鍵谷陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鍵谷 陽平
読売ジャイアンツ #30
鍵谷陽平 April 5, 2014 (13643808523) (cropped).jpg
北海道日本ハムファイターズ時代
(2014年4月5日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道亀田郡七飯町
生年月日 (1990-09-23) 1990年9月23日(31歳)
身長
体重
178 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト3位
初出場 2013年3月29日
年俸 6,500万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鍵谷 陽平(かぎや ようへい、1990年9月23日 - )は、北海道亀田郡七飯町出身のプロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。妻は女優の青谷優衣

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校時代から野球を始め、5年時に内野手から投手へ転向した[2]七飯町立七飯中学校時代は、軟式野球部に所属[3]。野球推薦の話があった事と、野球を続けるなら親に甘えたくないという理由から札幌市にある北海高校に進学[3]

高校時代は1年時の夏からベンチ入し、2年時の秋からエースとなる。3年時の夏に南北海道予選を制し、第90回全国高等学校野球選手権記念大会に出場するが、1回戦の東邦高校戦で先頭打者本塁打を含む14被安打12失点と打ち込まれ、7回途中で降板しチームも10-15で敗退[2]

中央大学に進学すると、東都大学野球連盟に加盟する野球部に入部。2年時の春から公式戦に登板した。秋には自己最速となる152km/hをマークするが[2]、右肘の靭帯を損傷し全治4ヶ月の怪我を負った[3]。その後回復し4年時からは先発としても起用されるようになった[4]。最終的に、リーグ通算37試合に登板し、7勝9敗、防御率1.94の成績を残した[2]。大学の2学年先輩に澤村拓一遠藤一星、1学年先輩に井上晴哉、2学年後輩に島袋洋奨がいた。

2012年10月25日、プロ野球ドラフト会議で日本ハムから3位指名を受け[5][注 1]、11月13日に契約金6,000万円、年俸900万円で入団に合意した(金額は推定)[7]

日本ハム時代[編集]

2013年、新人ながら大谷翔平とともに開幕一軍入りを果たすと[8]、開幕戦となった3月29日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)でプロ初登板・初ホールドを記録した[9]。4月14日のオリックス・バファローズ戦でプロ初勝利を挙げた[10][注 2]。最終的に、38試合登板、2勝3敗1ホールド5セーブ、防御率3.33を記録。オフに、700万円増の1,600万円で契約を更改した[11]

2014年、レギュラーシーズンは21試合登板、1勝0敗2ホールド、防御率2.20を記録。10月16日のパシフィック・リーグクライマックスシリーズファイナルステージの福岡ソフトバンクホークス戦で3番手として登板し、2回を無失点に抑え勝利投手となる[12][注 3]。オフに、100万円増の推定年俸1,700万円で契約を更改した[13]

2015年7月末に不振により一軍登録を抹消[14]。9月21日に一軍に昇格し、22日のソフトバンク戦で同年シーズン3勝目を挙げると[15]、翌日のソフトバンク戦で4勝目を挙げ2試合連続となる勝利投手となった[16]。最終的に、40試合登板、5勝3敗15ホールド、防御率4.67を記録。オフに、500万円増の推定年俸2,200万円で契約を更改した[17]

2016年は、キャリアハイとなる48試合登板、5勝3敗3セーブ3ホールド、防御率4.23を記録。オフに、600万円増の推定年俸2,800万円で契約を更改した[18]

2017年は、チーム順位が5位に沈む中、宮西尚生クリス・マーティンなどらと安定した投球を続け、キャリアハイとなる60試合に登板し、2勝3敗1セーブ17ホールド、防御率2.53を記録した。オフに、2,200万円増の推定年俸5,000万円で契約を更改した[19]

2018年は、前年の活躍から石川直也と共に守護神争いが期待されたが、春季キャンプ中の3月16日に「右尺側手根屈筋(前腕内側)の筋挫傷」で離脱[20]。5月末に1軍復帰してからも不安定な投球が目立ち、28試合の登板にとどまり、0勝0敗2ホールド、防御率4.28を記録。オフに、700万円減の推定年俸4,300万円で契約を更改した[21]

