堂林翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
堂林 翔太
広島東洋カープ #7
DSC03947 Shota Dobayashi.jpg
2013年7月30日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊田市
生年月日 1991年8月17日(24歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手一塁手
プロ入り 2009年 ドラフト2位
初出場 2012年3月30日
年俸 1,830万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

堂林 翔太(どうばやし しょうた、1991年8月17日 - )は、広島東洋カープに所属する愛知県豊田市出身のプロ野球選手内野手)。妻はフリーアナウンサー枡田絵理奈

経歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年時に「豊田リトル」で野球を始める。

中学時代は「豊田シニア」に所属し、投手遊撃手だった。宮城県で開催された国際大会で名古屋北シニアの補強選手として出場し、この時、東北選抜との試合で菊池雄星(現・西武)と対戦している。中京大中京高校に進学すると1年春から投手としてベンチ入り。1年秋から2年夏までは打力を買われて一塁手のレギュラーになる。 2年春には選抜大会に出場するも試合出場はなし。

2009年8月12日 全国高校選手権大会(阪神甲子園球場) 中京大中京 堂林翔太投手

2年夏は愛知大会で敗退。新チームとなった秋からエースで4番を任され、東海大会を全4試合完投するなど安定した投球で優勝しセンバツの切符を手にする。3年春の第81回選抜高等学校野球大会では準々決勝で報徳学園に9回までリードしながら敗れベスト8。打撃では打率.584、4打点を記録した。

3年夏の第91回全国高等学校野球選手権大会ではエース兼4番として投打でチームを牽引し、打率.522、12打点、1大会通算最多タイとなる6二塁打を記録。当時は多彩なテクニックに加え、強じんな足腰とバネ、冷静なプレイスタイルを持っていながら心を持たず勝利のみを追求していたため、「ベースボールサイボーグ」の異名をとった。日本文理高校との決勝では右中間に先制2ランホームランを放つなど、同校の史上最多7度目となる夏の甲子園優勝に大きく貢献したが、途中で降板して右翼手に回り、優勝投手にはなれなかった。「最後まで投げたかったんですけど…、ホント済みませんでした。」と、試合終了後の優勝インタビューでは敗戦したかのように、悔し涙を流し声を詰まらせながら謝罪をした。高校通算13本塁打。

高校の2学年先輩に阪神タイガース伊藤隼太、1学年先輩にフィギュアスケート浅田真央、1学年後輩に後にカープのチームメイトとなる磯村嘉孝FCザンクトパウリ宮市亮SKE48梅本まどかがいる。

2009年のプロ野球ドラフト会議では、一塁手三塁手としての育成を視野に入れていた広島東洋カープから、内野手として2巡目で指名。契約金7000万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団した。なお、ニューヨーク・ヤンキースアレックス・ロドリゲスのような選手になって欲しいという期待[1]から、背番号はロドリゲスと同じ「13」を着用。広島で背番号13を付けた野手は、1964年ロナルド大森(内野手)以来である[2]

プロ入り後[編集]

