杉谷拳士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
杉谷 拳士
Kenshi Sugiya DSC01577.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
生年月日 (1991-02-04) 1991年2月4日(31歳)
身長
体重
173 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 2008年 ドラフト6位
初出場 NPB / 2011年6月29日
ABL / 2017年12月29日
最終出場 ABL / 2018年1月20日
NPB / 2022年10月2日[注 1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
派遣歴

杉谷 拳士(すぎや けんし、1991年2月4日 - )は、東京都練馬区出身の元プロ野球選手外野手内野手)。右投両打。

父は元プロボクサー杉谷満、伯父も元プロボクサーの杉谷実

令和におけるNPB初の左右打席本塁打達成者。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

練馬区立大泉第三小学校時代はツバメ野球部でプレーし、練馬区立大泉西中学校時代は東練馬シニアでプレーしていた。

杉谷の一歳上の兄・翔貴も進学していた帝京高校で1年生からセンスを買われ正遊撃手を任され、甲子園には春夏通算で3度出場した。2006年夏の第88回選手権大会では準々決勝・智弁和歌山高校戦の大逆転した直後の9回裏に監督の前田三夫から度胸を買われ投手として緊急登板もしているが、先頭打者に死球を与えてしまいわずか1球で降板となり、結果的に敗戦投手となった(詳細は『第88回全国高等学校野球選手権大会智辯和歌山対帝京』を参照)。2007年夏には外野のレギュラーに昇格した兄の翔貴と共に連続出場し、前年と同じベスト8に進出。2年時の秋からは主将に就任し、スイッチヒッターへ転向した。東東京大会では優勝した関東一高に敗れ、3年時の甲子園出場はなかった。高校通算25本塁打。帝京高校では、1学年上に中村晃大田阿斗里、1学年下に原口文仁、2学年下には山﨑康晃がいた。

高校卒業後の進路は社会人野球に決まっていたが、プロを諦めきれず日本ハムの入団テストを受け合格[2]、2008年のドラフト会議北海道日本ハムファイターズから6位で指名され、11月11日に契約金1000万円、年俸450万円で仮契約した(金額は推定)。なお、同ドラフト会議では帝京高校の同級生、髙島祥平中日ドラゴンズに4位で指名されている。背番号は61。

日本ハム時代[編集]

2010年9月18日、横須賀スタジアムにて

2010年(2年目)にイースタン・リーグで133安打を打ち、1998年高梨利洋ヤクルトスワローズ)が打ち立てた同リーグのシーズン安打記録を12年ぶりに更新した[3]2018年松原聖弥が134安打で更新)。

2011年6月29日に一軍初出場、7月21日のフレッシュオールスターゲームで優秀選手賞を受賞している。

2012年6月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に途中出場し、川井貴志からプロ入り初本塁打、この杉谷の本塁打はその試合におけるチーム唯一の安打でもあった[4]。同年8月8日の福岡ソフトバンクホークス戦には同点で迎えた9回裏二死一・二塁に代打で出場し、森福允彦から左中間を割るサヨナラ適時二塁打を打った。このシーズンは、終盤に離脱した田中賢介に代わって、二塁で西川遥輝と併用され、主に相手の先発が左のときに出場し58試合で打率.235、2本塁打12打点。

2013年は、一軍と二軍を往復することになり、55試合で打率.199に終わった。

2014年は、87試合に出場したが打率は.203だった。

2015年は、序盤から主力の陽岱鋼がケガで離脱し、陽の穴を埋めるように中堅・右翼を中心に先発出場する機会を増やした。交流戦終了時点で規定打席未到達ながら打率.322、盗塁6、最終的に規定打席に満たなかったが、自己キャリアハイの打率.295を記録した。

2016年より背番号が「61」から「2」へと変更された[5]。同年4月10日の楽天戦で右手患部を痛め途中交代、右手有鈎骨骨折と診断され、手術を受けることとなった[6]。約2か月間離脱し、シーズン終了時に翌シーズンはケガをしないことと、二塁手のポジションを田中賢介から勝ち取ることを宣言した[7]

2017年は35試合の出場に終わり、契約更改時には「恒例の爆笑会見を封印」となった[8]。オフにはオーストラリアン・ベースボールリーグブリスベン・バンディッツに参加し、武者修行に励んだ[9]

