田城飛翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田城 飛翔
オリックス・バファローズ #127
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県平塚市
生年月日 (1999-03-19) 1999年3月19日(22歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト3位
年俸 300万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田城 飛翔(たしろ つばさ、1999年3月19日 - )は、神奈川県平塚市出身[2]寒川町生まれ[3])のプロ野球選手外野手育成選手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

平塚市立岡崎小学校3年生の時に、「岡崎メイツ」に入団し野球を始め[3][4]、平塚市立大住中学校では父親が監督を務める二宮大磯シニアで捕手としてプレーする[2][3]

高校は青森県八戸学院光星高等学校に進学。2年生の春からベンチ入りし[3]、3年生春には、第88回選抜高等学校野球大会に3番ライトで出場する。1回戦の開星高校戦に勝利するが[5]、2回戦で龍谷大平安高校に2安打を放つも敗退する[6]。 3年生の夏の第98回全国高等学校野球選手権大会において、青森県代表として出場を果たし、1回戦の市立尼崎高校戦では6回に同点に追いつくソロホームランを、2点リードを追いつかれた延長10回には、決勝打となるタイムリーヒットを放つなど活躍した[3]。2回戦の東邦高校戦では、9回裏に4点リードを逆転され、敗退する[7]

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから育成選手3巡目指名され[8]、同年11月8日、八戸市内のホテルにおいて入団交渉を行い、支度金300万円、年俸300万円(金額は推定)で契約合意に達し[9]、同月22日に福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[10]

背番号135

プロ入り後[編集]

ソフトバンク時代[編集]

2017年、三軍戦において74試合に出場し、打率.262、1本塁打、17打点、9盗塁の成績を残し[11]、7月19日に行われた、ウエスタン・リーグ・対オリックス・バファローズ戦において、二軍公式戦初出場・初安打を記録する[12]。二軍戦では、主に守備や代走として12試合に出場した[13]

2018年、二軍公式戦では出場機会は得られず[14]、三軍戦で85試合に出場し、打率.281、17打点を記録する[15]。シーズンオフの11月25日から開催された2018年アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された[16]

2019年、3月・4月は二軍公式戦25試合で打率.359、9打点、4盗塁、得点圏打率.381をマークし『スカパー!ファーム月間MVP賞』の3・4月度の受賞選手に選ばれた[17]。二軍公式戦には112試合出場し、石川駿に次ぐウエスタン・リーグ2位の打率.307をマーク、またリーグ最多安打となる108安打を記録した[18]。一部メディアでは支配下登録への昇格を有力視されたが[19]、2020年シーズンも育成選手として再契約を結んだ。

2020年、二軍公式戦において37試合の出場で打率.200と前年を下回る[20]。三軍戦においては、46試合に出場し、打率.265、1本塁打、12打点を記録する[21]。 シーズン終了後、球団から育成選手としての契約更新を打診されたが、他球団での支配下契約を目指して12球団合同トライアウトを受けるため、11月18日、自由契約を選択したことが発表された[22]

オリックス時代[編集]

2020年12月7日開催のトライアウトではシート打撃で4打数1安打の成績だった[23]。トライアウト後にはクラブチームからのオファーがあったのちに、オリックス・バファローズから育成選手としてのオファーが届き、オリックスへの入団を決意。同月18日にオリックスが獲得を発表した。背番号は127[24]。田城の目標だった支配下での契約とはならなかったが、「(支配下の)可能性があるから取ってくれる」と入団を決意したもので、これらの様子はドキュメンタリー番組『プロ野球戦力外通告』(TBS)で取り扱われた[1]

2021年の春季キャンプは、育成選手では唯一のA組スタートとなった[25]

選手としての特徴[編集]

  • バットコントロールに優れ、ミートポイントが広く広角に安打を放つアベレージヒッター。身体能力が高く、積極的な打撃と走塁が持ち味[26]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 135 (2017年 - 2020年)
  • 127 (2021年 - )

登場曲[編集]

[27]