2019年、開幕一軍入りを果たし[22]、後述のトレードまで18試合に登板し、0勝0敗1ホールド、防御率5.94を記録。6月10日に登録を抹消されていた[23]

巨人時代[編集]

2019年6月28日に、藤岡貴裕と共に、宇佐見真吾吉川光夫とのトレードで読売ジャイアンツに移籍[24]。これは令和における日本プロ野球 (NPB) 初のトレードとなった。背番号は32となった[24]。移籍後はリリーフとして27試合に登板し、0勝2敗6ホールド、防御率3.00を記録。オフに、200万円増の推定年俸4,500万円で契約を更改し、背番号を日本ハム時代と同じ30に変更することが発表された[25][26]

2020年、チーム最多の46試合に登板し3勝1敗13ホールド、防御率2.89とリーグV2に貢献[27]。ソフトバンクとの日本シリーズ第2戦ではアルフレド・デスパイネに満塁弾を浴び、チームは4連敗を喫した[27]。オフに、2,000万円増の推定年俸6,500万円で契約を更改した[27]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから平均球速142km/h[28]、最速153km/h[29]ストレートスライダーが武器で[3]フォーク、ブレーキの効いたパームを投げる[30][31]

プロ入り後は、ルーキー時代の2013年に先発登板が2試合あっただけで、他は全てリリーフ、抑えでの起用となっている。

人物[編集]

大学は特待生での入学ではなかったため奨学金を借り、法学部に所属し勉強と野球を両立させていた[3]

理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が球団とコラボレーションして、毎年の最新ヘアデザインのモデルを若手選手の中よりファン投票で選出している企画「ファイターズスタイル」の2016年度モデルに選ばれた[32][33]

グラブは、北海道に関係のある色にするため富良野ラベンダーをイメージした紫色にし、鍵谷の出身校である北海高校の校章である星のマークを入れていた[34]。これが話題となり、鍵谷といえばラベンダー色(のグラブ)というイメージをファンに根付かせたが、2年目よりグラブ軽量化のため黒色のグラブを使用している。

日光アイスバックス牛来拓都、元日本製紙クレインズ春田啓和の両アイスホッケー選手・元選手とは北海高校時代からの友人で、プロ/トップリーグ入りした際に3人とも背番号「30」で揃え、巨人移籍後もそのシーズン終了時に30に戻してもらうなどこの背番号への愛着は強い。また、この縁で日本ハム時代に日本製紙がクレインズの廃部を表明した際にはクレインズ存続のための2019年3月24日の札幌ドームでの東京ヤクルトスワローズとのオープン戦での署名活動に杉谷拳士斎藤佑樹秋吉亮杉浦稔大の協力を取り付けるなど尽力し、これが話題を呼んで署名が10万に届いたことでクラブチームとしての存続に大きく貢献している[35]

2020年1月21日に女優の青谷優衣と結婚した[36]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 日本ハム 38 2 0 0 0 2 3 1 5 .400 231 54.0 41 4 33 0 1 42 1 0 21 20 3.33 1.37
2014 21 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 119 28.2 25 4 10 0 2 27 0 0 9 7 2.20 1.22
2015 40 0 0 0 0 5 3 0 15 .625 159 34.2 45 3 12 0 1 32 1 0 23 18 4.67 1.64
2016 48 0 0 0 0 5 3 3 3 .625 187 44.2 37 3 21 1 0 38 4 0 23 21 4.23 1.30
2017 60 0 0 0 0 2 3 1 17 .400 218 57.0 33 6 17 0 0 46 0 0 23 16 2.53 0.88
2018 28 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 128 27.1 33 2 12 0 1 22 1 0 14 13 4.28 1.65
2019 18 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 77 16.2 16 0 12 0 0 16 0 0 11 11 5.94 1.68
巨人 27 0 0 0 0 0 2 0 6 .000 117 27.0 21 4 18 3 0 11 0 0 11 9 3.00 1.44
'19計 45 0 0 0 0 0 2 0 7 .000 194 43.2 37 4 30 3 0 27 0 0 22 20 4.12 1.53
2020 46 0 0 0 0 3 1 0 13 .750 148 37.1 25 2 13 1 1 40 0 0 12 12 2.89 1.02
NPB:8年 326 2 0 0 0 18 15 5 64 .545 1384 327.1 276 28 148 5 6 274 7 0 147 127 3.49 1.30

