小郷裕哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小郷 裕哉
東北楽天ゴールデンイーグルス #51
Y ogoh20190411.jpg
ロッテ浦和球場にて(2019年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1996-08-03) 1996年8月3日(23歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2018年 ドラフト7位
初出場 2019年5月19日
年俸 700万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小郷 裕哉(おごう ゆうや、1996年8月3日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する岡山県倉敷市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

倉敷市立庄小学校で野球を始め、倉敷市立庄中学校ではファイターズ岡山に所属した[1]

関西高校入学後、1年夏からレギュラーを掴み、1年秋にはセカンドに定着、秋季中国大会優勝に貢献した。第85回記念選抜高等学校野球大会では初戦の和田恋擁する高知高校に敗れた[2]。3年になると4番としてチームを引っ張り、夏の岡山大会決勝では頓宮裕真擁する岡山理大附高校を破り[3]第96回全国高等学校野球選手権大会出場を決めた。初戦の富山商業高校の森田駿哉(法政大―Honda鈴鹿)の前に小郷は2三振、チームも1―3と敗れた[4]。甲子園通算2試合、打率.125(8打数1安打)。高校通算28本塁打を誇り、プロ志望届を提出したが、指名漏れした[5]。野球部には1学年先輩に児山祐斗がいる。

立正大学進学後、3年春に1番ライトでレギュラーに定着。東都大学2部リーグ優勝、専修大学との入れ替え戦にも勝ち越し、15季ぶりの1部昇格に貢献した。初の1部リーグでのプレーとなった3年秋にはリーグ2位となる打率.347を記録し、ベストナインに輝いた。4年秋には伊藤裕季也とクリーンアップを組み、打率.293、2本5打点6盗塁の成績を残し、2度目のベストナインに輝き、18季ぶりの1部リーグ優勝に貢献。第49回明治神宮野球大会では決勝の環太平洋大学戦の2点ビハインドの8回に小郷がタイムリーを放ち1点差とし、伊藤の2ランホームランで逆転。そのまま全国制覇を果たした[6]。1部リーグ通算35試合、打率.308(133打数41安打)5本15打点16盗塁。

2018年ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから7巡目で指名。契約金2,700万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団[7]。背番号は51

選手としての特徴[編集]

  • 50メートル5.8秒の俊足を誇り、パンチ力も秘める走攻守三拍子揃った外野手[5]

人物[編集]

  • 東海大学在学中の賢人は2歳年下の実弟。裕哉と同じ関西高校に進学し、東海大学に入学した。18年夏に行われた日米大学野球選手権大会の日本代表選考合宿では紅白戦で兄弟対決が実現した[8]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 51 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]