小深田大翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小深田 大翔
東北楽天ゴールデンイーグルス #0
H kobukata20201014.jpg
ZOZOマリンスタジアムにて(2020年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県佐用郡佐用町
生年月日 (1995-09-28) 1995年9月28日(26歳)
身長
体重
168 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2020年6月19日
年俸 3700万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小深田 大翔(こぶかた ひろと、1995年9月28日 - )は、兵庫県佐用郡佐用町出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年からソフトボールを始める[2]。中学生時代はヤングリーグの佐用スターズに所属し遊撃手を務めていた[2]

神戸国際大学附属高等学校に進学するも、3年夏は県大会2回戦で敗退し甲子園出場経験はなかった[2]。高校の同級生に蔵本治孝がいる。

進学した近畿大学では1年春から試合に出場し、関西六大学野球リーグでの通算成績は107安打、2年春、4年春、4年秋とベストナインを3度受賞している[2][3]

大学卒業後は大阪ガスに入社し、1年目の都市対抗野球大会では遊撃のレギュラーとして全5試合に出場し初優勝に貢献。若獅子賞を受賞した[2][4]

2019年10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議において、東北楽天ゴールデンイーグルスから1巡目で指名を受け、11月10日に契約金1億円、年俸1,500万円(推定)で仮契約を結んだ[5]背番号0

楽天時代[編集]

2020年は開幕一軍入りを果たし、6月19日の開幕戦・オリックス・バファローズ戦で9回裏に遊撃手の守備固めとして初出場[6]。開幕直後は代走や守備固めが多かったが、6月30日の対千葉ロッテマリーンズ戦では途中出場からプロ初安打を放ち[7]7月4日の対ロッテ戦では1番二塁でプロ初のスタメン出場[8]。その後は茂木栄五郎との兼ね合いで二塁と遊撃でスタメン出場が続いたが、茂木がコンディション不良で遊撃を守れない試合が増えていき小深田の遊撃でのスタメン出場が多くなっていった。9月27日の対埼玉西武ライオンズ戦ではに松本航からプロ初ホームランも放ち[9]、最終戦まで離脱することなく試合出場を重ね、最終的に112試合に出場しルーキーイヤーながら規定打席に到達。打率.288とリーグ6位の好成績を残し、ベストナイン遊撃手部門で1位の源田壮亮の161票に次ぐ103票を獲得[10]新人王の投票では平良海馬の144票に次ぐ125票を獲得した[11]。オフにはスピードアップ賞を受賞し[12]、1800万円増となる推定年俸3300万円で契約を更改した[13]

2021年は交流戦前まで打率.214と打撃が低調であったが、交流戦に入ると調子を上げ[14]、7月5日に監督推薦でオールスターゲームへの初出場が決まった[15]。しかし7月以降は再び打撃が低調となり、また前年と比べ失策が増加[16]。9月に入ると山﨑剛浅村栄斗の欠場により出場機会を得て評価を高め、浅村がスタメンに復帰すると山﨑が1番遊撃に抜擢され、小深田はベンチスタートとなる試合が増えていった[17]。10月はスタメン出場が無く、代走や代打での出場となり[18]、レギュラーシーズンは121試合の出場で打率.248・3本塁打・21打点という成績にとどまった。その後フェニックスリーグへ参加し、ポストシーズンを見据えて中堅手として実戦経験を積んだが[19]、チームはクライマックスシリーズファーストステージで敗退し、小深田自身も代打出場1試合のみに終わった。オフに400万円増となる推定年俸3700万円で契約を更改した[20]

選手としての特徴・人物[編集]

50メートルは5秒9で、一塁までのタイムは3秒78と、走力については即戦力と評される[21]。広い守備範囲と内野であればどこでも守れる器用さが持ち味[21][2]。打撃については内角を苦にせず引っ張ることができ、シュアな打撃が評価されている[21][2]

大阪ガス時代は近本光司と寮で同部屋だった[22]

近畿大学時代、プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアムにデモンストレーション役として出演したことがある[23]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2020 楽天 112 437 378 61 109 16 5 3 144 31 17 9 11 2 42 0 4 59 5 .288 .364 .381 .745
2021 121 455 391 60 97 10 3 3 122 21 5 5 16 1 44 0 3 65 1 .248 .328 .312 .640
通算:2年 233 892 769 121 206 26 8 6 266 52 22 14 27 3 86 0 7 124 6 .268 .346 .346 .692
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



