ET-KING

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ET-KING
別名 大阪大国町纏屋
出身地 日本の旗 日本 大阪
ジャンル J-POP
ヒップホップ
レゲエ
活動期間 1999年 - 2014年
2015年 -
レーベル MATOI RECORDS
事務所 BARIKI
共同作業者
公式サイト ET KING OFFICIAL SITE

ET-KING(イーティー・キング)は、ボーカルDJMCで構成されるJ-POPユニット1999年大阪で結成。ライブ時はメンバー全員が「大阪大国町纒屋 ET-KING」と記された法被を着用する。ヒップホップ、レゲエ、テクノ、ロックから、演歌・歌謡曲までバラエティに富んだ音楽を関西弁で聴かせる[1]

概要[編集]

1999年結成。ボーカル5人、DJ、総合司会という7人のメンバー構成で、大阪・大国町を拠点に活動。 2006年にメジャー・デビュー。

ストレートな言葉と力強いメッセージを武器に、ヒップホップだけでなくバラエティに富んだ音楽を関西弁で聴かせて、お揃いの法被を身に纏い繰り広げるライブのテーマは「お祭り」。熱狂と、涙あり笑いありのドラマ、息の合ったステージングで観客を魅了する。

2007年12月、第40回日本有線大賞において「ギフト」で有線音楽賞を受賞[2]

2014年の結成15周年公演を以って活動休止するが、2015年7月再始動。現在は5人のメンバーで活動中。

ユニット名の由来は、外国人がたまたまリーダーのイトキンの名前を聞いた際、「What? ET-KING?」と返してきたことから [3][4][5]

メンバー[編集]

メンバーはそれぞれ日本の出身で、下表は2018年2月1日時点である[6]

メンバー 法被番号 本名 担当 血液型 身長 [cm] 備考
いときん
(イトキン)
山田祥正 リーダー
ボーカル
A 174

2018年1月31日死去

TENN 森脇隆宏 MC AB 166 2014年9月25日死去
KLUTCH 隈部将治 ボーカル A 175
BUCCI 松尾裕志 ボーカル AB 169
センコウ 濱武千弘 ボーカル B 176
DJ BOOBY 伊東欣司 DJ AB 171
コシバKEN 小柴権 総合司会
MC
A 173

来歴[編集]

1999年に同じ専門学校に通っていたイトキンTENNKLUTCHの3人で結成する。当初はバンドとして活動予定だったが、3人がともにボーカルを希望したため、DJ +ポーカルのユニットを組むことにした。イトキンの高校の同級生のBUCCIにDJをしてもらい活動を始める。その後、同じ専門学校の友達で観客だったセンコウKLUTCHの中学の三年後輩のDJ BOOBYが加入して6人になる。2003年頃、別のグループで活動していたコシバKENが加入して7人になる[7]

2005年、イベント「流派NIGHT」のオーディション企画でグランプリを獲得。12月頃から曲作りをスピードアップしようと通天閣に近い大国町の4LDKマンションで7人が共同生活を始める。1部屋を楽曲制作する「音楽室」とし、メンバーは3部屋に分かれて住んでいた。ケツメイシの「さくら」のプロデュースで知られるNAOKI-Tとの作業時や関東でのプロモーション活動時は東京宿舎に泊まっていた[8]。この7人の共同生活はメンバーが結婚するまでの約3年間続いた[9]

2006年ユニバーサルミュージックからメジャー・デビュー2007年に3rdシングルの『愛しい人へ』がデジタル・ダウンロード件数100万件を超える[10]


2007年12月、第40回日本有線大賞において「ギフト」が有線音楽賞を受賞[11]

2014年、メンバーそれぞれが1アーティストとしてのスキルを伸ばしていくための「充電期間」として活動休止を宣言。2014年4月29日の『ET-KING 結成15周年記念全国ツアー 〜おまえとおったらおもろいわ!〜』のフェスティバルホール公演を期に、活動を休止[12]