2018年は前年を上回る70試合に出場。打率は.231に留まるも岸孝之からの先頭打者本塁打を含む3本を打ち自身のシーズン最多本塁打を更新。守備でも堅実なプレーを見せたことから年俸アップを勝ち取り、年俸は自身最高額を記録した(このことから、恒例の爆笑会見も復活している)。オフにはオーストラリアで前年参加したブリスベンに合流し、リーグ戦には出場せずに自主トレーニングを実施し、2年連続でオーストラリアで年を越した[10]。ブリスベンでは女子プロ野球選手の山崎まりとも合同トレーニングを行った[11]

2019年5月23日の楽天戦(札幌ドーム)で2018年の田中和基(楽天)以来、史上19人目、42度目の左右両打席本塁打を達成した。ヒーローインタビューでは、かつてファイターズでもプレーをして、NPBで計9度の左右両打席本塁打を達成しているフェルナンド・セギノールにちなみ、「これからは『スギノール』として頑張ります!」と話した[12]。また、快挙にもかかわらず、2打席ともベンチへ戻るとハイタッチがなかった。「サイレント、サイレントでただの無視じゃないかな、と思います」と、サイレントトリートメントならぬ、サイレント無視でチームメイトから冷たい祝福を受けた[13]。この年のオフも自主トレーニング先のオーストラリア・ブリスベンで年を越した[14]。自主トレーニングの休養日には地元の少年少女を対象とした野球教室も実施している[15]

2020年、同年初の先発出場となった6月27日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)では第2打席でソロ本塁打を打ち、3年連続となる本塁打を記録した[16]。9月に海外FA権を取得したが[17]、権利を行使せずに残留することを決め、500万円増となる推定年俸3500万円で契約を更改した[18]

2021年は54試合の出場で打率.117、2本塁打、9打点に終わった[19]。オフの11月2日、700万円減となる推定年俸2800万円で契約を更改した[20]。成績が低迷したことから、オフに監督に就任した新庄剛志から、バラエティー番組への出演禁止を言い渡され、杉谷本人もこの方針を受け入れることを明らかにした[21][22]

2022年は51試合に出場し打率.165、3打点、本塁打なしに終わった。

現役引退[編集]

2022年シーズン終了後に引退を決断。10月28日に球団事務所で記者会見を行った。しかし、あくまで引退会見ではなく「前進会見」として、引退後の第二の人生への決意を前向きに語った[23][24]。記者会見後にはサプライズで登場した栗山英樹から花束を贈呈された。杉谷はここで感極まって涙を流した[25]

杉谷の引退試合は11月5日の日本代表強化試合(東京ドーム)という異例なものとなった。試合前練習には鈴木あずさによるアナウンスがサプライズで行われた。杉谷は7回一死ランナー一塁の場面で代打で出場し、ライトフライに倒れた[1]。試合後に両軍選手による5度の胴上げを受けた。また、登場曲「ワンダフルデイズ」が球場内で流れた。

現役引退後[編集]

現役引退後は、国内外のスポーツマネジメントに関する会社を起業する意向を示している[26]

選手としての特徴[編集]

遠投110メートル、50メートル走5秒9[27]

高校時代に右打ちから両打ちに変更した[28]

内外野すべてのポジションを守れるユーティリティープレイヤーである。そのため、代打・代走からそのまま守備に入ることが多い[29]。守備固め、代打・代走要員としての起用が多いが、スタメン起用もしばしばある。

人物[編集]

家族・交友関係[編集]

父の杉谷満は元プロボクサーで日本フェザー級王者、伯父の杉谷実も元プロボクサーで日本ジュニアウェルター級王者、と兄弟で日本王者となった。自身も父や伯父が引退後にトレーナーをしていたボクシングジムに通いトレーニングをしていた時期があった[30]。そのジムの会長はWBA世界ジュニアフライ級王座13度防衛記録を持つ具志堅用高であり、その具志堅からスカウトを受けたこともあった。2018年6月27日の沖縄での試合で具志堅が始球式に登場し、17年ぶり再会を果たした[31]

2017年10月に結婚したことを発表したが[32]、2020年1月に離婚していたことを発表した[33]

1年先輩だった中田翔(現 読売ジャイアンツ)の「世話役」として、主に中田からのいじられ役として取り上げられることが多かった[34][35]。自身のSNS上で、中田との写真を公開するなどお互いに気心の知れた関係である[36]

性格[編集]

非常に明るい性格であり、日本ハムのOBで野球解説者岩本勉から「うるさ杉谷」と呼ばれるほどのいじられキャラでもある。また後述のように、野球のプレー以外にも注目されることが多く、日本ハムファンだけでなく野球ファン全体から愛された選手だった[37]

