福井優也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福井 優也
広島東洋カープ #11
Yuya Fukui on February 13, 2012.jpg
2012年2月13日、沖縄市野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県英田郡西粟倉村
生年月日 (1988-02-08) 1988年2月8日(28歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2011年4月17日
年俸 4,200万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福井 優也(ふくい ゆうや、1988年2月8日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岡山県英田郡西粟倉村出身。西粟倉小学校3年からソフトボールを始め、この頃からプロ野球選手になることだけを考えていた。夏は野球、冬はクロスカントリーに明け暮れる生活を送っており、全国大会に出場した経験も持つ[1]西粟倉中学校では兵庫県の硬式野球チーム「佐用スターズ」に入り2年から投手。

2003年、野球部監督の上甲正典を慕って[2]愛媛県済美高校に入学。1年秋からエースになり、同年11月の明治神宮野球大会東北高校戦で2安打完封勝利(7回コールド)を挙げる[2]

2004年第76回選抜高等学校野球大会では「やればできる」を合言葉に、大会史上初の「ナイターでの決勝」で愛工大名電に勝利し、創部2年での甲子園初出場初優勝の主力選手となった。同年の第86回全国高等学校野球選手権大会では準決勝までの4試合で先発完投した。決勝の駒大苫小牧戦では、風邪による体調不良ながら、自ら登板を志願した。試合は強打の駒大苫小牧に打撃戦で敗れ、春夏連覇を逃した。大会後には日米親善高校野球のメンバーに選出された[2]。翌年の第87回全国高等学校野球選手権大会でも1勝をあげ、甲子園通算勝利9勝となった。高校の一学年上に鵜久森淳志高橋勇丞がいる。

2005年の高校生ドラフト会議では読売ジャイアンツに4巡目で指名され、一旦は入団の意思を表明したが[2]その後拒否。なお巨人からドラフト指名された選手の入団拒否は1980年4位指名の瀬戸山満年以来25年ぶり。進学にあたっては、卒業後プロ入りできず社会人に進む場合には早稲田大学慶應義塾大学が有利と考えるなか、早大野球部監督の應武篤良に「早稲田一本で来るなら取る」と言われ、またドラフト前から誘われていたことなどから最終的に早大を志望[2]した。しかし、推薦入試の締め切りに間に合わず、一般受験も不合格となる。

多くの大学から声が掛かったが結局浪人し、鳥取市内のトレーニング施設ワールドウイングに通って勉強とトレーニングに励んだ。福井は「高校で酷使した肩を休めることもでき、充実した1年だった」と語っている[2]

2007年、早稲田大学スポーツ科学部トップアスリート選抜入試に合格。斎藤佑樹大石達也らと同期で推薦入学し、野球部に入部。斎藤とともに2人の甲子園優勝投手は将来のダブルエースとして期待された。福井は後に「斎藤と大石は目標であり自分を満足させなかったライバル。自分は3番目」と語っている[2]。1年春の東京六大学野球リーグ2戦目に先発登板するが3回途中でノックアウト、夏に右肩痛を発症しベンチ入りメンバーから外される。この頃はマウンド上での態度が悪く投球に悪影響を与えていたが、周りからの指摘で改めたことで冷静に投球できるようになったという[2]

2008年5月31日、東京六大学野球春季リーグ早慶戦1回戦に4番手でマウンドに上がり、2回を打者8人1安打無失点に抑えリーグ戦初勝利。

2009年春からは先発に定着。土曜日の初戦に斎藤、日曜日の2戦目に福井が投げるというローテーションだった。

4年次の2010年春からは早稲田のエース番号11を背負う。9月12日、東京六大学野球秋季リーグ法政大学2回戦でリーグ戦初完投を記録し、通算10勝目を挙げた[3]

福井の出身地の岡山県英田郡西粟倉村では広島東洋カープに2010年プロ野球ドラフト会議で1位を指名されたことを記念して垂れ幕が掲げられた

同年10月28日、プロ野球ドラフト会議にて広島東洋カープから1位指名を受ける。福井は複数球団からの指名を期待していたため、悔しい気持ちもあったといい[2]、ドラフトで広島以外に福井を指名する球団が現れなかった際に「もう無いじゃん……」と崩れ落ちる姿はテレビで報道された。また大石達也が埼玉西武ライオンズ、斎藤佑樹が北海道日本ハムファイターズからそれぞれ1位指名を受けたことにより、史上初の同一大学からの三投手1位指名となった。11月18日、明治神宮野球大会決勝の東海大学戦に先発し、6回を5安打1失点(自責点0)と好投し、優勝に貢献した[2]。11月28日に広島と契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)で契約し入団。

プロ入り後[編集]

2011年4月17日の巨人戦でプロ入り初登板・初先発し、7回を6安打2失点と好投し、球団史上8人目となるプロ初先発で初勝利を上げた(44分前に斎藤佑樹が勝利したため、ルーキー初勝利一番乗りとはならなかった)。試合後のヒーローインタビューでは、勝利の喜びを誰に伝えたいかとの質問に「今日も来てくれている両親に……ありがとうと言いたいです」と普段ポーカーフェイスであるが、この日は涙を浮かべる場面もあった[4]。シーズンを通してローテーションを守り27試合に登板、8勝10敗。一方、与四球68と暴投11はリーグ最多であった。

2012年は前年から成績が落ち込み、2勝に留まった。2013年は7回に投げるセットアッパー候補として開幕一軍入りしたものの、登板した3試合全てで失点し、4月6日に出場選手登録を抹消された。その後も2軍と1軍を行き来し、最終的には12試合の登板で防御率8.69の成績に終わった。