2014年9月25日午前7時30分頃、TENNが自殺により急死する[13]

2015年7月1日、6人のメンバーで活動再開を発表する。活動休止中に、自分たちのスタジオ HEAVY C.R.E.A.M SUTADIO(ヘビークリームスタジオ)を完成させてレーベルを設立する[14]。リーダーのイトキンの芸名を平仮名いときんに改め、プロデューサーの名義を高平 真作(たかひら しんさく)に改めた[15]

2016年4月30日、活動休止から2年後に活動再開後初ライブを大阪城野外音楽堂で行った。この日と場所にしたのは時計の針を動かす意味と、TENNに届くように屋外にした[16]

2017年8月3日、いときんが肺腺がんと診断され、治療に専念[17]。ET-KINGの活動については残りの5人で継続することを発表した。
2018年1月31日午前11時28分、いときんががん性心膜炎のため大阪府和泉市内の病院で死去[18]

2018年4月25日、盟友・NAOKI-Tがフルプロデュースし、いときんも全曲に参加したアルバム『LIFE』リリース[19]

2019年9月18日、ET-KING結成20周年を記念して『20th Anniversary ALL TIME BEST -Journey-』をリリース[20]

2019年9月21日、22日、ET-KING結成20周年記念祭 LOCO OSAKA 2019 開催[21]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 順位 タイアップ[22]
Indies 2005年12月7日 12cmCD ETPR-1 圏外
1st 2006年7月12日 ドーナッツ/夏大盛り 12cmCD UPCH-5404 圏外 dwango「いろメロミックスDX」CMソング
2nd 2006年9月20日 Beautiful Life 12cmCD UPCH-5425 179位 CX系「ウチくる!?」 エンディング・テーマ
3rd 2007年2月14日 愛しい人へ 12cmCD UPCH-5440 10位 テレビ東京「元祖!でぶや」エンディングテーマ
限定盤 2007年5月2日 Beautiful Life/HERO (ヒーローになる時、それは今) CD+DVD
12cm
UPCH-9302(枚数限定盤)
UPCH-9301(期間限定盤)
25位 CX系「ウチくる!?」 エンディング・テーマ
4th 2007年9月12日 ギフト 12cmCD UPCH-5492 12位 日本テレビ系「歌スタ!!」9月のお題歌/日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」9月POWER PLAY
5th 2007年12月31日 晴レルヤ CD+DVD
12cm
UPCH-9410(初回限定盤)
UPCH-5521(通常盤)
23位 エムティーアイ「MUSIC.JP」CMソング
6th 2008年4月9日 さよならまたな 12cmCD UPCH-5531 19位 CX「ウチくる!?」エンディングテーマ
7th 2008年6月4日 ふたりの歌/ヤッターマンの歌 12cmCD
12cmCD
UPCH-5542(ふたりの歌ver.)
UPCH-5543(ヤッターマンの歌ver.)
35位 日本テレビ「THE・サンデー」エンディングテーマ/日本テレビ系アニメ『ヤッターマン』主題歌


