堀瑞輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀 瑞輝
北海道日本ハムファイターズ #34
Mizuki Hori Fighters 20220915.jpg
2022年9月15日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1998-05-10) 1998年5月10日(24歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年8月9日
年俸 5500万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

堀 瑞輝(ほり みずき、1998年5月10日 - )は、広島県呉市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生の時に軟式野球を始め、呉市立昭和中学校で軟式野球部で投手兼外野手としてプレー[2]広島新庄高校では1年生の夏からベンチ入りし、2年生の夏に、チーム初の甲子園に出場する。3年生の夏にも甲子園で登板する[3]。3年生の秋には、第11回 BFA U-18アジア選手権大会で日本代表のエースとして、チームは優勝する[4]いわて国体ではストレートで自己最速の150km/hを記録した[3]

2016年のNPBドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズが1位指名し契約金7000万円、年俸750万円(金額は推定)で入団した[5]。背番号は34[6]

日本ハム時代[編集]

2017年は8月9日に初めて一軍へ昇格すると同日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初登板を果たし、1回を三者凡退に抑えた[7]。その後シーズン終盤の先発デビューを見据え[8]、同18日に登録抹消[9]。二軍での先発調整を経て、9月29日の楽天戦でプロ初先発し[10]、この試合はNPBの一軍公式戦では28年ぶり、パ・リーグでは33年ぶりとなる高卒新人投手による先発対決となった[11]。結果は5回1失点と好投したものの、打線の援護が無くプロ初黒星を喫した[12]。ルーキーイヤーは4試合(1先発)の一軍登板で0勝1敗・防御率3.38を記録。シーズン終了後に東京ドームで開催された第1回アジアプロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出され、全25選手のうち唯一の高卒1年目での選出となった[13]

侍ジャパン壮行試合
(2017年11月13日 SOKKENスタジアムにて)

11月16日の韓国との第1戦では延長10回表二死一・二塁の場面から登板し、無失点で凌ぐと直後にチームがサヨナラ勝ちを収め勝利投手となった[14]。オフに50万円増となる推定年俸800万円で契約を更改した[15]

2018年はシーズン開幕前の侍ジャパン強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ 2018」の日本代表に選出された[16]。代表では中継ぎを務めながら開幕ローテーション入りを目指したが、開幕は二軍スタートとなった[17]イースタン・リーグでは5月度の月間MVPを受賞するなど[18]結果を残し、6月6日に中継ぎとして一軍へ昇格したものの、左太もも肉離れで登板機会がないまま翌7日に登録を抹消された[19]。7月28日のオリックス・バファローズ戦で先発として一軍復帰を果たし、5回1/3を2安打無失点の好投でプロ初勝利を挙げた[20]。その後は先発ローテーションの一角を担ったが、5回途中7失点を喫した9月19日の埼玉西武ライオンズ[21]を最後にリリーフに配置転換され、10月1日の西武戦でプロ初ホールド、同11日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初セーブを挙げた[22]。この年は10試合(6先発)の登板で2勝3敗1ホールド1セーブ・防御率5.86を記録し、オフに160万円増となる推定年俸960万円で契約を更改した[23]

2019年は4月5日に中継ぎとして一軍へ昇格[24]。5月1日の西武戦ではオープナーを日本流にアレンジしたショートスターターとして先発し、2回1/3を1失点に抑えてチームの勝利に貢献すると[25]、以降は中継ぎ[26]、ショートスターター[27]、オープナー[28]と様々な役割を任された。この年は53試合の登板で4勝4敗5ホールド1セーブ・防御率5.22という成績であったが、ショートスターター・オープナーとしての先発を10試合こなしたことが高く評価され、契約更改では1140万円増の推定年俸2100万円でサインをした[29]

2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合制の短縮シーズンとなり、開幕も6月に延期されたが、中継ぎとして自身初の開幕一軍入りを果たした[30]。7月に背中の張りで離脱した期間もあったが[31][32]、この年は45試合の登板で2勝1敗14ホールド1セーブ・防御率4.19を記録し、オフに700万円増となる推定年俸2800万円で契約を更改した[33]

2021年も中継ぎとして開幕一軍入りを果たすと[34]シーズンを通して一軍に帯同し、チーム最多の60試合に登板。与四球率は5.06と制球が乱れる場面も少なくなかったが、左打者に対しては被打率.165で被本塁打0と役割を果たし[35]、3勝2敗39ホールド・防御率2.36を記録。リーグ最多の42ホールドポイントで初のタイトルとなる最優秀中継ぎ投手を獲得した[36]。オフに3200万円増となる推定年俸6000万円で契約を更改した[37]