代表歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “元ソフトバンク田城「期待に応えたい」オリックスへ”. 日刊スポーツ. (2020年12月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012300000026.html 2021年2月1日閲覧。 
  2. ^ a b 2016年インタビュー・八戸学院光星高等学校 田城 飛翔選手”. 高校野球ドットコム (2016年11月19日). 2017年1月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e 八戸学院光星・田城ソロ&決勝打「目標は全国制覇」 - 高校野球 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ (2016年8月10日). 2016年10月31日閲覧。
  4. ^ 岡崎メイツ第32期生 田城飛翔君がソフトバンクホークスに入団しました。”. 「岡崎メイツ 青葉杯」のホームページ. 2017年1月5日閲覧。
  5. ^ 第88回選抜高校野球大会・1回戦(2016年3月21日 阪神甲子園球場)”. 朝日新聞DIGITAL×ABC朝日放送・バーチャル高校野球. 2017年1月5日閲覧。
  6. ^ 八戸学院光星・田城 チーム唯一のマルチ安打、夏へ“まだまだ成長””. スポニチ Sponichi Annex (2016年3月27日). 2017年1月5日閲覧。
  7. ^ 第98回全国高校野球選手権大会・2回戦(2016年8月14日 阪神甲子園球場)”. 朝日新聞DIGITAL×ABC朝日放送・バーチャル高校野球. 2017年1月5日閲覧。
  8. ^ 八戸学院光星・田城、ソフトバンク育成3位指名!入団なら同校10人目のプロ野球選手”. スポーツ報知 (2016年10月20日). 2017年1月5日閲覧。
  9. ^ 【ソフトバンク】育成3位・田城、目標は走攻守+飛距離の“4拍子”そろった打者”. スポーツ報知 (2016年11月9日). 2017年1月5日閲覧。
  10. ^ ニュース・新入団会見レポ。1位田中正義投手は背番号25!”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2016年11月22日). 2017年1月5日閲覧。
  11. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス) 2017/10/19(木)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2018年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  12. ^ 2017/07/19(水)第19回戦 福岡ソフトバンク vs オリックス 出場選手成績”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年7月19日). 2017年10月22日閲覧。
  13. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年10月22日閲覧。
  14. ^ 2018年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2019年3月10日閲覧。
  15. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス) 2018/11/7(水)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2019年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  16. ^ a b “2018アジアウインターベースボールリーグ(AWB) NPBメンバー一覧”. 日本野球機構 NPB.jp. (2018年12月10日). https://npb.jp/winterleague/2018/roster.html 2020年12月20日閲覧。 
  17. ^ ソフトバンク育成・田城がウエスタンMVP 25試合で率.359”. 西日本スポーツ (2019年5月17日). 2019年10月14日閲覧。
  18. ^ 2019年度 ウエスタン・リーグ リーダーズ (打撃部門) NPB 公式サイト
  19. ^ “ソフトバンク支配下あと1 育成田城飛翔が昇格有力”. 日刊スポーツ. (2019年7月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907290000747.html 2020年12月7日閲覧。 
  20. ^ 2020年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年11月15日閲覧。
  21. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2020/10/20(火)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2020年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月8日閲覧。
  22. ^ “ソフトバンク・吉住が戦力外「野球への気持ち切れかかってる」”. SANSPO.COM. (2020年11月18日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20201118/haw20111814270003-n1.html 2020年12月7日閲覧。 
  23. ^ 新庄氏は3打数1安打1打点/合同トライアウト詳細 - プロ野球ライブ速報”. 日刊スポーツ (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  24. ^ 田城飛翔選手 獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2020年12月18日). 2021年2月1日閲覧。
  25. ^ “【オリックス】育成唯一A組始動の田城飛翔が「キャンプ中に支配下」決意”. スポーツ報知. (2021年1月28日). オリジナルの2021年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210128022326/https://hochi.news/articles/20210128-OHT1T50044.html 2021年2月1日閲覧。 
  26. ^ チーム情報 ・ドラフト会議特集”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年1月5日閲覧。
  27. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2020年11月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]