高橋昂也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 昂也
広島東洋カープ #34
高橋昴也.jpg
2017年6月10日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県久喜市
生年月日 (1998-09-27) 1998年9月27日(19歳)
身長
体重
181[1] cm
87[1] kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
年俸 600万円(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 昂也(たかはし こうや、1998年9月27日 - )は、埼玉県久喜市出身のプロ野球選手投手)。広島東洋カープ所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校3年次より野球を始め[2]久喜市立栗橋東中学校時代に所属した久喜シニアで3年春に関東大会に出場した[2]花咲徳栄高等学校では1年秋よりベンチ入りし、2年・3年次の全国高等学校野球選手権大会に出場した[2]。2年秋の埼玉県大会の3回戦(早大本庄戦)で1試合19奪三振、3年夏の埼玉県大会では6試合で52奪三振した[2]日刊スポーツ寺島成輝藤平尚真とあわせ「高校ビッグ3」と報じた[3]

第11回 BFA U-18アジア選手権大会日本代表に選出され、セミファイナルラウンド(スーパーラウンド)韓国戦に登板した[4][5]

2016年度新人選手選択会議広島東洋カープから2位指名を受けた[6]

プロ入り後[編集]

2017年ウエスタン・リーグで7試合に登板し、防御率1.29の好成績を残す。10月7日のファーム日本選手権(対読売ジャイアンツ)では、同じく高卒ルーキーの坂倉将吾とバッテリーを組み先発。6回を2失点に抑えて広島2軍初の日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞した。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 34(2017年 - )

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 広島東洋カープ公式サイト”. 広島東洋カープ (2016年10月20日). 2016年11月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 高橋昂也(花咲徳栄) - 高校野球”. 日刊スポーツ (2016年10月17日). 2016年10月27日閲覧。
  3. ^ 作新・今井は「BIG3よりいい」スカウト談話集 - 高校野球”. 日刊スポーツ (2016年8月13日). 2016年10月27日閲覧。
  4. ^ 【侍U18】高橋昂也…8回途中9K!韓国撃破!決勝進出”. スポーツ報知 (2016年9月4日). 2016年10月27日閲覧。
  5. ^ 20160903G19.pdf (PDF)”. アジア野球連盟. 2016年10月27日閲覧。(英語)
  6. ^ 広島東洋カープ | 2016年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD”. 日本野球機構. 2016年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]