2014年は、2度目の先発となった7月27日の対阪神戦で9回を1失点完投で2年ぶりの勝利を挙げた[5]

2015年は先発として、21試合に登板して、9勝6敗、規定投球回到達とはならなかったものの、防御率3.56と飛躍のシーズンとなった。

選手としての特徴[編集]

福井の投球フォーム(2011年)

平均球速約141km/h[6]、最速152km/hのストレートとキレ味抜群の縦のスライダーカーブフォークが武器[7][8]。一方でプロ1年目の2011年にリーグ最多の与四球・暴投を記録するなど制球が課題で、投手コーチの大野豊は「新しい球を覚えるというより、持ち球の制球力を磨いてほしい」と修正点を挙げている[9]

人物[編集]

長兄の福井和真は、元前橋育英高校アンダースロー投手で、現在は同校コーチ。次兄の福井龍一も、2003年の甲子園沖縄尚学高校の投手兼外野手として出場しベスト16まで進出した。しかし、2011年4月20日、龍一は交通事故により他界。福井には、先発を務めた4月24日のヤクルト戦後に訃報が伝えられた。5月3日の横浜戦で、先発を務め6回2/3を1失点と好投し勝ち投手になり、お立ち台では「天国のお兄ちゃんに捧げたい」と涙を見せた[10]

指名順位が低かったことが2005年のドラフトで巨人への入団を拒否した理由とされているが、本人はそのような言い方はしていないと否定。甲子園に出場していない加登脇卓真が3位指名されたことにショックを受け、2003年のドラフトで4位指名され入団した平岡政樹が同年に戦力外となったことが、自分はプロで通用しないのではと自信を失うきっかけになったと語っている[2]。一方、元報知新聞・巨人番記者でスポーツジャーナリストの鷲田康によると、表向き「評価が低すぎる」と福井が入団を拒否したことになっているが、実は学校外でのやんちゃを理由に巨人から契約できないと通告されたのが真相という[11]

早大監督の應武篤良は、福井の性格について「一見、ふてぶてしく見えるが、繊細で(同期の斎藤、大石と比べると)一番プロ向きの性格をしている」と語った[12]。また、広島スカウトの苑田聡彦も「早大の3人(斎藤・大石・福井)の中で一番闘争心を感じた」と印象を述べている[13]

同郷にはバンクーバーパラリンピック・金メダリストの新田佳浩がいる。自身も新田が出場した長野パラリンピックを現地で観戦していた。また、大学の同級生には九州朝日放送アナウンサーの長岡大雅がおり、親交が深い。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 広島 27 27 2 0 0 8 10 0 0 .444 640 146.1 133 14 68 0 8 120 11 2 76 67 4.12 1.37
2012 17 10 0 0 0 2 3 0 0 .400 264 58.2 52 6 37 0 1 53 2 1 28 28 4.30 1.52
2013 12 1 0 0 0 0 2 0 0 .000 98 19.2 29 1 11 0 1 14 1 0 23 19 8.69 2.03
2014 11 11 1 0 0 4 5 0 0 .444 268 60 58 2 29 0 9 36 5 0 30 29 4.35 1.45
2015 21 21 0 0 0 9 6 0 0 .600 541 131.1 106 10 53 0 5 99 7 1 53 52 3.56 1.21
通算:5年 88 59 3 0 0 23 26 0 0 .469 1811 416.0 378 33 198 0 24 322 26 4 210 195 4.22 1.38
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 11 (2011年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “広島1位福井 異色スキートレ投手だ”. 日刊スポーツ. (2010年12月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2010/news/p-bb-tp1-20101210-712251.html 
  2. ^ a b c d e f g h i j k 節丸裕一 『最強世代1988 田中将大、斎藤佑樹、坂本勇人、前田健太・・・・・・11人の告白』 講談社、2011年ISBN 978-4-0629-5066-4
  3. ^ “早大・福井初完投で通算10勝目”. スポーツニッポン. (2010年9月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2010/news/p-bb-tp1-20101210-712251.html 
  4. ^ 福井、男泣き!因縁Gからプロ初勝利 - ウェイバックマシン(2011年5月6日アーカイブ分)デイリースポーツ、2011年4月17日
  5. ^ “広島・福井 2年ぶり勝った!昨年死去父の墓前にやっと吉報”. スポーツニッポン. (2014年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/28/kiji/K20140728008642070.html 
  6. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、144頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  7. ^ 『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、20-21項。
  8. ^ 『野球小僧』10月号、白夜書房、雑誌18801-10、19項
  9. ^ “広島投手陣争い激化 福井もローテ白紙”. 日刊スポーツ. (2011年11月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111103-858415.html 
  10. ^ “事故死の兄にささげる…福井、涙の2勝目”. スポーツニッポン. (2011年5月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/04/kiji/K20110504000751540.html 
  11. ^ 『野球の言葉学 GWスペシャル 斎藤祐樹、福井、大石…、プロ生活97日 持ってる仲間が見た「天国と地獄」』 週刊文春 2011年5月5日・12日ゴールデンウィーク特大号
  12. ^ 広島ドラ1福井 佑&大石に負けん!! - ウェイバックマシン(2010年11月7日アーカイブ分)デイリースポーツ、2010年11月4日
  13. ^ ルーキー群像<6>福井優也投手(22)=早大 - ウェイバックマシン(2011年4月10日アーカイブ分)中国新聞、2011年1月23日

参考文献[編集]

  • 節丸裕一 『最強世代1988 田中将大、斎藤佑樹、坂本勇人、前田健太・・・・・・11人の告白』 講談社、2011年3月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]