堀瑞輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀 瑞輝
北海道日本ハムファイターズ #34
Hori34.jpg
侍ジャパン壮行試合
(2017年11月13日 SOKKENスタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1998-05-10) 1998年5月10日(21歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年8月9日
年俸 960万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

堀 瑞輝(ほり みずき、1998年5月10日 - )は、広島県呉市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生の時に軟式野球を始め、呉市立昭和中学校で軟式野球部で投手兼外野手としてプレー[2]広島新庄高校では1年生の夏からベンチ入りし、2年生の夏に、チーム初の甲子園に出場する。3年生の夏にも甲子園で登板する[3]。3年生の秋には、第11回 BFA U-18アジア選手権大会で日本代表のエースとして、チームは優勝する[4]いわて国体ではストレートで自己最速の150km/hを記録した[3]

2016年のNPBドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズが1位指名し、契約金7000万円、年俸750万円(金額は推定)で入団した[5]。背番号は34[6]

日本ハム時代[編集]

2017年は、イースタン・リーグ公式戦11試合に登板、3勝1敗、防御率1.98。8月9日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)6回裏に、救援投手として一軍公式戦初登板し1回を投げて三者凡退に抑えた。9月29日には、札幌ドームでの同カードで一軍初先発し、NPBの一軍公式戦28年ぶり、パ・リーグ33年ぶりの高卒新人投手による先発対決となり[7]、5回1失点無四死球に抑えるが敗戦投手になる[8]。一軍公式戦全体では、4試合に登板し0勝1敗、防御率3.38。シーズン終了後に東京ドームで開催の第1回アジア プロ野球チャンピオンシップには、NPB全12球団の新人投手および、高卒の新人選手からただ1人日本代表に選出[9]。11月16日に韓国との第1戦延長10回表に登板し、2死満塁のピンチを無失点で凌いだ後に、チームのサヨナラ勝利で勝ち投手となる[10]

2018年7月28日のオリックス・バファローズ戦では5回無失点でプロ初勝利[11]、シーズン後半は先発ローテーションの谷間を埋め、2勝3敗だった。

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから直球とスライダー、チェンジアップを投げる[12]。高校時代には最速150km/hをマークする[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 日本ハム 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 31 8.0 8 3 1 0 0 7 0 0 3 3 3.38 1.13
2018 10 6 0 0 0 2 3 1 1 .400 154 35.1 33 9 17 0 3 28 2 0 23 23 5.86 1.42
通算:2年 14 7 0 0 0 2 4 1 1 .333 185 43.1 41 12 18 0 3 35 2 0 26 26 5.40 1.36
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年11月23日閲覧。
  2. ^ “ドラフト上位候補、広島新庄・堀瑞輝らプロ志望届”. 日刊スポーツ. (2016年9月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1716812.html 2016年12月9日閲覧。 
  3. ^ a b c “広島新庄・堀 150キロ出た!高校ビッグ4だけじゃない”. スポーツニッポン. (2016年10月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/05/kiji/K20161005013476670.html 2016年12月9日閲覧。 
  4. ^ “神ってる広島新庄・堀が完璧救援で日本V 台湾斬り”. 日刊スポーツ. (2016年9月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1705249.html 2016年12月9日閲覧。 
  5. ^ “日ハム1位の堀瑞輝、入団決定”. デイリースポーツ. (2016年11月11日). http://www.daily.co.jp/baseball/2016/11/11/0009657838.shtml 2017年1月10日閲覧。 
  6. ^ “日本ハム ドラフト1位堀、入団会見で「2ケタ目指す」”. 日刊スポーツ. (2016年11月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1741686.html 2017年1月10日閲覧。 
  7. ^ 楽天の先発はドラフト1位入団の高卒新人投手藤平尚真。NPBでは1989年セ・リーグ公式戦の今中慎二中日ドラゴンズ) - 岡幸俊ヤクルトスワローズ)以来で、パ・リーグでは1984年加藤伸一南海ホークス) - 小野和義近鉄バファローズ)以来。“プロ野球33年ぶりドラフト1位高卒ルーキー先発対決…楽天・藤平VS日本ハム・堀”. スポーツ報知. (2017年9月28日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170928-OHT1T50056.html 2017年11月7日閲覧。 
  8. ^ “33年ぶり高卒ドラフト1位対決 堀、藤平ともに白星ならず”. スポーツニッポン. (2017年9月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/29/kiji/20170929s00001173251000c.html 2017年11月7日閲覧。 
  9. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日) 2017年10月22日閲覧
  10. ^ “新人の堀がピンチしのいで勝ち星「準備はしていた」”. サンケイスポーツ. (2017年11月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20171117/npb17111705010011-n1.html 2017年11月17日閲覧。 
  11. ^ “日本ハム堀初勝利「頑張ったなぁ」ほのぼのお立ち台”. 日刊スポーツ. (2018年7月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807280000695.html 2019年3月5日閲覧。 
  12. ^ 日本ハムドラフト1位・堀、8日一軍初昇格!栗山監督が期待「岩瀬っぽいよね」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]