2022年は3年連続で開幕一軍入りし[38]福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦では翌3月26日の予告先発であることが発表された後[39]、5番手として7回裏から登板し、1イニングを無失点[40]。翌日の同カードではオープナーとして2年ぶりに先発マウンドに上がり、1回1安打2奪三振無失点に抑えた[41]。その後は8回のセットアッパーを務めていたが、4月27日のオリックス戦で1/3回を2失点でシーズン初黒星を喫すると[42]、以降は不安定な投球が目立った[43][44]。交流戦に入ると投球内容が悪化し、東京ヤクルトスワローズとの3連戦では2日続けて1点差の8回裏に登板し、いずれも1失点で救援失敗[45][46]阪神タイガースとの3連戦では初戦に登板し、1/3回を4失点で敗戦投手[47]。第3戦では2/3回で3失点を喫し[48]、7回のセットアッパーに配置転換された[49]。しかし、6月8日の横浜DeNAベイスターズ戦で3点リードの7回裏に登板するも、1アウトしか奪えずに3安打1失点で降板となり[50]、翌9日に出場選手登録を抹消された[51]。12月1日には5500万円で契約を更改した[52]

選手としての特徴[編集]

サイド気味のスリークォーター[53]からストレートスライダーチェンジアップを投げる[54]。実戦で用いる球種こそ少ないものの、いずれの球も被打率は低く、一定以上の質を備えているのが特徴[55]

