 独立リーグへ!育成選手4投手を派遣”. 広島東洋カープ (2013年3月22日). 2013年3月29日閲覧。
  4. ^ 池ノ内亮介投手、支配下登録に! 広島東洋カープ公式サイト(2013年11月1日配信)2013年11月4日閲覧。
  5. ^ 来季の背番号変更について 広島東洋カープ公式サイト(2013年11月1日配信)2013年11月4日閲覧。
  6. ^ “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  7. ^ “惜別球人2015【広島】池ノ内 亮介投手”. スポーツニッポン. (2015年12月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/sekibetsu2015/kiji/K20151219011711020.html 
  8. ^ 新入団選手 トラバース野球部”. TRAVERS(トラバース)野球部のブログ. 株式会社トラバース (2018年1月23日). 2018年3月4日閲覧。
  9. ^ カープ投手から警察官 第二の人生踏み出す 産経新聞(電子版)、2019年5月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]