二塁 遊撃
























2020 楽天 21 44 40 1 7 .988 98 113 206 7 34 .979
2021 2 2 3 0 0 1.000 109 134 229 12 38 .968
通算 23 46 43 1 7 .989 207 247 435 19 72 .973
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 0(2020年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g “関西社会人ナンバーワン野手の大阪ガス・小深田 快音響かずも決勝ホーム 遊撃の守備でも軽快な動き”. スポーツニッポン. (2019年9月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/28/kiji/20190928s00001003301000c.html 2020年4月12日閲覧。 
  3. ^ “関大から3人選出、秋季ベストナイン 関西学生野球”. 日刊スポーツ. (2017年10月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710260000585.html 2020年4月12日閲覧。 
  4. ^ 小深田大翔(大阪ガス) 攻守走で魅了する勝負の2年目/「黒獅子旗」奪取へのキーマン”. 週刊ベースボールONLINE (2019年7月12日). 2021年4月30日閲覧。
  5. ^ 楽天ドラ1小深田 契約金1億円、年俸1500万円で合意 武器はイチ流の“アシ””. スポーツニッポン (2019年11月11日). 2021年7月17日閲覧。
  6. ^ 楽天ドライチ・小深田の1年目、オコエ、辰己と比べてみると……”. 週刊ベースボールONLINE (2020年7月3日). 2021年7月17日閲覧。
  7. ^ 楽天のドラフト1位・小深田がプロ初安打「ホッとしました」”. Sponichi Annex (2020年6月30日). 2021年9月19日閲覧。
  8. ^ 楽天1位小深田プロ初スタメン「良かった」監督評価”. 日刊スポーツ (2020年7月4日). 2021年9月19日閲覧。
  9. ^ 楽天のドラ1・小深田が誕生日前日にプロ初本塁打「しっかり捉えられた」”. ベースボールキング (2020年9月27日). 2021年9月19日閲覧。
  10. ^ 2020年度 表彰選手 投票結果(ベストナイン)”. 日本野球機構. 2020年12月17日閲覧。
  11. ^ 2020年度 表彰選手 投票結果(最優秀新人)”. 日本野球機構. 2020年12月17日閲覧。
  12. ^ 楽天・小深田 スピードアップ賞を初受賞 「1年目からこのような賞を頂けてうれしい」”. Sponichi Annex (2020年12月16日). 2021年9月19日閲覧。
  13. ^ 楽天小深田1800万円増 藤田一也に弟子入り志願”. 日刊スポーツ (2020年11月26日). 2021年7月17日閲覧。
  14. ^ “内野の要”ショートは機能しているか? パ・リーグ6球団「遊撃手」事情”. 週刊ベースボールONLINE (2021年6月12日). 2021年9月19日閲覧。
  15. ^ 球宴の監督推薦は楽天から5人選出 パ・リーグ打点王の島内は守備でアピール?「僕のグラブさばき見て」”. Sponichi Annex (2021年7月5日). 2021年9月19日閲覧。
  16. ^ 「もっと強いボールが行く投げ方を」楽天の正遊撃手・小深田大翔の失策が増えた理由とは?”. 週刊ベースボールONLINE (2021年8月25日). 2021年9月19日閲覧。
  17. ^ 【楽天】山崎剛が先制V三塁打!ラストスパートへ“起爆剤””. スポーツ報知 (2021年9月16日). 2021年9月19日閲覧。
  18. ^ 楽天・小深田、代打で殊勲打「最後の最後で打つことができてめちゃくちゃうれしい」”. サンスポ (2021年10月27日). 2021年11月19日閲覧。
  19. ^ 【巨人】高橋優貴が先発 フェニックス・リーグ最終戦スタメン”. スポーツ報知 (2021年11月1日). 2021年11月19日閲覧。
  20. ^ 楽天・小深田が400万円アップで2年連続昇給も「成績に納得できない悔しいシーズン」”. Sponichi Annex (2021年11月25日). 2021年11月26日閲覧。
  21. ^ a b c “大阪ガス・小深田は楽天1位 抜群走塁センス”. 日刊スポーツ. (2019年10月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910160000849.html 2020年4月12日閲覧。 
  22. ^ “楽天ドラ1小深田「近本超え」で新人王獲る!憧れは西武・源田「遊撃レギュラー獲りたい」”. 日刊スポーツ. (2019年10月24日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/24/kiji/20191023s00001173502000c.html 2020年4月12日閲覧。 
  23. ^ bat_staのツイート(1343874409329696768)
  24. ^ 選手登場曲|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2020年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]