ストレートの最速は高校時代に150km/h[3]、プロ入り後は自己最速更新となる151km/hを計測している[56]。一番の武器はスライダーであり、本人も「一番自信がある」と話している[57]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 日本ハム 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 31 8.0 8 3 1 0 0 7 0 0 3 3 3.38 1.13
2018 10 6 0 0 0 2 3 1 1 .400 154 35.1 33 9 17 0 3 28 2 0 23 23 5.86 1.42
2019 53 10 0 0 0 4 4 1 5 .500 265 60.1 61 9 18 1 3 61 1 0 37 35 5.22 1.31
2020 45 0 0 0 0 2 1 1 14 .667 173 38.2 30 2 22 0 6 45 0 0 20 18 4.19 1.34
2021 60 0 0 0 0 3 2 0 39 .600 229 53.1 36 3 30 1 4 56 3 0 14 14 2.36 1.24
2022 41 1 0 0 0 1 5 5 11 .167 160 34.0 41 4 16 0 3 34 0 0 23 22 5.82 1.68
通算:6年 213 18 0 0 0 12 16 8 70 .429 1012 229.2 209 30 104 2 19 231 6 0 120 115 4.51 1.36
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2017 日本ハム 4 0 1 0 0 1.000
2018 10 0 0 0 0 ----
2019 53 1 10 0 0 1.000
2020 45 1 5 0 0 1.000
2021 60 0 10 0 0 1.000
2022 41 0 5 0 0 1.000
通算 213 2 31 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 34(2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年12月1日閲覧。
  2. ^ “ドラフト上位候補、広島新庄・堀瑞輝らプロ志望届”. 日刊スポーツ. (2016年9月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1716812.html 2016年12月9日閲覧。 
  3. ^ a b c “広島新庄・堀 150キロ出た!高校ビッグ4だけじゃない”. スポーツニッポン. (2016年10月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/05/kiji/K20161005013476670.html 2016年12月9日閲覧。 
  4. ^ “神ってる広島新庄・堀が完璧救援で日本V 台湾斬り”. 日刊スポーツ. (2016年9月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1705249.html 2016年12月9日閲覧。 
  5. ^ “日ハム1位の堀瑞輝、入団決定”. デイリースポーツ. (2016年11月11日). http://www.daily.co.jp/baseball/2016/11/11/0009657838.shtml 2017年1月10日閲覧。 
  6. ^ “日本ハム ドラフト1位堀、入団会見で「2ケタ目指す」”. 日刊スポーツ. (2016年11月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1741686.html 2017年1月10日閲覧。 
  7. ^ 日本ハム・ドラ1堀瑞輝がプロ初登板で3人斬り”. 日刊スポーツ (2017年8月9日). 2021年12月12日閲覧。
  8. ^ 日本ハム堀、先発テスト 守護神プランと2段構え”. 日刊スポーツ (2017年8月12日). 2021年12月12日閲覧。
  9. ^ 広島メヒアら登録、阪神高山ら抹消/18日公示”. 日刊スポーツ (2017年8月18日). 2021年12月12日閲覧。
  10. ^ 高卒ドラ1対決!日本ハム・堀と楽天・藤平が激突 29日の予告先発”. BASEBALL KING (2017年9月28日). 2021年12月12日閲覧。
  11. ^ 楽天の先発はドラフト1位入団の高卒新人投手藤平尚真。NPBでは1989年セ・リーグ公式戦の今中慎二中日ドラゴンズ) - 岡幸俊ヤクルトスワローズ)以来で、パ・リーグでは1984年加藤伸一南海ホークス) - 小野和義近鉄バファローズ)以来。“プロ野球33年ぶりドラフト1位高卒ルーキー先発対決…楽天・藤平VS日本ハム・堀”. スポーツ報知. (2017年9月28日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170928-OHT1T50056.html 2017年11月7日閲覧。 
  12. ^ 日本ハム 日本記録タイ19残塁で零封負け 新人・堀を援護できず”. Sponichi Annex (2017年9月29日). 2021年12月12日閲覧。
  13. ^ 日本ハム堀「びっくり」唯一の高卒1年目で侍選出”. 日刊スポーツ (2017年10月13日). 2021年12月12日閲覧。
  14. ^ “新人の堀がピンチしのいで勝ち星「準備はしていた」”. サンケイスポーツ. (2017年11月17日). https://www.sanspo.com/article/20171117-CDAYIS74TZIF3BCOOXJKB4EQ7U/ 2017年11月17日閲覧。 
  15. ^ 日本ハム堀、2年目へ「清宮フィーバーに負けない」”. 日刊スポーツ (2017年11月22日). 2021年12月12日閲覧。
  16. ^ 【日本ハム】堀瑞輝、1回7球完全締めで侍でもアピールだ”. スポーツ報知 (2018年3月1日). 2021年12月12日閲覧。
  17. ^ 球団初!日本ハムが開幕、2戦目先発に新外国人投入”. 日刊スポーツ (2018年3月22日). 2021年12月12日閲覧。
  18. ^ 日本ハム・堀、阪神・福永がファーム月間MVP ともに3勝”. Sponichi Annex (2018年6月15日). 2021年12月12日閲覧。
  19. ^ 日本ハム2年目左腕・堀が初勝利かけ28日オリ戦先発へ 「結果を求めたい」”. Full-Count (2018年7月28日). 2021年12月12日閲覧。
  20. ^ “日本ハム堀初勝利「頑張ったなぁ」ほのぼのお立ち台”. 日刊スポーツ. (2018年7月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807280000695.html 2019年3月5日閲覧。 
  21. ^ 【日本ハム】堀が5回途中7失点でKO 「チームに申し訳ないです」”. スポーツ報知 (2018年9月19日). 2021年12月12日閲覧。
  22. ^ 日本ハム堀が1年前の雪辱晴らすプロ初セーブ 「去年は加藤さんの…」”. Full-Count (2018年10月12日). 2021年12月12日閲覧。