8th 2008年11月19日 12cmCD UPCH-5563 33位 読売テレビ・日本テレビ系アニメ「ヤッターマン」エンディング・テーマ
9th 2009年4月15日 君想う花 12cmCD
12cmCD
UPCH-9472(初回限定盤)
UPCH-5585(通常盤)
20位 日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」3月エンディングテーマ曲
10th 2009年7月22日 新恋愛 CD+DVD
12cmCD
UPCH-9496(初回限定盤)
UPCH-5610(通常盤)
19位 中京テレビ・日本テレビ系「秒ヨミ!」7月エンディングテーマ (2009年7月度)
11th 2010年2月3日 サクラサク CD+DVD
12cmCD
UPCH-9538(初回限定盤)
UPCH-5639(通常盤)
33位 大阪朝日放送他5局ネット「爆笑!ふれあいコメディ “こちらかきくけ公園前”」 1月~3月エンディング曲/H.I.S. 初夢フェア第2弾 CMソング
12th 2010年9月29日 はじまりの言葉 feat. 千秋 12cmCD UPCH-5667 42位
13th 2011年3月2日 PRIDE 〜君がくれたもの〜 12cmCD UPCH-5866 110位
14th 2011年9月14日 約束/情熱のランナー 12cmCD UPCH-5715 113位
15th 2012年4月11日 mother 12cmCD UPCH-5744 58位 TBS系テレビ「スーパーサッカー」4・5月度エンディングテーマ
16th 2012年7月25日 男は気持ちを伝えたい 12cmCD UPCH-5757 42位
17th 2012年11月21日 寿 12cmCD UPCH-5775 174位 ブライダル情報誌「melon」TV-CMソング
18th 2015年10月21日 喝采 12cmCD XQMX-1001 70位
19th 2016年9月7日 Just chillin 12cmCD XQMX-1004

配信限定[編集]

発売日 タイトル 備考
2010年3月3日 最後の言葉 feat. h (=hiroko from mihimaru GT) Musicoにて先行配信
2017年11月22日 こっちこい 各音楽配信サイトで配信
2018年3月07日 この街の空 各音楽配信サイトで配信
2018年12月16日 みんなで、はたらこう! 各音楽配信サイトで配信
2019年8月1日 それぞれの、大切 各音楽配信サイトで配信
2020年4月20日 Your Song 各音楽配信サイトで配信
2020年10月19日 ピカイチ! 各音楽配信サイトで配信

オリジナルアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 順位
1st 2007年6月6日 LOVE & SOUL CD+DVD
12cm
UPCH-9310(初回限定盤)
UPCH-1550(通常盤)
4位
2nd 2008年6月4日 SOUL LAUNDRY CD+手ぬぐい
12cm
UPCH-9430(初回限定盤)
UPCH-1610(通常盤)
10位
3rd 2009年9月2日 U CD+トレカ
12cm
UPCH-9512(初回限定盤)
UPCH-1746(通常盤)
20位
4th 2011年11月30日 SEVEN STARS CD
12cm
UPCH-1854 57位
5th 2012年12月19日 ストライク CD
12cm
UPCH-1907 96位
6th 2016年2月24日 Ideologie CD
12cm
XQMX-91001(初回限定盤)
XQMX-1003(通常盤)
85位
7th 2018年4月25日 LIFE CD
12cm
XQMX-91002(初回限定盤)
XQMX-1005(通常盤)
34位

歌集シリーズ[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2010年12月15日 恋愛歌集 UPCH-1811
  1. はじまりの言葉 feat. 千秋
  2. 友達なんかじゃいられない
  3. 素顔のままで feat. K
  4. 新恋愛
  5. 男の主題歌
  6. 白いドレス
  7. 凸凹
  8. お前を連れて
  9. 最後の言葉 feat. h
  10. レサムピピリ
オリコン最高56位
登場回数5回
2nd 2011年7月20日 応援歌集 UPCH-1841
  1. 行くぞ!
  2. PRIDE ~君がくれたもの~
  3. 夢現
  4. 働く男
  5. がんばってこう
  6. 晴レルヤ
  7. 裸の雑草
  8. 満月の夕
  9. 祭のあと
  10. この歌を・・・・・・・・♪ (Bonus Track)
オリコン最高43位
登場回数4回
3rd 2012年5月23日 家族歌集 UPCH-1869
  1. mother
  2. きみとの日曜日
  3. うまい!お弁当
  4. はんぶんこ
  5. さんぽ
  6. せんたくのうた
  7. おすしはまわる
  8. おじいちゃんとおばあちゃんの結婚式
  9. 帰り道
オリコン最高60位
4th 2015年3月16日 宴会歌集 UPCH-2053
  1. パーっと行こう!
  2. ドーナッツ
  3. どまくれ酒
  4. Splash
  5. GO
  6. 松風
  7. 日本全国酒飲み音頭
  8. ええやんけ阪神
  9. 纒 ~花の慶次バージョン~
  10. キラッ☆サマー
  11. わっしょい二次会
  12. 愛の花
オリコン最高127位
登場回数1回

コレクションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
2010年3月17日 シングルコレクション! 2CD+DVD
2CD
1CD
1CD
UPCH-9549(初回限定盤A)
UPCH-9550-1(初回限定盤B)
UPCH-9552(ナイスプライス盤)
UPCH-1770(通常盤)
最高16位
2013年4月24日 ブライダルコレクション! UPCH-1927
  1. 約束
  2. 白いドレス
  3. 愛しい人へ
  4. スピーチ!!
  5. 男の主題歌
  6. ずっと2人で
  7. はじまりの言葉 feat.千秋
  8. 凸凹
  9. ただいまおかえり
  10. おじいちゃんとおばあちゃんの結婚式
  11. 秋桜
  12. mother
  13. LA・LA・LA LOVE SONG
  14. 寿
  15. ギフト
  16. ふたりの歌
最高96位
登場回数3回

ベストアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 順位
2014年1月15日 ET-KING BEST 2CD+DVD
2CD
UPCH-9909(初回限定盤)
UPCH-1958/9(通常盤)
25位
2019年9月18日 20th Anniversary ALL TIME BEST -Journey- 3CD+DVD
3CD
UPCY-9910(初回限定盤)
UPCY-7611/3(通常盤)
31位

リミックスアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 順位
2009年3月25日 10-ten- 12cmCD UPCH-1695 129位

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 順位
1st 2008年7月16日 見放題! ~ET-KING VIDEO CLIP COLLECTION~ DVD UPBH-1222 51位
2nd 2008年10月1日 ET-KING TOUR 2008 "どてっぱらにどっかん" DVD UPBH-1223 37位
3rd 2009年12月16日 ET-KING LIVE TOUR 2009 ~老若男女灼熱謝恩ダンスホール~ DVD UPBH-1251 74位
4th 2010年8月11日 ET-KING ワンマン・ライブ 歌えや大阪!踊れや日本! DVD UPBH-1264/1265 34位
5th 2010年9月29日 見放題2! ~ET-KING VIDEO CLIP COLLECTION~ DVD UPBH-1274 120位
6th 2012年1月18日 YOSHIMOTO WONDER CAMP KANSAI ~Laugh & Peace 2011~