理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が球団とコラボレーションして、毎年の最新ヘアデザインのモデルを若手選手の中よりファン投票で選出している企画「ファイターズスタイル」の2011年度モデルに選ばれた[38][39]

2011年の春季キャンプ中には、『報道ステーション』(テレビ朝日)内スポーツコーナーの特集企画「規格外」にて、大声を上げて打つという点を当時キャスターの栗山英樹に取り上げられた。2011年まで日本ハムに在籍したダルビッシュ有には、まだ「すぎや」は早いということで「すぎたに」と呼ばれていた。

2012年の年末、元チームメイトの木田優夫が『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』の生放送に出演する当日に木田の元を訪ね、出演依頼があったわけではないがフジテレビ内まで同行した[40]

エピソード[編集]

鈴木あずさによるイジリアナウンス[編集]

埼玉西武ライオンズでウグイス嬢を務めている鈴木あずさからの「イジリアナウンス」が有名[41]。イジリアナウンスを行うようになったきっかけは、杉谷が自身の地元に近い西武ドーム(現 ベルーナドーム)に知り合いを呼ぶことが多く、打撃練習をしている姿をアナウンスして欲しいとリクエストしたことである[42]。イジリの部分は鈴木がアドリブでつけるようになり、これが評判を呼び西武ドームでの名物となった。イジリアナウンスは、2014年シーズンの最終戦から杉谷が引退する2022年11月5日の侍ジャパン壮行試合(東京ドーム)まで行われた[43]

リアル野球BAN[編集]

2015年より、『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』内の1コーナー「リアル野球BAN」に、帝京高校の先輩でもあるとんねるず石橋貴明率いる石橋JAPANの一員として参加している。当該番組での活躍などから芸能事務所からのオファーも殺到しているが、本人は「体が動く限りは野球に専念したい」と語っている[44]

石橋からは大変気に入られており、2020年より開始した石橋のYouTubeチャンネルでは「今週の杉谷」という杉谷の活躍をもとに野球を語るコーナーが設けられている[45][46]

しかし、2022年に日本ハム監督に就任した新庄剛志(同年の登録名「BIG BOSS」)から杉谷に対しバラエティー番組出演を禁じられた[47]。同年限りで現役を引退すると、同年11月に放送された北海道テレビ放送の朝の情報番組「イチモニ!」に生出演し「石橋さんから『リアル野球BAN(への出場を)どうするんだ』といわれ、『今年は行かせてください』と答えた。引退後最初に決めた仕事。1月には素敵な姿を見せられるように頑張りたい」と出演を宣言、同年12月収録・2023年1月放送に復帰を果たした[48]

君が代熱唱[編集]

2020年には試合前に行われる国歌吹奏の際に君が代を熱唱する姿がインターネットを中心に注目される[49]。熱唱に至ったきっかけは、オフシーズンの自主トレを過ごすオーストラリアにて現地の選手全員が国歌を歌うのに対し日本の選手は歌わないことに気付き、帰国後同じように国歌を歌わなくなってしまった自身を正すためであった。またことを起こす際に、コーチ留学として渡米経験のある矢野謙次金子誠ら当時の日本ハムコーチ陣の助言が背中を後押ししたという[50]

きつねダンス[編集]

2022年から、日本ハムのイニング間パフォーマンスとして取り入れられたきつねダンスが人気を集めていた。そんな中、同年6月10日に杉谷がキツネダンスを踊る動画がYouTubeのファイターズ公式チャンネルに投稿された[51]。この動画が話題を呼び、7月27日の時点で300万回を突破した[52]。11月6日現在では413万回再生されている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 日本ハム 50 110 92 9 17 3 1 0 22 7 7 3 11 0 5 0 2 21 1 .185 .242 .239 .482
2012 58 133 115 11 27 3 1 2 38 12 4 2 8 2 7 0 1 18 1 .235 .280 .330 .610
2013 55 165 141 11 28 5 1 0 35 8 0 1 11 0 12 0 1 24 2 .199 .266 .248 .514
2014 87 146 123 21 25 4 2 2 39 9 11 1 11 0 8 0 4 19 1 .203 .274 .317 .591
2015 84 192 166 25 49 5 2 1 61 12 8 7 9 1 9 0 7 28 1 .295 .355 .367 .723
2016 62 138 104 11 25 5 1 0 32 9 4 2 23 0 11 1 0 23 1 .240 .313 .308 .621
2017 35 85 75 5 11 2 1 0 15 3 1 0 5 0 5 0 0 20 1 .147 .200 .200 .400
2018 70 130 104 17 24 4 0 3 37 9 4 2 6 2 12 0 6 20 2 .231 .339 .356 .694
2019 83 157 134 15 28 4 1 4 46 12 5 1 6 1 13 1 3 36 2 .209 .291 .343 .635
2020 88 161 131 28 29 8 1 2 45 11 4 1 14 0 12 0 4 32 2 .221 .306 .344 .650
2021 54 93 77 10 9 2 1 2 19 9 2 2 2 0 10 0 4 27 2 .117 .253 .247 .500
2022 51 109 97 9 16 2 0 0 18 3 0 0 4 0 8 0 0 21 0 .165 .229 .186 .414
通算:12年 777 1619 1359 172 288 47 12 16 407 104 50 22 110 6 112 2 32 289 16 .212 .286 .299 .586

