若林晃弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若林 晃弘
読売ジャイアンツ #37
Wakabayashi Akihiro Yomiuri Giants at Tokyo Dome.jpg
2019年11月23日、東京ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都中野区
生年月日 (1993-08-26) 1993年8月26日(27歳)
身長
体重
180 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2017年 ドラフト6位
初出場 2018年5月12日
年俸 2,200万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

若林 晃弘(わかばやし あきひろ、1993年8月26日 - )は、東京都中野区出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投両打。読売ジャイアンツ所属。実父は横浜大洋ホエールズに所属していた若林憲一

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼少期には、既に現役を引退していた実父の憲一を相手に、ボール遊びや野球の練習をしていた。中野区立桃園第三小学校では世田谷タイガース、中野区立第九中学校では目黒西シニアに所属していた[2]

桐蔭学園高校への進学後は、1年夏の選手権神奈川大会でベンチ入りを果たしたばかりか、投手として登板した。1年秋から外野手、2年秋からは遊撃手としてレギュラーの座を確保。茂木栄五郎などとクリーンアップを組んで臨んだ3年夏の神奈川県大会では、4回戦で茅ヶ崎西浜高校古村徹、5回戦で川崎工科高校青柳晃洋、準々決勝で武相高校井口和朋に勝利。しかし、松井裕樹を擁する桐光学園高校との準決勝に、4-5で惜敗した[3]。1学年後輩に山野辺翔、2学年後輩に齊藤大将がいる。

法政大学への進学後は、1年春から東京六大学野球のリーグ戦に出場すると、3年秋に正二塁手へ定着した。4年時には、春季にリーグ2位の打率.390を記録。秋季には、打率.279、3本塁打という成績で、二塁手としてベストナインに選ばれた。在学中には、リーグ戦で通算59試合に出場。打率.267(176打数47安打)、4本塁打、20打点、10盗塁[4]という成績を残した。1学年先輩に、石田健大がいる。

JX-ENEOSへの入社後は、1年目からレギュラーとして出場。第42回社会人野球日本選手権大会では、NTT西日本との初戦に敗れたものの、「9番・二塁手」として先発出場した[5]。2年目の第88回都市対抗野球大会には、三菱日立パワーシステムズの補強選手として出場すると、JR西日本との準々決勝では満塁本塁打を記録。秋には、社会人日本代表の内野手として第28回BFAアジア選手権へ出場した[6]

2017年10月26日に行われたNPBドラフト会議で、読売ジャイアンツにから6巡目で指名され、契約金4,000万円、年俸800万円(金額は推定)という条件で入団した[7][8]。背番号は60。担当スカウトは井上真二[8]

巨人時代[編集]

2018年には、5月12日の対中日ドラゴンズ戦8回表から、中堅手として一軍公式戦に初出場を果たした。8月9日の対阪神タイガース戦(東京ドーム)で、秋山拓巳から左打席で初安打を放った。一軍公式戦には通算で17試合に出場したが、この安打だけ(18打数1安打)でシーズンを終えた。オフに、80万円増の推定年俸880万円で契約を更改した[9]

2019年には、レギュラーシーズン開幕直後の4月7日に出場選手登録を果たすも、同月17日の広島東洋カープ戦で右腕に死球を受け2週間足らずで一軍登録を抹消された[10]。一軍で二塁を守っていた選手に故障や不振が相次いだことから、セ・パ交流戦直前の6月1日に再び登録されると、6月7日の対千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)では、一軍公式戦での初本塁打を二木康太から左打席で記録[11][注 1]。交流戦では17試合に出場すると、チームの規定打席到達者トップ(全12球団で11位タイ)の打率.333を記録。一時は、交流戦の打率.441でトップに立っていた[14]。レギュラーシーズン終盤の9月上旬に出場選手登録を再び抹消されたが、一軍公式戦全体では77試合の出場で、打率.239ながら5本塁打を放ったほか、58試合で二塁、17試合で三塁、6試合で外野、2試合で一塁、1試合で遊撃を守る[15]などユーティリティープレイヤーとして活躍。チームがセントラル・リーグ優勝を経て臨んだポストシーズンでも、阪神とのクライマックスシリーズ ファイナルステージ日本シリーズに出場した。オフに、1,020万円増の推定年俸1,900万円で契約を更改[16]。背番号が37に変更された[16]

2020年は、開幕一軍を逃したものの6月25日に出場選手登録を果たす。7月18日に抹消されたものの、8月4日に再登録された後はシーズン終了まで一軍に帯同した。前年と同程度の76試合に出場したが、主に二塁に定着した吉川尚輝の台頭の影響もあり、スタメン機会は前年に比べ減少した。また20試合で二塁を守ったのに対し、43試合でレフトやライトに就くなど外野手としての出場機会が増加した。盗塁を6回試みて4回失敗するなど走塁面に課題を残した。日本シリーズでは、4戦目で1番ライトとしてシリーズ初スタメン出場し二塁打から先制のホームを踏んだが、試合は直後に逆転されシリーズ敗退が決定した。オフに、300万円増の推定年俸2,200万円で契約を更改した[17]

2021年は、オープン戦で打率、本塁打、打点でチームトップの記録を残し、2番・二塁で開幕スタメンを勝ち取った[18]。3月27日の開幕2戦目で、走塁時に左太ももを負傷し途中交代[19]。登録抹消はされず、3月31日に代打として実戦復帰した[18]。4月4日に、PCR検査で、新型コロナウイルス感染症の陽性判定が確認され、2021特例適用選手として、出場選手登録を抹消された[20]

選手としての特徴・人物[編集]

愛称は「ワカ[21]

打撃での勝負強さ、50メートルを5秒8で走る俊足、内・外野どこでも守れる守備の器用さを武器としている[22][23][24]