2010年
野手としての経験を積む目的で、二軍生活に終始した。ウエスタン・リーグ公式戦では、100試合の出場で規定打席に到達。打率.203、7本塁打、32打点という成績を残す一方で、三塁手として18失策を記録した。7月22日には、同リーグの監督推薦選手として出場したフレッシュオールスターゲーム長崎ビッグNスタジアム)7回裏の打席で、イースタン・リーグ選抜の林啓介千葉ロッテマリーンズ)から本塁打を放っている[3]
2011年
前年に続いて、シーズンを二軍で過ごした。ウエスタン・リーグの公式戦には、103試合に出場。打撃面では、打率.208、1本塁打、23打点という成績にとどまった。さらに、三塁手として16失策、遊撃手として10失策を記録した。
2012年
一軍監督・野村謙二郎からの期待を受けて、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えた[4]3月30日には、地元のナゴヤドームで催された中日ドラゴンズとの開幕戦に、「7番・三塁手」としてスタメンで一軍デビュー。この試合で一軍初安打を記録する[5]と、高校3年夏の選手権決勝以来3年振りに甲子園へ登場した4月24日の対阪神タイガース戦で、ランディ・メッセンジャーから一軍初本塁打を放った[6]7月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦で石川雅規から神宮球場のバックスクリーンに放ったソロ本塁打によって、シーズン2桁本塁打に到達[7]。広島の高卒3年目に一軍公式戦へ出場した野手では、緋本祥好1956年)・江藤智1991年)・前田智徳1992年)に次ぐ球団記録を、この一打で達成した。結局、シーズン全体では、一軍公式戦でチーム最多の14本塁打を放っている[8]
オールスターゲームには、「SKYACTIV TECHNOLOGY プラスワン ドリーム投票」(最後の出場選手を決める投票)での選出によって、広島の野手では史上最年少の20歳で初出場[9]。全3試合の出場で6打席ノーヒットに終わったが、第2戦では「1番・三塁手」としてスタメン出場を果たした。シーズン終了後の11月には、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」で、初めて日本代表に選出[10][11]11月18日の第2戦(札幌ドーム)では、代打で三塁打を放った[12]
シーズン通算では、一軍公式戦全144試合出場を果たしながら、両リーグワーストの29失策、150三振、得点圏打率.192を記録。広島の選手による一軍公式戦のシーズン最多三振記録も達成したため、シーズン終了後には、三振に倒れる堂林の姿を集めた写真展がマツダスタジアム内で開かれた[13]。その一方で、12月17日には、前年から1,000万円増の推定年俸1,700万円で契約を更改した[8]
2013年
野村の現役時代の背番号で、2005年の引退以来球団の「半永久欠番」として扱われてきた「7」を、野村自身の申し出でこの年から着用[8]。一軍公式戦への開幕後は打撃不振が続いたが、打率が.218まで落ち込んでいた6月23日に、対東京ヤクルト戦(マツダ)9回裏の打席で山本哲哉から一軍公式戦初のサヨナラ本塁打を放った[14]オールスターゲームには、前年に続いて「プラスワン投票」を経て出場。しかし、8月20日の対中日戦(長良川球場)2回裏の第1打席で受けた死球によって[15]左手第3中手骨を骨折したため、この試合を最後に試合から遠ざかった。結局、一軍公式戦には105試合の出場でシーズンを終了。盗塁数(10)を前年から倍増させたものの、打撃成績は総じて前年を下回った。
2014年
前年の戦線離脱で木村昇吾が正三塁手に定着したことを背景に、春季キャンプでは、外野や高校時代にも経験のある一塁の守備練習にも取り組んだ。
一軍公式戦では、三塁手として開幕を迎えたものの、開幕カードから他の選手と交互にスタメンへ起用[16]。その一方で、4月2日の対東京ヤクルト戦(マツダ)では、同点で迎えた延長12回裏の打席でトニー・バーネットから一軍2本目のサヨナラ本塁打を放った[17]。レギュラーシーズン全体では、本塁打数や打率が前年を上回ったものの、前年に続いて打撃が総じて不調。その影響で93試合の出場にとどまったほか、外野での起用試合数(47試合)が三塁での起用試合数(34試合)を上回る有様で、正三塁手への復帰には至らなかった。
右手薬指の骨折で5月上旬から一時戦線を離脱した[18]にもかかわらず、オールスターゲームには、セントラル・リーグ(セ・リーグ)三塁手部門のファン投票1位で3年連続出場。7月19日の第2戦(甲子園)8回裏の打席では、パシフィック・リーグ(パ・リーグ)選抜の福山博之東北楽天ゴールデンイーグルス)からソロ本塁打を放った。この一打で同ゲーム2試合におけるセ・リーグの総得点がパ・リーグを1点だけ上回ったため、10月のドラフト会議では、2巡目以降のウェーバー指名でセ・リーグの球団に優先権が与えられた[19]
プライベートでは、TBSのアナウンサーとしてプロ野球の取材などを担当していた枡田と交際。シーズン終了後の11月5日に結婚を発表する[20]と、12月25日に婚姻届を提出した[21]
2015年
内野手に再び専念することで再起を期したが、対外試合で打撃が振るわず、オープン戦の中盤で二軍に降格。4年振りに開幕一軍から外れた[22]。ウエスタン・リーグ公式戦では53試合で10本塁打、打率.283を記録するなど好調だったが、一軍公式戦には33試合にしか出場できなかった。一軍デビュー後では初めて一軍公式戦をノーアーチで終えたこともあって、11月8日の契約交渉では、入団後初めて球団から減俸を提示。結局、前年から170万円減の推定年俸1,830万円で契約を更改した[23]。その一方で、シーズン終盤の9月25日には、6月でTBSを退社した枡田との間に第1子(男児)を授かっている[24]
2016年
中日から移籍したエクトル・ルナが正三塁手に定着した影響で、2年続けて開幕を二軍で迎えた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 広島 144 554 488 60 118 25 4 14 193 45 5 2 5 3 44 2 14 150 8 .242 .321 .395 .718
2013 105 410 364 36 79 14 0 6 111 41 10 2 5 1 33 0 7 96 10 .217 .294 .305 .599
2014 93 330 284 37 70 12 1 8 108 28 1 1 5 3 32 0 6 87 3 .246 .332 .380 .713
2015 33 73 69 5 18 2 0 0 20 3 1 0 1 0 3 0 0 16 1 .261 .292 .290 .582
NPB:4年 375 1367 1205 138 285 53 5 28 432 117 17 5 16 7 112 2 27 349 22 .237 .314 .359 .675
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]