年度別守備成績[編集]

内野守備


一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2011 日本ハム - 16 23 28 1 5 .981 - -
2012 - 5 15 13 0 5 1.000 6 2 7 0 0 1.000 1 1 2 1 0 .750
2013 3 28 1 0 4 1.000 10 15 13 0 1 1.000 1 1 1 1 0 .667 -
2015 - 18 18 28 1 1 .979 5 0 0 0 0 ---- -
2016 1 12 3 0 2 1.000 5 1 2 0 0 1.000 - -
2017 - 14 22 19 3 3 .932 2 2 1 0 0 1.000 -
2018 2 3 0 0 0 1.000 21 30 29 2 1 .967 3 1 2 0 1 1.000 -
2019 14 53 2 1 1 .982 8 5 15 0 1 1.000 12 4 10 2 0 .875 -
2020 11 11 4 0 2 1.000 9 11 4 1 0 .938 1 0 0 0 0 ---- -
2021 7 32 0 0 3 1.000 12 14 27 1 4 .976 - -
2022 8 39 2 0 1 1.000 20 19 35 1 10 .982 - -
通算 46 178 12 1 13 .995 138 173 213 10 27 .975 30 10 21 3 1 .912 1 1 2 1 0 .750
外野守備


外野












2011 日本ハム 20 24 0 0 0 1.000
2012 29 31 1 0 0 1.000
2013 33 57 2 0 0 1.000
2014 69 60 1 2 0 .968
2015 68 76 1 1 1 .987
2016 52 56 2 1 0 .983
2017 14 15 0 0 0 1.000
2018 38 31 1 0 0 1.000
2019 36 30 0 0 0 1.000
2020 49 53 0 2 0 .964
2021 24 14 0 0 0 1.000
2022 14 9 0 0 0 1.000
通算 446 456 8 6 1 .987

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 左右打席本塁打:2019年5月23日、対東北楽天ゴールデンイーグルス12回戦(札幌ドーム) ※史上19人目、42度目
  日付 対戦球団 球場 打席 相手投手 打席 相手投手
1 2019年5月23日 楽天12回戦 札幌ドーム 5回裏 辛島航 6回裏 今野龍太

背番号[編集]

  • 61(2009年 - 2015年)
  • 2(2016年 - 2022年)