ET-KING presents コント・ミュージカル“ET-KING 歌笑劇~焚火~”in 京橋花月

DVD YRBN-80093 112位
7th 2012年11月21日 ライブシングルコレクション! DVD UPBH-1308 130位
8th 2014年7月23日 ET-KING結成15周年記念全国ツアー ~おまえとおったらおもろいわ!~ DVD POBD-60498 51位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 順位
2006年4月19日 DANCEHALL PREMIER presents
REGGAE MILLION III
12cmCD COCP-33625 台風 267位
2006年10月18日 Candy Flava -winter magic- 12cmCD XQBH-1001 ドーナッツ
2007年7月11日 筒美京平トリビュート the popular music 12cmCD UPCH-20031 お世話になりました 12位
2007年10月3日 この歌を・・・・・・・・♪
(※K×ET-KING名義)
12cmCD SRCL-6641 この歌を・・・・・・・・♪ 19位
2007年10月24日 DJ KAORI'S JMIX 12cmCD UMCK-1238 愛しい人へ 4位
2007年11月7日 流派-R TV サウンドトラック(邦楽編) 12cmCD UPCH-1566 ドーナッツ 134位
2007年12月5日 アイのうた 12cmCD UICZ-8034 愛しい人へ 5位
2007年12月5日 Rhythm Nation presents TOP HIT 07-08 12cmCD RZCD-45748 Beautiful Life
2008年7月9日 ナツウタ 12cmCD UICZ-1298 ドーナッツ 66位
2008年7月23日 SMILE! ごっつ! ひっつ! 12cmCD ZZCD-80028 NANIWA
2008年9月10日 キミとのうた 〜コラボレーション〜 12cmCD UPCH-1621 この歌を・・・・・・・・♪ 7位
2008年11月26日 アイのうた2 12cmCD UICZ-8048 ふたりの歌 3位
2009年1月21日 モバ♥うた 12cmCD UPCH-1688 愛しい人へ 9位
2009年5月20日 いちばん大切なキミへ贈るうた 〜友達 家族へ〜 12cmCD UICZ-8053 さよならまたな 85位
2009年10月14日 フルスロットル☆ブギ
(※にけつッ! ! feat. ET-KING名義)
12cmCD YRCN-90085 フルスロットル☆ブギ 78位
2009年12月16日 アイのうた3 12cmCD UICZ-8064 新恋愛 20位
2010年6月30日 恋のうた -泣きラブ 12cmCD UICZ-8072 愛しい人へ 2010 96位
2010年12月1日 アイのうた WINTER REMIX 12cmCD UICZ-8079 愛しい人へ
-DJ HASEBE Winter Remix-
247位
2011年2月2日 あの・・夢もてますケド。
遊助2ndアルバム)
12cmCD SRCL-7496 空 遊turing ET-KING 1位
2012年9月5日 MENZ Collaboration(傳田真央 12cmCD CRCP-40326 ずっと忘れない with TENN & KLUTCH from ET-KING 117位
2014年5月28日 YEAH♪♪ 〜YOSHIMOTO COVER&BEST〜 12cmCD YRCN-95229 WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント 168位

タイアップ[編集]

タイトル 起用年 タイアップ先
愛しい人へ 2007年 テレビ東京系『元祖!でぶや』エンディング・テーマ

テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』1月度エンディング・テーマ 毎日放送MBS PUSH OUT(2007年1月~〜3月)

ギフト 2007年 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』9月POWER PLAY・日本テレビ系『歌スタ!!』9月の「お題歌」[23]
晴レルヤ 2008年 日本テレビ系『スッキリ!!』2008年1月度エンディングテーマ
ヤッターマンの歌 2008年 日本テレビ系アニメ『ヤッターマン』主題歌[24]
うまい!お弁当 2008年 関西テレビ「こどものうた」テーマ曲
夏大盛り2008 2008年 HONDA 中部 Honda Cars キャンペーンソング
まだまだ 2008年 関西テレビ「プロ野球中継2008」テーマ曲
ひぐらしのなく頃に feat.千賀太郎 2016年 映画『女子高』主題歌[25]
みんなで、はたらこう! 2018年 indeedタイアップ曲[26]
この街の空 2018年 大阪万博誘致応援ソング
ピカイチ! 2020年 ABCラジオ「横山太一のピカイチ☆ブランチwith小原正子クワバタオハラ」のテーマソング

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
安藝昌和 サクラサク
奥和義 この歌を・・・・・・・・♪
川村ケンスケ Beautiful Life」「さよならまたな」「ふたりの歌」「ギフト」「愛しい人へ」「君想う花」「」「最後の言葉 feat.h」「新恋愛
木村真生 「Beautiful Life (NEW Ver.)」「素顔のままで feat.K」
黒田秀樹 晴レルヤ
中村たかし 「PRIDE〜君がくれたもの〜」「はじまりの言葉 feat.千秋
福原弘之 「夢現」
Mickey キラッ☆サマー
望月和磨 男は気持ちを伝えたい
森本一平 約束
Hideki Yamasaki mother

出演[編集]

衣装[編集]

