古谷優人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古谷 優人
福岡ソフトバンクホークス #49
Furuya(hawks).jpg
2018年3月24日 福岡 ヤフオク!ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道中川郡幕別町
生年月日 (1999-02-19) 1999年2月19日(21歳)
身長
体重
175 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
初出場 2020年7月5日
年俸 700万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

古谷 優人(ふるや ゆうと、1999年2月19日 - )は、北海道中川郡幕別町出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。日本人左腕の史上最速となる160km/hを計測した(三軍戦のためNPB非公式記録)。

父親はばんえい競馬の元騎手の古谷輝紀[3]。元プロ野球選手選手の古谷拓哉は親戚で[3]、はとこおじ(祖父のいとこの息子)にあたる[4]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

札内南小学校3年時に軟式野球を始める[5]。札内中学校では軟式野球部に所属した[6]

江陵高等学校に進学し、1年春から主戦投手として登板し、1年春の十勝支部予選初戦で帯広大谷高等学校相手に完封デビュー[3]。1年夏には道大会出場を経験。2年夏には、帯広農業高等学校との1回戦で延長15回と再試合延長12回の2試合計27回380球完投でチームの勝利に貢献した[6]。3年夏には北北海道大会2回戦の旭川西高等学校戦では154km/hをマークし、準々決勝の釧路工業高等学校との戦いでは8者連続を含む大会新記録の20奪三振を記録するなどして[3]、チームを初のベスト4に導いた。甲子園出場はなかった[5]

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスからドラフト2位指名を受けた[2]十勝出身者がドラフト指名されるのは2013年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズからドラフト1位指名を受けた杉浦稔大以来3年ぶり[5]。 同年11月9日、帯広市内のホテルで入団交渉を行い、契約金6,000万円、年俸700万円(金額は推定)で契約合意に達し[7]、同月22日に福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[8]背番号49

プロ入り後[編集]

2017年、プロ1年目の今シーズンは、三軍からのスタートとなり、4月2日に行われた三軍戦、対高知ファイティングドッグス戦において、プロ野球選手として初の登板を迎える[9]。三軍戦においては、15試合の登板で70イニングを投げ、6勝2敗、防御率1.67の好成績をおさめる[10]。6月17日に行われた読売ジャイアンツとのファーム交流戦で二軍公式戦に初登板。1回を無失点。打者4人、被安打1、奪三振2の投球内容で、ストレートは150km/hを記録する[11]。7月13日に行われたプロ野球フレッシュオールスターゲームにおいてオールウエスタン選抜に選ばれた。8回からマウンドに上がり、2イニングを投げ無安打3三振に抑え優秀選手に輝いた[12] 。二軍公式戦では、11試合に登板し、1勝2敗、防御率4.09の成績を残す[13]。一軍最終戦の10月8日に一軍初昇格を果たすが、登板機会は無かった[14]

チームのポストシーズンに向けての紅白戦に抜擢され、初めて一軍選手を相手に登板し、2回を無安打無失点に抑えアピールした[15]。11月21日、「胸郭出口症候群」と診断され、手術は行わずに保存療法を行い、11月はノースロー調整に入っていると報じられた[16]

2018年、一軍公式戦登板の機会は無かったが、8月14日に一軍昇格を果たす[17]。「胸郭出口症候群」による左腕の血行障害に悩まされながらも[18]、二軍公式戦においては、前年を上回る29試合の登板で59回を投げ、5勝2敗、防御率3.81を記録する[19]。シーズンオフの11月19日、契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸700万円(金額は推定)でサインした[18]

2019年、プロ3年目のこの年も一軍登板はなかったが、5月5日レクザムスタジアムで行われた香川オリーブガイナーズとの三軍定期交流戦において、7回裏から救援で登板すると、先頭打者のクリスに投じた2球目に159km/hを計測し、中日ドラゴンズジョエリー・ロドリゲス2018年に記録した左腕の最速記録に並んだ。さらに2死二、三塁から5番打者の白方克弥に投じた1球が160km/hを計測し(結果は左二塁打)、日本プロ野球における左腕の最速記録を更新した[20]。なお、次打者の素川集に投じた4球目にも外角へ外れる160km/hを計測している。三軍では、この試合を含む26試合の登板で84回2/3を投げ、7勝4敗、防御率2.55。二軍では17試合の登板で35回2/3を投げ、2勝1敗、防御率2.52を記録した。