登場曲[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

特別番組

ゲスト出演

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ NPB公式戦ではないが、2022年11月5日の侍ジャパン強化試合(日本代表対日本ハム)に出場し、これが引退試合となった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 引退の杉谷拳士、打席直前に地上波終了も「僕らしい」 万感号泣は「ダサかった」”. Full-Count (2022年11月5日). 2022年11月6日閲覧。
  2. ^ 週刊ベースボール2013年11月11日号 P48
  3. ^ ハム杉谷、イースタン最多安打記録を更新”. スポーツニッポン (2010年9月19日). 2010年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月4日閲覧。
  4. ^ 杉谷、プロ1号!両親の前で「めっちゃうれしい」”. スポニチ Sponichi Annex (2012年6月27日). 2018年3月4日閲覧。
  5. ^ 背番号変更、決定のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト (2015年11月15日). 2021年6月28日閲覧。
  6. ^ 日本ハム杉谷骨折判明手術へ「必ずはい上がります」”. 日刊スポーツ (2016年4月4日). 2018年3月4日閲覧。
  7. ^ 日ハム杉谷が“健康の誓い”…今季は骨折中に「呪いの館」でフェイスパック!?”. Full-Count (2016年12月3日). 2018年3月4日閲覧。
  8. ^ 「ずっと中途半端なまま…」ハム杉谷がかける10年目への思いと“原点回帰””. Full-Count (2017年12月5日). 2018年3月4日閲覧。
  9. ^ “豪州WL参戦中のハム“kenny”杉谷「海外で初めて◯◯してみたシリーズ」公開”. Full-Count. (2018年1月8日). https://full-count.jp/2018/01/08/post101287/ 2020年1月30日閲覧。 
  10. ^ “ハム杉谷が豪州自主トレ打ち上げを報告 レギュラー奪取へ「I’m ready all set」”. Full-Count. (2019年1月15日). https://full-count.jp/2019/01/15/post281001/ 2020年1月30日閲覧。 
  11. ^ “杉谷拳士・山崎まり両選手 “豪”同自主トレ潜入”. NICHIGO PRESS. (2019年1月22日). https://nichigopress.jp/interview/celebrity_interview/177030/ 2020年1月30日閲覧。 
  12. ^ 「スギノールと呼んで」日ハム杉谷、左右両打席で2打席連発! 史上19人目快挙”. Full-Count (2019年5月23日). 2021年6月28日閲覧。
  13. ^ 日本ハム杉谷「スギノール」左右連発も無視された?” (日本語). 日刊スポーツ (2019年5月23日). 2019年5月23日閲覧。
  14. ^ “ハム杉谷、豪州「野生化計画」自主トレスタート! 初日ゲリラ豪雨も「そんなの関係ねぇ」”. Full-Count. (2019年12月27日). https://full-count.jp/2019/12/27/post646812/ 2020年1月30日閲覧。 
  15. ^ “日本ハム杉谷、豪州での野球教室開催をファン称賛 「日豪の架け橋、すごいです」”. Full-Count. (2020年1月13日). https://full-count.jp/2020/01/13/post659871/ 2020年1月30日閲覧。 
  16. ^ “「副業なのに…」杉谷拳士の今季1号にファン歓喜 「スギノール」がトレンド入り”. Full-Count. (2020年6月27日). https://full-count.jp/2020/06/27/post814575/ 2020年6月28日閲覧。 
  17. ^ 栗山監督「海外合う」杉谷の海外FA権取得に笑顔”. 日刊スポーツ (2020年9月10日). 2022年1月3日閲覧。
  18. ^ 日本ハム杉谷「Hey、Yo」ラッパー助っ人に対抗”. 日刊スポーツ (2020年11月30日). 2022年1月3日閲覧。
  19. ^ 日本ハム杉谷「ワクワクしている」 新庄新監督就任に”. デイリースポーツ (2021年11月2日). 2021年12月3日閲覧。
  20. ^ 日本ハム杉谷拳士FA権行使せず残留「大減俸で厳しいので炊飯釜欲しい」”. 日刊スポーツ (2021年11月2日). 2022年1月3日閲覧。
  21. ^ 「地上波で日ハムと巨人の試合を」新庄剛志ビッグボス新たな“珍”野望次々”. 日刊スポーツ (2021年12月8日). 2021年12月3日閲覧。
  22. ^ 日本ハム・杉谷 オフのバラエティー番組出演自粛、新庄監督から禁止令”. スポーツニッポン (2021年12月7日). 2021年12月8日閲覧。
  23. ^ ありがとう杉谷拳士「涙の前進会見」, https://www.youtube.com/watch?v=D5GRZZcsl28 2022年11月6日閲覧。 
  24. ^ 杉谷拳士選手が“前進”会見|北海道日本ハムファイターズ”. 北海道日本ハムファイターズ オフィシャルサイト. 2022年11月6日閲覧。
  25. ^ 杉谷拳士が超前向き「前進会見」で涙を見せたワケ “2人の父”と歩んだ野球人生”. Full-Count (2022年10月29日). 2022年11月6日閲覧。