ライブや公の場では法被を着る。法被の両方のえりから胸元に「大阪大国町」と記され、柄は新調する度に変わるが「纒屋」の文字やメンバーそれぞれの番号などが描かれている。「法被は自分たちの正装、タキシードみたいなものです」(イトキン)。 2002年に初代の法被を作り周年や節目の時に新しいものを作る。デザインはイトキンが行っていた。色は黒、青、白など[27]。ET KINGが着ているものは印半纏と思われるが現代では法被と混同されているようである[28]。製作は北浦染工[29]

白のダボシャツとダボズボン、地下足袋。帯はしない。纒屋なので火消し札を首から下げている。イトキンTENN麦わら帽子をかぶり、KLUTCHは鉢巻きをしている。

アンコールではジーパンに半袖Tシャツ、スニーカー、キャップなどの洋服に着替える。ツアーグッズを着ることも多い。

ライブ[編集]

DJ BOOBYコシバKENが最初にステージへ登場し「おひけいなすって」と仁義切り、前口上を行いライブが始まる。

基本の立ち位置
(〜2014年)
後列 DJ BOOBYコシバKEN
前列下手からKLUTCHTENNイトキンBUCCIセンコウ
楽曲によってはコシバKENが前列に出ることもある。


(2015年〜2017年)
後列 DJ BOOBY、
前列下手からKLUTCH、BUCCI、いときん、センコウ 、コシバKEN


(2018年〜)
後列 DJ BOOBY、
前列下手からKLUTCH、BUCCI、センコウ 、コシバKEN

・自分のソロパートになると前に出て中央に移動する。
・掛け合いがあれば二人が中央に移動する。
・イトキンソロとサビでイトキンが中央に戻る。
・一曲終わるごとに上半身が水平になるまで礼をする(コシバKENは中途半端な礼をすることがある)。

TENNの死後、TENNのパートをコシバKENが歌う。


イトキンの死後、イトキンのパートは、
・イトキンの声を流しメンバーは歌わない。
・BUCCIまたはコシバKENまたはKLUTCHが歌う。
・DJ BOOBY以外のメンバー全員で歌う。
など楽曲によって異なる。

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2007年07月22日 (日) - D-PUSH! Presents 「ET-KING」プレミアライブ
  • 2007年10月12日-DJ BOOBYとKLUTCHの母校である泉南市立泉南中学校でサプライズライブを行った。
  • 2010年 - ET-KING「踊れや!ドンドコ一番祭り -日比谷で浪速のBON DANCE-
  • 2010年12月14日〜2011年02月04日 - 歌って踊って年末年始!列島沸騰どんちゃん騒ぎツアー
  • 2011年06月25日〜07月10日 - ET-KING presents 2マン・ライブ・ツアー2011
    w/nobodyknows+ / SOUL'd OUT / かりゆし58 / ガガガSP
  • 2012年03月17日〜05月27日 - わっしょい前線2012 ~そこにお前がおるから歌うねん~
  • 2012年11月03日〜11月30日 - ET-KING"近畿2府5県ツアー2012"
  • 2013年03月27日〜05月31日 - ET-KING 全国ツアー2013 "ど!まんなか"
    w/ノックチャック
  • 2014年03月16日〜04月29日 - ET-KING結成15周年記念全国ツアー ~おまえとおったらおもろいわ!~
  • 2016年04月30日 - 活動再開後初無料ワンマンライブ「Re-Start」
  • 2020年06月21日 - ET-KING初の電子チケットライブ「大阪モデル〜家でイエーィ!!」

出演イベント[編集]

