谷内亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
谷内 亮太
東京ヤクルトスワローズ #46
Yachi ryota.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市
生年月日 (1991-02-03) 1991年2月3日(27歳)
身長
体重
177 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2012年 ドラフト6位
初出場 2013年8月28日
年俸 1,050万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

谷内 亮太(やち りょうた、1991年2月3日 - )は、石川県金沢市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。現在は東京ヤクルトスワローズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

金沢西高時代は、遊撃手兼控え投手として活躍。2年時までプロどころか大学野球でプレーすることすら考えていなかったが、主将となり挑んだ3年時春の石川大会で初優勝を達成したことが自信に繋がったと語っている[2]。夏は、全国高等学校野球選手権石川大会準決勝で金沢高に1-3で敗れた。甲子園出場経験はなし。

2010年11月14日、明治神宮野球場にて

國學院大學に進学すると東都大学野球連盟に所属する野球部に入部。1年時の秋から三塁手のレギュラーとなり、2年時の秋には同校野球部創部80年目での初優勝を経験した。第41回明治神宮野球大会では、同年のドラフト会議で指名を受けていた九州産業大学榎下陽大から3安打を放つ。これが自信となり、プロ入りを目指すきっかけとなったと語っている[2]。その後、自らの希望で遊撃手へとコンバートされた[2]。3年時の春は、前季の優勝から一転しチームが最下位に低迷。さらに入替戦を落とし、2部降格となってしまった。4年時からは主将となり、春は2部で優勝し自身はMVPに選出された。さらに入替戦を制し、3季ぶりに1部に昇格。秋は1部で遊撃手としてベストナインに選出された[3]

2012年10月25日、プロ野球ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けた[4]

プロ入り後[編集]

2015年6月25日に、「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」の出場予定選手の変更が発表されNPB選抜に代表入りした[5]。レギュラーシーズンでの出場は4試合に留まった[6]

2016年4月19日の阪神タイガース戦で藤浪晋太郎から左手首付近に死球を受けて骨折し、手術を受けた[7]。8月7日に一軍登録される。

選手としての特徴・人物[編集]

50m走6秒3の足と、堅実な守備に定評がある[3]

真面目な性格で、高校時代の監督やスカウト陣からは、練習も手を抜かない努力家と評されている[8]

憧れであり、目標とする選手は宮本慎也[2]

対戦したい選手には、同じ石川県出身で大学の1学年先輩である高木京介を挙げている。高校時代にも1度対戦したが、ノーヒットに終わっている[2]

中学、高校、大学とキャプテンを務めており、特に大学でキャプテンを務めたことで周りを見てプレー出来るようになったと語っている[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 ヤクルト 6 23 21 0 4 0 0 0 4 1 0 0 1 0 1 1 0 3 1 .190 .227 .190 .418
2014 43 99 89 6 17 4 0 1 24 16 0 1 2 3 4 0 1 14 1 .191 .227 .270 .496
2015 4 6 6 1 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .667 1.167
2016 23 80 70 10 21 5 0 1 29 6 0 0 2 0 7 0 1 14 2 .300 .372 .414 .786
2017 42 104 91 6 18 2 0 0 20 7 0 0 4 0 9 0 0 19 3 .198 .270 .220 .490
NPB:5年 118 312 277 23 63 12 0 2 81 30 0 1 9 3 21 1 2 51 7 .227 .284 .292 .576
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

内野守備


一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2013 ヤクルト - - - 6 4 14 1 0 .947
2014 - - - 43 51 73 4 16 .969
2015 - - - 2 4 5 0 3 1.000
2016 1 3 1 0 1 1.000 9 30 31 4 3 .938 4 3 1 2 0 .667 9 12 19 1 3 .969
2017 - - 37 22 52 0 4 1.000 4 5 7 0 2 1.000
NPB:5年 1 3 1 0 1 1.000 9 30 31 4 3 .938 41 25 53 2 4 .975 64 76 118 6 24 .970
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 東京ヤクルト6位・谷内亮太「プロに導いた2度の転機」 ~ルーキーたちの軌跡No.1~”. SPORTS COMMUNICATIONS (2012年11月28日). 2013年2月11日閲覧。
  3. ^ a b 金沢西高出身・谷内投手、ヤクルトが6位指名 石川”. asahi.com (2012年10月26日). 2013年2月11日閲覧。
  4. ^ プロ野球ドラフト会議!”. 東京ヤクルトスワローズ (2012年10月25日). 2013年2月11日閲覧。
  5. ^ ユニバーシアード 日本代表壮行試合 NPB選抜チーム出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年6月25日) 2015年6月26日閲覧
  6. ^ ヤクルト・谷内 今季4試合のみ…4年目は「1年間1軍で」スポニチアネックス 2015年12月1日掲載
  7. ^ ヤクルト谷内が左腕手術 19日死球で全治3カ月日刊スポーツ 2016年4月28日掲載
  8. ^ ヤクルトが谷内6位指名 ドラフト会議、金沢西高OB初”. 北國新聞 (2012年10月26日). 2013年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]