森本龍弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森本 龍弥
北海道日本ハムファイターズ #124
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 (1994-06-12) 1994年6月12日(25歳)
身長
体重
185 cm
101 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2012年 ドラフト2位
初出場 2017年4月13日
年俸 430万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森本 龍弥(もりもと たつや、1994年6月12日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属する兵庫県尼崎市出身のプロ野球選手内野手育成選手)。右投右打。血液型O型

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年時から軟式野球を始めると、中学生時代は大阪の硬式野球チームに所属した[2]

中学校からの卒業後に、富山県高岡市高岡第一高校へ進学。在学中は春夏とも阪神甲子園球場の全国大会へ出場できなかったが、対外試合で通算33本塁打を記録した[2]

2012年のNPBドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから2巡目で指名[3]。契約金5,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で、支配下登録選手として入団した。同期入団は1巡目指名の大谷翔平で、入団当初の背番号は24

プロ入り後[編集]

2013年には、イースタン・リーグ公式戦94試合の出場で、1本塁打、14打点をマーク。最終規定打席に到達したが、打率は.130で、規定打席に到達した23選手で最も低かった。

2014年には、イースタン・リーグ公式戦103試合へ出場するとともに、前年に続いて最終規定打席へ到達。チームトップの8本塁打、打率.217、43打点を記録した。7月17日には、長崎ビッグNスタジアムで催されたフレッシュオールスターゲームに、同リーグ選抜の一員として途中から出場している[4]

2015年には、イースタン・リーグ公式戦83試合に出場。しかし、3年連続の最終規定打席到達には至らず、成績も打率.206、5本塁打、32打点と前年を軒並み下回った。さらに、シーズン終了後に参加したフェニックスリーグで右手関節の三角線維軟骨複合体損傷に見舞われたため、リーグ閉幕後の12月2日に損傷個所を縫合する手術を受けた[5]

2016年には、イースタン・リーグ公式戦36試合に出場。試合中の打席で自打球を顔面に当てて骨折するアクシデントに見舞われながら[6]も、打率.238、5本塁打、11打点という成績を残した。しかし、入団以来この年まで、一軍公式戦への出場機会がなかった。

2017年には、中田翔の故障による戦線離脱を受けて、4月13日の対福岡ソフトバンクホークス戦(札幌ドーム)に「8番・一塁手」として一軍公式戦にデビュー。2回裏に迎えた初打席で、リック・バンデンハークから初安打を記録した。以降も一軍公式戦4試合に出場したが、安打はこの1本だけで、打率は.111にとどまった。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では95試合の出場で、本塁打王の森山恵佑に次いでチーム2位の12本塁打を記録。3シーズン振りに最終規定打席へ到達したが、打率は.179で、最終規定打席に到達した24選手で最も低かった。

2018年には、公式戦開幕直前の3月20日に、左手有鈎骨の摘出手術を受けた[7]。手術後のレギュラーシーズンでは、イースタン・リーグ公式戦43試合の出場で、打率.228、4本塁打、11打点をマーク。一軍公式戦への出場機会がないまま、10月30日に球団から支配下登録契約の解除を通告された[8]が、11月20日育成選手として再契約。前述した手術の影響を考慮した措置で、背番号も124に変更した[9]。NPBの12球団で唯一、この年まで育成選手を所属させていなかった日本ハムにおいて、支配下登録契約から育成契約へ移行した現役選手は森本が初めてである。

2019年には、前年の育成ドラフト会議での1巡目指名を経て入団した海老原一佳と共に、1月30日付で日本ハムの育成選手としてNPBから公示された[10]

選手としての特徴・人物[編集]

高校時代に対外試合で通算33本塁打を記録したほどのパンチ力、手動計測ながら50メートル走で最速6秒0を記録したほどの俊足、遠投で100メートルまで投げられるほどの強肩を兼ね揃えた大型内野手[2]

高校入学時の体重は72kgであったが、打球を遠くに飛ばすために、体重を増やす事を決意。当初は苦痛であったが、体重を増やすうちに食事が好きになったことから、在学中の3年間で20kgもの増量に至った。ただし、前述したように、日本ハムへの入団後は大きな故障が相次いでいる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 日本ハム 5 10 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 3 1 .111 .200 .111 .311
NPB:1年 5 10 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 3 1 .111 .200 .111 .311
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 外野




































2017 日本ハム 3 16 1 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .--- 1 1 0 0 0 1.000
通算 3 16 1 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .--- 1 1 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 24 (2013年 - 2018年)
  • 124 (2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c 日本ハムドラ2の森本 大谷と双璧の至宝は“太れ、太れ”が合言葉だった”. スポニチ Sponichi Annex (2013年3月8日). 2013年3月8日閲覧。
  3. ^ 「2012年新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2012年10月25日). 2013年2月27日閲覧。
  4. ^ 2014年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. NPB日本野球機構 (2014年7月17日). 2018年12月22日閲覧。
  5. ^ 日ハム森本が右手手術 約1か月の患部固定後にリハビリ開始へ”. FullCount (2015年12月2日). 2018年12月22日閲覧。
  6. ^ 日本ハム森本プロ初安打 手首手術、顔面骨折を克服へ”. 日刊スポーツ (2017年4月13日). 2018年12月22日閲覧。
  7. ^ 森本選手手術終了のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2018年3月20日). 2018年12月22日閲覧。
  8. ^ 来季契約について”. 北海道日本ハムファイターズ (2018年10月28日). 2018年12月22日閲覧。
  9. ^ 森本龍弥選手と育成選手契約締結”. 北海道日本ハムファイターズ (2018年11月20日). 2018年12月22日閲覧。
  10. ^ 2019年度 北海道日本ハムファイターズ育成選手一覧NPB日本野球機構

関連項目[編集]

外部リンク[編集]