  26. ^ 日本ハム杉谷 引退後は起業、斎藤佑樹氏にも相談 社名は株式会社杉谷拳士?に…(スポニチアネックス)”. Yahoo!ニュース. 2022年11月6日閲覧。
  27. ^ 正月恒例「リアル野球BAN」で大活躍! 日本ハム・杉谷の球歴とは?”. BASEBALL KING (2016年1月14日). 2021年6月28日閲覧。
  28. ^ 左右両打席弾&連続「無視」…ハム杉谷、高校では左打ち初挑戦でサイクルの伝説も”. Full-Count (2019年5月24日). 2021年6月28日閲覧。
  29. ^ 「獲るつもりのなかった選手」杉谷拳士が栗山監督に言わせたいひと言”. web Sportiva (2019年3月26日). 2021年6月28日閲覧。
  30. ^ 【斉藤こずゑのファイターズじゃないと♡】杉谷拳士選手”. 財界さっぽろ (2015年8月14日). 2017年2月6日閲覧。
  31. ^ “日本ハム・杉谷 具志堅氏との浅からぬ縁、17年ぶり再会そして恩返しを”. Sponichi Annex. (2018年7月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/19/kiji/20180719s00001173109000c.html 2020年7月11日閲覧。 
  32. ^ 日本ハム杉谷が結婚発表「幸せな家庭築きたい」”. 日刊スポーツ (2017年10月24日). 2022年1月3日閲覧。
  33. ^ “日本ハム杉谷が離婚していた「野球だけに集中する」”. 日刊スポーツ. (2020年1月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001290000799.html 2020年1月30日閲覧。 
  34. ^ ハム杉谷 中田の30打点分は自分の貢献”. デイリースポーツ (2014年12月4日). 2021年6月28日閲覧。
  35. ^ 日本ハムの杉谷拳士が先輩である中田翔を番組で挑発「かわいがってやる」”. livedoor NEWS (2015年1月3日). 2021年6月28日閲覧。
  36. ^ 中田翔「超後輩想い」、杉谷拳士の身だしなみを整える”. CYCLE (2015年12月7日). 2021年6月28日閲覧。
  37. ^ キメ顔、巧みな話術…“エンターテイナー”日本ハム杉谷 活躍がチームの活性化導く - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年11月6日閲覧。
  38. ^ 日本ハムのおもしろ“髪ラツ”企画 若手選手がヘアデザインのモデルに 今年はダレ?”. ZAKZAK (2015年2月27日). 2017年7月3日閲覧。
  39. ^ ファイターズスタイル”. カットハウスしばた. 2021年6月28日閲覧。
  40. ^ 何故か”. 木田優夫オフィシャルブログ『DAKY42』 (2012年12月24日). 2021年6月28日閲覧。
  41. ^ 日本ハム杉谷の柵越えと熱中症注意と場内アナウンス”. 日刊スポーツ (2015年7月26日). 2021年6月28日閲覧。
  42. ^ なぜ日ハム杉谷を「口撃」? 西武ウグイス嬢が明かす特別アナウンスの真意”. Full-Count (2015年8月14日). 2021年6月28日閲覧。
  43. ^ 杉谷拳士に“惜別イジリ” 西武ウグイス嬢が異例の登場「人気は侍ジャパン越え」” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年11月5日). 2022年11月6日閲覧。
  44. ^ 日本ハム杉谷に芸能事務所オファー、野球BAN活躍”. 日刊スポーツ (2019年12月7日). 2021年6月28日閲覧。
  45. ^ “石橋貴明、“みなさんスタッフ”とYouTubeチャンネル開設! 「ノリでなんでもやっちゃう番組」を“木曜21時”に毎週配信”. ねとらぼ. (2020年6月20日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2006/20/news028.html 2020年6月28日閲覧。 
  46. ^ “とんねるず石橋貴明“今週の杉谷”開始”. ナリクリ. (2020年6月27日). https://clip.narinari.com/2020/06/25/2531/ 2020年6月28日閲覧。 
  47. ^ 野球BAN欠場の裏にビッグボスの激熱メール…杉谷拳士が思い激白「まず自分を笑顔に」(フルカウント)
  48. ^ 杉谷拳士氏「リアル野球BAN」2年ぶり復帰を生公表「引退後、最初に決めた仕事」12月に収録(日刊スポーツ)
  49. ^ “日ハム杉谷が「悲しそうな顔」 独りぼっちの国歌熱唱にファン爆笑”. Full-Count. (2020年8月26日). https://full-count.jp/2020/08/26/post875808/ 2020年9月6日閲覧。 
  50. ^ “継続は力なり― 日本ハム・杉谷拳士の歌声が生み出した変化”. 報知新聞社. (2020年9月5日). https://hochi.news/articles/20200905-OHT1T50106.html?page=1 2020年11月15日閲覧。 
  51. ^ 杉谷拳士のきつねダンスが「神がかってる」 中毒性増す“怪アレンジ”で300万再生目前” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年7月5日). 2022年11月6日閲覧。
  52. ^ <デジタル発>人気沸騰「きつねダンス」、その誕生秘話 あなたも一緒に踊りませんか?”. 北海道新聞 (2022年7月27日). 2022年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]