年度別守備成績[編集]



投手












2013[39] 日本ハム 38 3 1 0 0 1.000
2014[40] 21 2 4 0 1 1.000
2015[41] 40 0 7 0 0 1.000
2016[42] 48 4 4 0 1 1.000
2017 60 2 7 0 1 1.000
2018 28 1 4 0 1 1.000
2019 18 1 4 0 0 1.000
巨人 27 1 2 0 0 1.000
'19計 45 2 6 0 0 1.000
2020 46 2 3 0 0 1.000
通算 326 16 36 0 4 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

その他の記録

背番号[編集]

  • 30 (2013年 - 2019年6月27日、2020年 - )
  • 32 (2019年6月28日 - 同年終了)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同年のドラフト会議では、鍵谷の他、白崎浩之内野手(駒大DeNA1位)、佐藤峻一投手(道都大学オリックス2位)、伏見寅威捕手(東海大学、オリックス3位)、大累進内野手(道都大学、読売2位)と、北海道出身者が計5人指名された[6]。北海道出身者がドラフトで5人指名されたのは史上初であり[6]、全員が即戦力の大学生、順位も3位以内であった[6]
  2. ^ 日本ハムが北海道移転10年目にして初めての北海道生まれの勝利投手でもあった[10]
  3. ^ プレーオフ、クライマックスシリーズで勝利投手となったのは北海道出身選手としては史上初だった[12]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 北海道日本ハム3位・鍵谷陽平「殻を破った大学2年の秋」 ~ルーキーたちの軌跡No.10~”. SPORTS COMMUNICATIONS (2013年1月9日). 2013年2月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e 【夢の扉】日本ハム・鍵谷“北海魂”折れない剛腕”. SANSPO.COM (2012年12月20日). 2013年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月20日閲覧。
  4. ^ 鍵谷7回零封 背番号28の二十八が2打点”. スポーツニッポン (2012年4月13日). 2013年2月20日閲覧。
  5. ^ 「2012年新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2012年10月25日). 2013年2月20日閲覧。
  6. ^ a b c 北海道新聞、2012年10月26日付朝刊35面「快挙 道産子の指名最多 ドラフト5人」
  7. ^ 日本ハム 森本と鍵谷と合意”. スポーツニッポン (2012年11月13日). 2021年5月4日閲覧。
  8. ^ 2013年シーズン開幕登録選手発表”. 北海道日本ハムファイターズ (2013年3月27日). 2021年5月3日閲覧。
  9. ^ 2013年3月29日(金)北海道日本ハム vs 埼玉西武ライオンズ”. 北海道日本ハムファイターズ (2013年3月29日). 2021年5月3日閲覧。
  10. ^ a b ドラ3・鍵谷 ハム北海道移転10年目の「道産子1勝」”. スポーツニッポン (2013年4月15日). 2013年4月17日閲覧。
  11. ^ ハム鍵谷更改「先輩の査定は全員ビンゴ」”. 日刊スポーツ (2013年12月4日). 2021年5月3日閲覧。
  12. ^ a b ハム鍵谷 暗闇脱出し道産子CS初勝利”. 日刊スポーツ (2014年10月17日). 2015年5月9日閲覧。
  13. ^ ハム鍵谷 中大先輩沢村とハワイ自主トレ”. 日刊スポーツ (2014年12月4日). 2021年5月3日閲覧。
  14. ^ 日本ハム鍵谷、復活の1勝 2カ月ぶり1軍で即結果”. 日刊スポーツ (2015年9月23日). 2015年9月24日閲覧。
  15. ^ 【日本ハム】鍵谷3勝目!レアード逆転サヨナラ弾で白星つかむ”. スポーツ報知 (2015年9月22日). 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月24日閲覧。
  16. ^ 日本ハム・鍵谷、2試合連続勝利投手に”. デイリースポーツ (2015年9月23日). 2015年9月24日閲覧。
  17. ^ 日本ハム 鍵谷 500万円アップも「そろそろ達成したい」”. スポーツニッポン (2015年12月3日). 2021年5月3日閲覧。