一塁 三塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2012 - 143 76 278 29 17 .924 -
2013 - 105 68 210 19 18 .936 -
2014 9 21 2 0 4 1.000 34 23 61 4 5 .955 47 61 0 4 0 .938
通算 9 21 2 0 4 1.000 282 167 549 52 40 .932 47 61 0 4 0 .938
  • 2014年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
その他記録

背番号[編集]

  • 13 (2010年 - 2012年)
  • 7 (2013年 - )

登場曲[編集]

▪「いこう」いきものがかり(2016年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “A・ロッド”堂林がV弾!背番号に込められた思い開花”. スポーツニッポン (2012年4月25日). 2012年5月13日閲覧。
  2. ^ 広島東洋カープ 背番号13 - 背番号Maniax
  3. ^ 2010年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果
  4. ^ “堂林 初の開幕一軍が確定!「期待されているだけではダメ」”. スポーツニッポン. (2012年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/27/kiji/K20120327002915540.html 2015年4月19日閲覧。 
  5. ^ “3年目の堂林 プロ初出場で初安打!”. スポーツニッポン. (2012年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/30/kiji/K20120330002943750.html 2016年4月19日閲覧。 
  6. ^ “堂林「思い出の地」甲子園で決勝のプロ初アーチ”. スポーツニッポン. (2012年4月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/04/24/kiji/K20120424003114850.html 2016年4月19日閲覧。 
  7. ^ “堂林 前田智以来の“最年少シーズン”2桁本塁打”. スポーツニッポン. (2012年7月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/25/kiji/K20120725003759380.html 2016年4月19日閲覧。 
  8. ^ a b c “150三振しても29失策でも…堂林に“半永久欠番”「7」”. スポーツニッポン. (2012年12月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/18/kiji/K20121218004797670.html 2016年4月19日閲覧。 
  9. ^ “最年少20歳で球宴出場 堂林「はつらつとやりたい」”. スポーツニッポン. (2012年7月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/12/kiji/K20120712003658520.html 2016年4月19日閲覧。 
  10. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  11. ^ 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  12. ^ “侍ジャパンマッチ2012 2012/11/18(日)キューバ-日 本 2回戦試合結果(札幌ドーム)”. サンケイスポーツ. (2012年11月18日). http://www.sanspo.com/baseball/japan-st/2012/game/20121118/4954/com/detail.html 2016年4月19日閲覧。 
  13. ^ “堂林“三振写真展”で複雑…「あらためて三振が多いな」”. スポーツニッポン. (2012年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/21/kiji/K20121121004600860.html 2016年4月19日閲覧。 
  14. ^ 堂林 プロ初のサヨナラ本塁打「すごく気持ちよかったです」スポーツニッポン2013年6月23日配信
  15. ^ 堂林 死球で途中交代 左手の打撲、骨に異常なしスポーツニッポン2013年8月20日配信
  16. ^ 広島課題は三塁手 3連戦スタメン3人で10タコスポーツニッポン2014年3月31日配信
  17. ^ 堂林 延長12回サヨナラ弾「ようやく開幕、やっと1本」スポーツニッポン2014年4月3日配信
  18. ^ 広島堂林が右手薬指骨折プレーまで7週間 日刊スポーツ2014年5月10日配信
  19. ^ 堂林も球宴初アーチ ドラフト優先権獲得の貴重な1点スポーツニッポン2014年7月20日配信
  20. ^ 「年内結婚へ 番組で生報告」 ORICON STYLE 2014年11月5日配信
  21. ^ 広島堂林、TBS枡田アナが婚姻届提出日刊スポーツ2014年12月25日配信
  22. ^ 堂林4タコ2軍落ち…緒方監督「気合を入れてこい。それだけ」スポーツニッポン2015年3月15日配信
  23. ^ [1]スポーツ報知2015年11月8日配信
  24. ^ 元TBSアナ枡田絵理奈さん第1子出産 夫・堂林は奮起誓う東京スポーツ 2015年9月26日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]