玉井大翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
玉井 大翔
北海道日本ハムファイターズ #54
Tamai-54.jpg
2018年3月14日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道常呂郡佐呂間町
生年月日 (1992-06-16) 1992年6月16日(26歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト8位
初出場 2017年5月28日
年俸 1,100万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

玉井 大翔(たまい たいしょう、1992年6月16日 - )は、北海道常呂郡佐呂間町出身のプロ野球選手投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年の時に地元の佐呂間町の少年野球チームで野球を始めた。高校は地元を離れ旭川実業高等学校に進学(同級生に読売ジャイアンツ育成成瀬功亮がいた)。3年時に夏の甲子園に出場したものの、登板機会はなかった。高校卒業後、東京農業大学生物産業学部(北海道網走市)へ進学する。

大学進学後は1年春から北海道学生野球連盟の公式戦に出場した。同級生に東京ヤクルトスワローズ風張蓮が、1学年後輩にチームメイトとなる井口和朋が、福岡ソフトバンクホークス育成・樋越優一がいた。1年時の春季リーグ開幕戦の対北海道教育大学函館校戦でリーグ史上7人目、開幕戦では史上初のノーヒットノーラン(1四球、12奪三振)を達成。北海道六大学リーグでは1年春に最優秀投手賞・ベストナイン、2年・3年・4年秋に最高殊勲選手、3年・4年春に優秀投手賞。全日本大学野球選手権大会に2度、明治神宮野球大会に1度出場、全国大会通算で6試合に登板(先発2試合・リリーフ4試合)し1勝を挙げ、防御率2.93という成績を残した。大学時代もプロから注目されていたが、プロ志望届は提出しなかった。

大学卒業後、社会人野球の新日鐵住金かずさマジックに入社(所属は君津共同火力)。1年目はリリーフとして活躍し、のちに再びチームメイトとなる加藤貴之と共に日本選手権大会出場に貢献した。加藤が抜けた2年目は主に先発を務め、第87回都市対抗野球大会に出場したものの制球力に苦しんで活躍できなかった。

2016年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから8位指名を受け、入団。背番号は54に決まった。

プロ入り後[編集]

2017年、開幕を二軍で迎えたが、イースタンリーグでは主に先発要員として11試合に登板した時点で1勝を挙げるとともに、防御率1.62と好調だった。5月27日に初めて出場選手登録され[2]5月28日の対福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初登板を果たす。6月2日阪神タイガース戦では、1イニングを無失点に抑えると、その後松本剛の適時二塁打でチームが逆転したため、プロ初勝利を挙げた[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 日本ハム 24 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 99 24.1 17 2 7 0 3 12 0 0 8 7 2.59 0.99
通算:1年 24 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 99 24.1 17 2 7 0 3 12 0 0 8 7 2.59 0.99
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 54 (2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年5月19日閲覧。
  2. ^ 出場選手登録および登録抹消NPB.jp 日本野球機構
  3. ^ 日本ハム 9回に逆転!新人・玉井がプロ初勝利 阪神はドリスが誤算 スポニチアネックス 2017年6月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]