  18. ^ 日本ハム鍵谷600万増 来季目標に50試合登板”. 日刊スポーツ (2016年12月5日). 2021年5月3日閲覧。
  19. ^ 日本ハム鍵谷60試合で2200万増「来年以降も」”. 日刊スポーツ (2017年11月29日). 2021年5月3日閲覧。
  20. ^ 日本ハム・鍵谷が「右尺側手根屈筋の筋挫傷」…ゲーム復帰まで3週間”. BASEBALLKING (2018年3月16日). 2021年3月14日閲覧。
  21. ^ 日本ハム鍵谷「本当に自分は野球が下手だな」来季へ誓う苦悩の1年からの飛躍”. Full-Count (2018年12月4日). 2021年3月14日閲覧。
  22. ^ 2019年シーズン開幕登録選手発表”. 北海道日本ハムファイターズ (2019年3月28日). 2021年5月3日閲覧。
  23. ^ 【パ・リーグ公示】6月10日 楽天・オコエが抹消”. サンケイスポーツ (2019年6月10日). 2021年5月3日閲覧。
  24. ^ a b 【巨人】鍵谷が入団会見 中大の先輩とチームメートになり「光栄です」背番号「32」”. スポーツ報知 (2019年6月28日). 2019年6月28日閲覧。
  25. ^ 巨人・鍵谷、200万円増の4500万円でサイン 背番号「30」に変更”. サンスポ (2019年11月28日). 2021年3月14日閲覧。
  26. ^ 選手の背番号変更について”. 読売巨人オフィシャルサイト (2019年12月10日). 2020年1月28日閲覧。
  27. ^ a b c 巨人・鍵谷が2000万増 今季チーム最多登板”. 東京スポーツ (2020年12月21日). 2020年12月21日閲覧。
  28. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2014年、91頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  29. ^ 新加入の巨人鍵谷が被弾、原監督は「見事」期待”. 日刊スポーツ (2019年7月5日). 2021年3月14日閲覧。
  30. ^ ハム今季初5連勝! 新人鍵谷0封好救援”. デイリースポーツonline (2013年6月23日). 2013年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月11日閲覧。
  31. ^ 鍵谷投手は日ハム 七飯中卒、ドラフト3位指名”. 函館新聞 (2012年10月26日). 2014年2月11日閲覧。
  32. ^ 日本ハムのおもしろ“髪ラツ”企画 若手選手がヘアデザインのモデルに 今年はダレ?”. ZAKZAK (2015年2月27日). 2017年7月3日閲覧。
  33. ^ ファイターズスタイル”. カットハウスしばた. 2017年7月3日閲覧。
  34. ^ ハム3位鍵谷グラブは富良野ラベンダー色”. 日刊スポーツ (2013年1月14日). 2014年2月11日閲覧。
  35. ^ 鍵谷陽平への感謝の言葉 クレインズ存続のためにやってくれたこと”. 文春野球コラム (2019年7月3日). 2020年11月28日閲覧。
  36. ^ “巨人鍵谷が女優青谷優衣と結婚「温かい家庭を」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2020年1月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001210000263.html 2020年1月21日閲覧。 
  37. ^ Yohei Kagiya”. BASEBALL-REFERENCE.COM. 2014年11月26日閲覧。
  38. ^ 個人年度別成績 【鍵谷陽平 (読売ジャイアンツ)】”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年4月26日閲覧。
  39. ^ 2013年度 北海道日本ハムファイターズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年4月26日閲覧。
  40. ^ 2014年度 北海道日本ハムファイターズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年4月26日閲覧。
  41. ^ 2015年度 北海道日本ハムファイターズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年4月26日閲覧。
  42. ^ 2016年度 北海道日本ハムファイターズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年4月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]