  23. ^ 日本ハム・堀、年俸960万円で契約を更改 来季は先発で勝負 5勝ノルマ”. デイリースポーツ (2018年11月20日). 2021年12月12日閲覧。
  24. ^ 5日の公示 日ハム斎藤佑樹が2軍へ再調整 巨人高橋&ロッテ小島らも抹消”. Full-Count (2019年4月5日). 2021年12月12日閲覧。
  25. ^ “オープナーとショートスターターの違い、メリット、デメリットは?”. DAZN News. (2020年5月13日). https://www.dazn.com/ja-JP/news/npb/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%8C%E7%94%A8%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%88%A6%E8%A1%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83/kni80gj70zyp1dd00vl2q5gkb 2020年11月30日閲覧。 
  26. ^ 日本ハム堀「上沢さんを優勝旅行に」中1日で好救援”. 日刊スポーツ (2019年7月8日). 2021年12月12日閲覧。
  27. ^ 日本ハム・堀 ショートスターターの任務完遂 3回0封で鷹打線を翻弄”. デイリースポーツ (2019年7月16日). 2021年12月12日閲覧。
  28. ^ 日ハム堀、チーム初の初回限定“オープナー”成功のワケ 先発でも3連戦全てでベンチ入り”. Full-Count (2019年8月5日). 2021年12月12日閲覧。
  29. ^ 日本ハム・堀「予想以上」の1140万円増に笑顔 栗山流“オープナー”貢献を評価”. Sponichi Annex (2019年11月29日). 2021年12月12日閲覧。
  30. ^ 開幕一軍メンバーの登録公示 日本ハムは高卒2年目・野村が一軍に”. BASEBALL KING (2020年6月18日). 2021年12月12日閲覧。
  31. ^ 日本ハム堀が登録抹消「背中が少し張っている」監督”. 日刊スポーツ (2020年7月4日). 2021年12月12日閲覧。
  32. ^ 日本ハム堀復帰即登板「リラックスして投げられた」”. 日刊スポーツ (2020年7月30日). 2021年12月12日閲覧。
  33. ^ 日本ハム堀700万増「豆腐メンタル」もう少し硬く”. 日刊スポーツ (2020年12月7日). 2021年12月12日閲覧。
  34. ^ 「開幕一軍」の登録公示 日本ハムは“開幕”メンバーにはルーキー不在”. BASEBALL KING (2021年3月25日). 2021年12月12日閲覧。
  35. ^ 【2021主力選手通信簿|日本ハム】東京五輪でも活躍の伊藤は納得の最高評価。だが、西川や大田らは不甲斐ない結果に<SLUGGER>”. THE DIGEST (2021年12月3日). 2021年12月12日閲覧。
  36. ^ 最優秀中継ぎ日本ハム堀、2年連続の栄冠獲得へ意欲 “豆腐メンタル”卒業”. 日刊スポーツ (2021年11月1日). 2021年12月12日閲覧。
  37. ^ 【日本ハム】初の最優秀中継ぎ投手の堀瑞輝 3200万円増の6000万円でサイン「来季も同じタイトルを」”. スポーツ報知 (2021年12月7日). 2021年12月12日閲覧。
  38. ^ 【一覧】パ・リーグ開幕1軍登録選手”. 日刊スポーツ (2022年3月24日). 2022年3月28日閲覧。
  39. ^ 【26日の予告先発】巨人は山崎伊が出陣 西武は隅田、日本ハム堀は2シーズンぶり先発”. Sponichi Annex (2022年3月25日). 2022年3月28日閲覧。
  40. ^ “新庄劇場”止まらん! 26日の予告先発・堀が5番手でマウンドに!開幕連投決定”. Sponichi Annex (2022年3月25日). 2022年3月28日閲覧。
  41. ^ 日本ハム・堀 前日から連投 中継ぎ→翌日予定通り先発 1回無失点で交代”. Sponichi Annex (2022年3月26日). 2022年3月28日閲覧。
  42. ^ 2022年4月27日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvsオリックス)”. 日本野球機構. 2022年6月11日閲覧。
  43. ^ 2022年5月6日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2022年6月11日閲覧。
  44. ^ 2022年5月11日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvsオリックス)”. 日本野球機構. 2022年6月11日閲覧。
  45. ^ 日本ハム・新庄ビッグボス 交流戦初戦は黒星発進 延長十回無死満塁で無得点響く”. デイリースポーツ (2022年5月25日). 2022年6月11日閲覧。
  46. ^ 【日本ハム】まさか…2夜連続で北山亘基がサヨナラ被弾 勝ちきれず”. スポーツ報知 (2022年5月25日). 2022年6月11日閲覧。
  47. ^ 【日本ハム】新庄ビッグボス、16年ぶり甲子園で最大6点リードからまさかの逆転負け”. スポーツ報知 (2022年6月3日). 2022年6月11日閲覧。
  48. ^ 新庄剛志監督「あそこは成長させる場面でもない。代えようと思った」逆転狙うもくろみ狂う【日本ハム】”. 中日スポーツ (2022年6月5日). 2022年6月11日閲覧。
  49. ^ 日本ハム・新庄監督 勝利の方程式再編明言「ピッチャーも競争」7回・堀―8回・北山―9回・石川直”. Sponichi Annex (2022年6月7日). 2022年6月11日閲覧。
  50. ^ 日本ハムが連敗止める 上原2勝目&清宮7号弾、アルカンタラは軽快美技連発”. BASEBALL KING (2022年6月8日). 2022年6月11日閲覧。
  51. ^ 日本ハム・武田投手コーチ 出場選手登録抹消の左腕・堀について「いち早く状態を上げてほしい」”. Sponichi Annex (2022年6月9日). 2022年6月11日閲覧。
  52. ^ 堀瑞輝がダウン提示でサイン 現在、左肩のリハビリ中「何とか復活したい」【日本ハム】”. 中日スポーツ (2022年12月1日). 2022年12月1日閲覧。
  53. ^ 躍動するルーキー “宮西二世”堀瑞輝が上々の一軍デビュー”. BASEBALL KING (2017年8月12日). 2022年1月31日閲覧。
  54. ^ 日本ハムドラフト1位・堀、8日一軍初昇格!栗山監督が期待「岩瀬っぽいよね」
  55. ^ 23歳、プロ5年目で自身初タイトルが確定。堀瑞輝の安定感が大きく増した理由とは?”. パ・リーグ.com (2021年10月25日). 2022年1月31日閲覧。
  56. ^ 2019年5月24日 西武 vs 日本ハム 一球速報”. スポーツ報知 (2019年5月24日). 2022年1月31日閲覧。
  57. ^ アジアを席巻した宝刀スライダーで勝負 日本ハム期待の新人ドラ1堀”. Full-Count (2017年1月14日). 2022年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]