田中正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 正義
福岡ソフトバンクホークス #25
Tanaka-seigi.jpg
2018年3月31日 福岡ヤフオクドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1994-07-19) 1994年7月19日(25歳)
身長
体重
187 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2018年4月1日
年俸 1,400万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 正義(たなか せいぎ、1994年7月19日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小1から投手として野球を始める[2]創価高等学校1年生の秋ごろに右肩の痛みからいったんは外野手となるが[3]創価大学に入ってから再び投手となる[2]

創価大学2年春、東京新大学野球連盟のリーグ戦共栄大学戦で公式戦初登板し、最高球速151km/h、11奪三振完封勝利[3]2015年の春から東京新大学野球連盟所属のリーグ戦において、無失点の記録[2]。同年6月末のユニバーシアード代表NPB選抜の対戦では、NPB選抜から7打者連続で三振を奪った[2]。同年秋の東京新大学野球連盟所属のリーグ戦でノーヒットノーランを記録した[2]2016年4月23日にはリーグ戦の試合中に高校1年生の頃に発症した右肩の痛みを再発し[4]、ほとんど登板することができなかった[5]。同年7月中旬に、右足の太ももの裏の肉離れを発症した[4]。同年の秋ごろに、春ごろに痛めていた右肩が回復した[5]。その後、秋に行われた東京新大学野球連盟所属のリーグ戦で自己最速記録156km/hにあと1km/hと迫った[6]

当初はMLBを希望したが、2016年10月2日に、進路をNPB12球団に絞りその上で目標を「最速160km/h超え」と「シーズン200投球回」に設定した[4]。翌10月3日にプロ志望届を正式に提出した[7]。10月20日のドラフト会議では、5球団が競合し本人も望んでいたソフトバンクが交渉権を獲得した[8][9]

11月19日八王子市内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で契約し[10]、同月22日にソフトバンクの新人選手入団会見が行われ、入団が正式に発表された。背番号は「25」、球場で表示される登録名は「田中正義[11]

プロ入り後[編集]

2017年、3月中旬から右肩に違和感を覚え、リハビリ組での調整となる。6月23日に行われた西部ガスとの三軍戦において、宮崎春季キャンプ中の紅白戦以来、4か月ぶりの実戦登板とプロ野球での対外試合初登板[12]。その後もリハビリ組での投球フォームの改造など、調整を続ける[13]。9月23日に行われたウエスタン・リーグ阪神戦において先発登板し、3回を2安打2失点、最速149km/hで二軍公式戦初登板[14]。一軍公式戦の登板機会は無く、二軍公式戦も上記の1試合のみの登板で[15]、三軍戦においても7試合の登板にとどまった[16]

2018年、宮崎春季キャンプとオープン戦で結果を残し[17]、開幕一軍選手登録される[18]。4月1日に福岡ヤフオク!ドームで行われた対オリックス戦において、9回表に5番手の中継ぎ投手として一軍公式戦初登板を果たす[19]。以降10試合に中継ぎ投手として登板したが、7月に体調を崩し、1ヶ月の自宅療養を余儀なくされる[20]。8月中旬にはリハビリ組に復帰したが[21]、以降の登板機会は無かった。シーズンオフの11月19日、契約更改交渉に臨み、40万円ダウンの年俸1,400万円(金額は推定)でサインした[20]

2019年、宮崎春季キャンプの紅白戦において球速149km/hを記録するなど好調だったが[22]、右肩の張りを訴え、リハビリ組での調整となる[23]

選手としての特徴[編集]

大学時代の直球の最速は156km/hであった[2]。変化球はスライダーフォークなどを軸に投球を組み立てる[2]。一番得意な変化球はフォーク[24]。プロ入り後の最速は153km/h[25]

人物[編集]

愛称は「ジャスティス[26]。これは、名前の「正義」の意味の英単語で、大学球界で活躍し始めた頃からインターネット上での愛称として広がり始め、定着した。入団後、田中本人が「ファンの方に親しみを持ってもらえるなら」と公認した。なお、それまであだ名らしいものを付けて貰ったことはなく、高校・大学通じてチームメイトで東北楽天ゴールデンイーグルス池田隆英からも「せいぎ」と呼ばれている。また、ドラフト会議直後の記者会見で、記者から「日ハム大谷とは『翔平』『ジャスティス』と呼び合うそうだが」と振られたが、困惑気味に否定している[26]
2013年に同じく福岡ソフトバンクホークスに入団した石川柊太投手は、大学の三学年先輩。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 ソフトバンク 10 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 64 13.2 18 6 6 0 0 15 0 0 13 13 8.56 1.76
通算:1年 10 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 64 13.2 18 6 6 0 0 15 0 0 13 13 8.56 1.76
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 25(2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「CHANGE YOUR LIFE feat.BIG RON,CORN HEAD & Miss Monday」SPICY CHOCOLATE (2017年)
  • 「FREE」 OZROSAURUS (2018年)
  • 「月光」コブクロ(2019年 - )
  • 「One Song From Two Hearts」コブクロ(2019年 - )

