佐藤峻一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 峻一
室蘭シャークス #20
Dohto Satoh.JPG
道都大学時代
(2012年10月9日、明治神宮野球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道常呂郡置戸町
生年月日 (1991-01-08) 1991年1月8日(27歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト2位
初出場 2016年4月2日
最終出場 2016年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 峻一(さとう しゅんいち、1991年1月8日 - )は、北海道常呂郡置戸町出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

2013年から2016年までは、NPBオリックス・バファローズでプレー。2017年からは、社会人野球のクラブチームである室蘭シャークスに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生の時に置戸ジャガーズで野球を始める。中学校時代には、外野手を経て、2年生から投手に転向。3年生の時には、北見市の大会で優勝を経験している。

北見柏陽高校へ進学すると、1年夏からベンチ登録。当時から140km/h台のストレートを投げていたという。3年夏の全国高等学校野球選手権北北海道大会では、北見支部予選の初戦から、大会mの準々決勝で駒大岩見沢高校に敗れるまで無失点を続けていた[1]

高校卒業後に道都大学へ進むと、硬式野球部に所属。札幌学生野球リーグでは、1年春から主戦投手として活躍した。リーグ戦の通算成績は26勝4敗、防御率1.27。4年秋には、チーム38年振りの明治神宮野球大会出場に貢献した。

2012年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから2巡目で指名。契約金7,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は31。なお、この会議では、チームメイトの大累進内野手も、読売ジャイアンツから2巡目で指名。北海道内の高校・大学でのプレー経験がある道内出身選手では初めて、佐藤・大累ともNPB入りを果たした。

オリックス時代[編集]

2013年には、ウエスタン・リーグ公式戦11試合に登板。1勝1敗、防御率3.00という成績を残した。

2014年には、ウエスタン・リーグ公式戦4試合に登板。入団以来一軍公式戦への登板機会がないまま、シーズン終了後に、球団から支配下選手契約の解除を通告された。しかし、11月26日育成選手として再契約。背番号も123に変更した[2]

2015年には、ウエスタン・リーグ公式戦22試合に登板。1完投を含む5勝5敗、防御率4.46を記録した。シーズン終了後の12月12日には、支配下登録選手に復帰することや、背番号を13に変更することが球団から発表された[3]

2016年には、公式戦開幕直後の3月30日に、プロ入り後初の出場選手登録。4月2日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム大阪)に5番手投手として一軍デビューを果たしたことを皮切りに、一軍公式戦5試合へ救援で登板した。しかし、10月25日に球団から戦力外通告を受けた[4]12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[5]

オリックス退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していたことから、2016年11月12日には、阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加した[6]。しかし、NPB他球団からのオファーはなかった。

2017年からは、地元の北海道内にある新日鐵住金の関連会社へ勤務しながら、クラブチームの室蘭シャークスでプレーを続けている[7]

選手としての特徴[編集]

角度あるフォームから最速149km/hのストレートとスプリット[8]を軸にスライダー、カーブを交えるピッチングスタイルが特徴。

人物[編集]

北見柏陽高校1年生の時には、タレント菊地亜美(元アイドリング!!!)と同級生だった。ちなみに菊地は、東京で芸能活動を始めることに伴って、2年生の時に東京都日出高校へ転校している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 オリックス 5 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 46 7.1 18 1 6 0 1 6 0 0 13 11 13.50 3.27
通算:1年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 46 7.1 18 1 6 0 1 6 0 0 13 11 13.50 3.27

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (2013年 - 2014年)
  • 123 (2015年)
  • 13 (2016年)
  • 20 (2017年 - )

出典[編集]

  1. ^ 道都大 佐藤峻一投手がプロへ
  2. ^ 育成選手契約締結のお知らせ オリックス・バファローズオフィシャルウェブサイト (2014年11月26日) 2014年12月5日閲覧。
  3. ^ 佐藤峻一投手 支配下選手登録のお知らせ オリックス・バファローズオフィシャルウェブサイト (2015年12月2日) 2016年11月16日閲覧。
  4. ^ 戦力外通告のお知らせ オリックス・バファローズオフィシャルウェブサイト (2016年10月25日) 2016年11月16日閲覧。
  5. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  6. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  7. ^ 昨季Bs戦力外・佐藤、社会人・室蘭シャークス入団…149キロ道産子右腕”. スポーツ報知 (2017年1月7日). 2017年3月30日閲覧。
  8. ^ 道都大・佐藤峻一 極寒の中で磨かれたスプリット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]