元々は右打ちであったが、父親の勧めで小学2年時から左打ちの練習を始め、両打ちとなった[25]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 巨人 17 19 18 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .056 .105 .056 .161
2019 77 273 234 34 56 9 1 5 82 21 11 2 4 1 32 1 2 51 3 .239 .335 .350 .685
2020 76 159 146 22 36 6 1 2 50 14 2 4 3 1 8 0 1 32 6 .247 .288 .342 .631
NPB:3年 170 451 398 58 93 15 2 7 133 35 13 6 7 2 41 1 3 89 9 .234 .309 .334 .643
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

内野守備


一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2018 巨人 - 1 0 1 0 1 1.000 - 3 1 5 1 1 .857
2019 2 1 0 0 0 1.000 58 123 141 9 26 .967 17 6 20 0 3 1.000 1 0 1 0 0 1.000
2020 8 27 1 1 3 .966 20 18 39 2 9 .966 9 0 1 0 1 1.000 1 1 1 0 0 1.000
通算 10 28 1 1 3 .967 79 141 181 11 36 .967 26 6 21 0 4 1.000 5 2 7 1 1 .900
外野守備


外野












2018 巨人 2 0 0 0 0 .---
2019 6 6 0 0 0 1.000
2020 43 34 0 0 0 1.000
通算 51 40 0 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 60(2018年 - 2019年)
  • 37(2020年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実父の若林憲一も大洋外野手時代の1977年に一軍公式戦で唯一の本塁打を放っていたことから、NPBの一軍公式戦としては史上7組目の親子本塁打も達成した[12][13]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月15日閲覧。
  2. ^ 若林 晃弘|侍ジャパン選手プロフィール”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2021年4月6日閲覧。
  3. ^ “桐光学園 5-4 桐蔭学園”. https://www.asahi.com/koshien/game/2011/416/49846/ 
  4. ^ リーグ戦・選手個人通算成績”. 一般財団法人 東京六大学野球連盟. 2021年4月6日閲覧。
  5. ^ 11月2日 京セラドーム大阪 第2試合 1回戦”. 日本野球連盟公式サイト. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月6日閲覧。
  6. ^ 2017年 第28回BFAアジア選手権 試合・大会詳細”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2021年4月6日閲覧。
  7. ^ “巨人がD4・北村、D5・田中ら3選手と合意”. サンケイスポーツ. (2017年11月17日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20171117/gia17111718560005-n1.html 2017年12月7日閲覧。 
  8. ^ a b 巨人6位若林が仮契約「やっと実感」背番60内定”. 日刊スポーツ (2017年11月17日). 2021年3月25日閲覧。
  9. ^ 巨人若林80万増 ユーティリティー武器に2年目へ”. 日刊スポーツ (2018年11月19日). 2021年3月25日閲覧。
  10. ^ 右腕死球の巨人・若林が登録外れる” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年4月18日). 2020年3月7日閲覧。
  11. ^ 巨人若林プロ初本塁打「集中して打席に入りました」” (日本語). 日刊スポーツ (2019年6月7日). 2019年6月7日閲覧。
  12. ^ 巨人・若林、史上7組目の親子弾!大洋の外野手だった憲一さんに続いたプロ1号” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年6月8日). 2019年6月9日閲覧。
  13. ^ 巨人若林が父と二人三脚の左打席で感謝の初アーチ” (日本語). 日刊スポーツ (2019年6月7日). 2019年6月9日閲覧。
  14. ^ 巨人若林が交流戦首位打者、原監督も称えた決勝生還” (日本語). 日刊スポーツ (2019年6月18日). 2019年11月10日閲覧。
  15. ^ 2019年度 読売ジャイアンツ 個人守備成績(セントラル・リーグ)”. NPB日本野球機構. 2021年4月6日閲覧。
  16. ^ a b 巨人若林1020万円増 来季から「出世背番」37”. 日刊スポーツ (2019年12月3日). 2021年3月25日閲覧。
  17. ^ 巨人若林が300万円増「開幕からチームの力に」”. 日刊スポーツ (2020年12月15日). 2021年3月25日閲覧。
  18. ^ a b 【巨人】若林晃弘が実戦復帰 代打で登場 右太もも裏の張りから回復”. スポーツ報知 (2021年3月31日). 2021年4月22日閲覧。
  19. ^ 巨人若林が右足負傷し途中交代 28日は様子を見る”. 日刊スポーツ (2021年3月27日). 2021年4月22日閲覧。
  20. ^ 巨人激震!コロナで6人抹消 丸、中島、若林、ウィーラーが陽性…亀井、増田、北村も隔離”. サンケイスポーツ (2021年4月5日). 2021年4月22日閲覧。
  21. ^ 【巨人】1軍に2人の「あきひろ」後藤コーチは秋広優人を「ゆうと」で若林晃弘と区別” (日本語). スポーツ報知 (2021年2月13日). 2021年3月11日閲覧。
  22. ^ 巨人・若林晃弘内野手 レギュラー奪取へ、突き進む/足で魅せる | 野球情報” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2019年6月28日). 2021年3月11日閲覧。
  23. ^ 若林晃弘 | 読売ジャイアンツ | 選手” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年3月11日閲覧。
  24. ^ 【2018ルーキー】新人王を狙え!有力ルーキー 巨人編 | 野球情報” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2018年2月18日). 2021年3月11日閲覧。
  25. ^ 巨人ドラ6若林は両打ち&7ポジションの9刀流”. 日刊スポーツ (2017年11月8日). 2021年5月7日閲覧。
  26. ^ 巨人若林プロ初本塁打「集中して打席に入りました」”. 日刊スポーツ (2019年6月7日). 2021年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]