[27]

代表歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年12月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g “12球団競合あるぞ! 田中正義投手ドラフトロード - 大学・社会人 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. (2016年6月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1590251.html 2016年10月25日閲覧。 
  3. ^ a b 和田美保 (2015年12月31日). “創価大・田中正義、あるぞ史上初の12球団競合 - 大学・社会人 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/baseball/news/1586132.html 2016年10月8日閲覧。 
  4. ^ a b c 鹿野雄太 (2016年10月3日). “創価大・田中メジャー封印、プロ志望届12球団OK - 大学・社会人 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/baseball/news/1718995.html 2016年10月8日閲覧。 
  5. ^ a b “創価大・田中正義投手、プロ志望届を提出へ : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)”. 読売新聞. (2016年10月2日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/20161002-OYT1T50069.html 2016年10月8日閲覧。 
  6. ^ 松井いつき (2016年10月3日). “創価大・正義 悩んだ末に…国内経由でメジャーの道 12球団OK”. スポニチ Sponichi Annex. http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/03/kiji/K20161003013465420.html 2016年10月8日閲覧。 
  7. ^ “創価大・田中正義がプロ志望届を提出 - 大学・社会人 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. (2016年10月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1719202.html 2016年10月8日閲覧。 
  8. ^ ニュース | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2016年10月21日). 2016年11月1日閲覧。
  9. ^ 田中正義 同学年大谷と「比較されるような選手ではない」も「成長できたら」”. スポニチ Sponichi Annex (2016年10月20日). 2016年11月1日閲覧。
  10. ^ ソフトバンク1位田中正義「ローテ入りを目指す」”. 日刊スポーツ (2016年11月19日). 2017年1月6日閲覧。
  11. ^ “ソフトBドラ1正義 目標は沢村賞“満点受賞”11年マー君が最後”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年11月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/23/kiji/K20161123013772470.html 2016年11月23日閲覧。 
  12. ^ リハビリ4カ月…ソフトBドラ1正義、第一歩そして土台固め”. スポニチ Sponichi Annex (2017年7月3日). 2017年11月23日閲覧。
  13. ^ ソフトバンク田中正義フォーム改造着手「ぶち壊す」”. 日刊スポーツ (2017年7月27日). 2017年11月23日閲覧。
  14. ^ ソフトバンク田中正義3回2失点「間違いなく前進」”. 日刊スポーツ (2017年9月23日). 2017年11月23日閲覧。
  15. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年11月23日閲覧。
  16. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2017/11/16(金)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年11月16日). 2017年11月23日閲覧。
  17. ^ ソフトバンク田中正義3戦連続0封「前に進んでる」”. 日刊スポーツ (2018年3月12日). 2018年4月6日閲覧。
  18. ^ ソフトバンク 開幕1軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ (2018年3月29日). 2018年4月6日閲覧。
  19. ^ ソフトバンク田中が153キロデビュー 被弾に反省”. 日刊スポーツ (2018年4月1日). 2018年4月6日閲覧。
  20. ^ a b ソフトバンク田中正義は今年も減額「期待裏切った」”. 日刊スポーツ (2018年11月19日). 2018年4月6日閲覧。
  21. ^ ソフトバンク田中正義1カ月ぶりにリハビリ組合流”. 日刊スポーツ (2018年8月15日). 2018年4月6日閲覧。
  22. ^ 出た~~160キロ!ソフトバンク田中正義2回0封”. 日刊スポーツ (2019年2月16日). 2018年4月6日閲覧。
  23. ^ ノースロー続くソフトバンク田中正義がリハビリ組へ”. 日刊スポーツ (2019年2月28日). 2018年4月6日閲覧。
  24. ^ “鷹魂の継承 田中正義x斉藤和巳対談 「期待を上回るような魅力あるピッチャーに」”. 週刊ベースボールONLINE. (2016年11月24日). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20161205-01 2016年11月25日閲覧。 
  25. ^ ソフトB田中正義153キロデビュー「あんな(大きな)歓声が上がって…」 ドラ1初登板のジンクス!? 吉田正に被弾【西日本新聞】
  26. ^ a b “正義、ネットの呼び名「ジャスティス」公認 愛称定着へ「結果残していく」”. 西日本スポーツ. (2016年11月21日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/290595 
  27. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月6日閲覧。
  28. ^ 2014年 第27回 ハーレムベースボールウィーク 出場選手一覧”. 野球日本代表侍ジャパンオフィシャルホームページ. 2017年4月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]