2020年、7月5日の北海道日本ハムファイターズ戦で8回から登板し、地元の北海道、札幌ドームでプロ初出場を記録。清水優心からプロ初奪三振を奪うなど、1回を打者3人2奪三振に抑えた[21][22]

選手としての特徴[編集]

投球フォームはスリークォーター[23]。高校時代には最速154km/hのストレートと、鋭く変化するスライダーが持ち味の左腕[2]北海道日本ハムファイターズスカウト白井康勝が「1年夏から注目していた」と話すなどドラフト会議前から高い評価を得ていた[6]。プロ3年目(2019年)に3軍で日本人左腕最速の160km/hを記録[20]

詳細情報[編集]

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 49 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「So Lit」Redfoo(2017年)
  • 「男の主題歌」ET-KING (2018年)
  • 「House Party」Sam Hunt(2019年 - )
  • 「Sunshine」MONKEY MAJIK(2019年 - )

[24]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c 江陵高等学校 古谷優人さんがプロ野球ソフトバンクからドラフト指名 幕別町イベントニュース 幕別町”. 幕別町. 2017年12月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 【指名待つ君の名は。2】江陵・古谷 154キロ&20Kで全国区- スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチ Sponichi Annex. 2017年12月4日閲覧。
  4. ^ 江陵の148キロ左腕古谷プロ10球団集結も初戦敗退”. 日刊スポーツ (2016年5月16日). 2017年11月25日閲覧。
  5. ^ a b c ドラフト2位指名 江陵高の古谷投手、ソフトバンク2位指名ドラフト会議”. 江陵高等学校. 2017年12月4日閲覧。
  6. ^ a b c 江陵の148キロ左腕古谷プロ10球団集結も初戦敗退 - 高校野球 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. 2017年12月4日閲覧。
  7. ^ ソフトバンク2位古谷が契約合意 社会貢献活動誓う”. 日刊スポーツ (2016年11月17日). 2017年1月6日閲覧。
  8. ^ ソフトバンク2位古谷、トランプ芸で大投手めざす”. 日刊スポーツ (2016年11月23日). 2017年1月6日閲覧。
  9. ^ 2017/4/2(日) 3軍試合結果 vs高知ファイティングドッグス”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年4月2日). 2017年11月30日閲覧。
  10. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2017/11/16(金)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年11月16日). 2017年11月30日閲覧。
  11. ^ 将来有望18歳左腕が150キロ“デビュー”! 巨人2軍を翻弄”. Yahoo!ニュース (2017年6月17日). 2017年11月30日閲覧。
  12. ^ ソフトバンク古谷2回完全「かなりプレッシャー」”. 日刊スポーツ (2017年7月13日). 2017年7月15日閲覧。
  13. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年11月30日閲覧。
  14. ^ ソフトバンク古谷初1軍昇格 きょう楽天戦に抜てき”. 日刊スポーツ (2017年10月8日). 2017年11月30日閲覧。
  15. ^ ソフトバンク古谷2回0封「自信に」工藤監督◎”. 日刊スポーツ (2017年10月12日). 2017年11月30日閲覧。
  16. ^ ソフトB古谷が「胸郭出口症候群」ノースロー調整に”. 西日本スポーツ (2017年11月21日). 2017年11月30日閲覧。
  17. ^ 中日浅尾ら登録、オリックス金子ら抹消/14日公示”. 日刊スポーツ (2018年8月14日). 2019年4月13日閲覧。
  18. ^ a b ソフトバンク古谷現状維持 病と闘いながら2軍登板”. 日刊スポーツ (2018年11月19日). 2019年4月13日閲覧。
  19. ^ 2018年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2019年3月13日閲覧。
  20. ^ a b ソフトバンク古谷が160キロ計測 NPB左腕最速”. 日刊スポーツ (2019年5月6日). 2019年11月12日閲覧。
  21. ^ “ソフトバンクの剛速球サウスポー古谷 地元北海道で154キロKKデビュー”. 西日本スポーツ. (2020年7月5日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/623257/ 2020年7月5日閲覧。 
  22. ^ “ソフトバンク古谷が堂々デビュー「心臓バクバク」”. 日刊スポーツ. (2020年7月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007050000498.html 2020年7月5日閲覧。 
  23. ^ https://yakyutaro.jp/p/index.php?h=USoVcdGXU9
  24. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]