  • 2006年10月08日 - MINAMI WHEEL 2006
  • 2007年07月09日 - B-JAM0709
  • 2007年07月12日・13日 - スペースシャワー列伝 第67巻 ~跳乗音(ライドオン)の宴~
  • 2007年08月19日 - TREASURE05X 2007 ~ZEUS 2007 DO YOU WANT MORE?!~
  • 2007年10月28日 - MINAMI WHEEL 2007
  • 2008年02月10日 - 大阪オートメッセ
  • 2008年08月09日・10日 - SUMMER SONIC 2008
  • 2008年10月05日 - SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR YOUNG FLAG 08
  • 2009年07月25日 - TOKAI SUMMIT'09
  • 2009年08月13日 - お台場合衆国2009~フジがやらなきゃだれがやる!~ めざましライブ
  • 2009年08月23日 - KOYABU SONIC 2009
  • 2009年10月24日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL.0.99
  • 2010年07月03日 - mihimaru GT mihimaLIVEツアー'10~University of mihimaru GT☆mihimalogy実践講座!!~
  • 2010年07月25日 - TOKAI SUMMIT'10
  • 2010年08月07日 - SUMMER SONIC 2010
  • 2010年08月21日 - MONSTER baSH 2010
  • 2010年08月28日 - KOYABU SONIC 2010
  • 2010年09月26日 - 長田大行進曲
  • 2010年10月09日 - 家族 Fes. 2010
  • 2011年05月21日 - KOYABU SONIC 2011
  • 2011年06月11日 - Sing for EAST
  • 2012年08月05日 - NOBEOKA夏フェス~あなたの街にやってくる!ワッショイ!」
  • 2012年09月30日 - KOYABU SONIC 2012
  • 2012年10月27日 - 第43回山陽学園大学祭2012 ~ET-KING LIVE~
  • 2012年12月24日 - CLUB CITTA' X'mas Siren Night
  • 2013年06月14日 - ガガガSP 長田大行進曲行脚 2013 ~若者よ書を読んでから街に出よ!そしてライブに来い!~
  • 2013年08月14日 - みんな集まれ!2013
  • 2013年08月17日 - CROSS BEAT SUPER LIVE 2013
  • 2013年09月05日 - 漢気フェスティバル'13
  • 2013年09月16日 - KOYABU SONIC
  • 2013年09月22日 - FILTER88 11th anniversary
  • 2013年09月23日 - Live Jam 2013
  • 2013年10月13日 - 神戸夙川学院大学 第7回湊風祭&第48回夙凛祭~彩~color
  • 2013年11月03日 - SANUKI BEAT 2013-秋の陣-
  • 2013年11月23日 - 岡山理科大学 第49回半田山祭2013
  • 2013年11月24日 - MUSIC HAPPINESS
  • 2013年12月21日 - YOKOHAMA LIVE JACK 2013 -CHRISTMAS SPECIAL-
  • 2014年03月15日 - HAPPY JACK 2014
  • 2015年05月06日 - Pile パイちゃん祝おう! 誕生祭LIVE in OSAKA 2部
  • 2020年10月03日 - MUSIC CIRCUS'20

「えんとつ町のプペル』[編集]

・2020年10月13日、お笑いコンビ・キングコング西野亮廣のブログで、彼が手掛けた50万部を超える人気絵本が原作で、本人が製作総指揮を執るアニメーション映画『えんとつ町のプペル』の主人公であるブルーノのモデルが「いときん」であるということ、脚本執筆中にET-KINGの「さよならまたな」を何度も何度も聴いていたことを明らかにした。

ミュージックビデオ 「さよならまたな」 - YouTube
10月20日、アニメ映画『えんとつ町のプペル』の予告映像が解禁された。「見る人が見たら、ブルーノが誰をモデルにして生まれたキャラクターなのかが、すぐに分かると思います。あきらかに、いときんサンなので(笑)」(西野)
ミュージックビデオ 「えんとつ町のプペル」 - YouTube
12月25日、公開予定 [30][31]

大熊町と『はんぶんこ』[編集]

2011年3月11日に起こった東日本大震災に伴う原発事故により、大熊町会津若松市に 全町避難することとなった。移転が連続する状況の中で全国各地に避難した町民もいて、「移転先で大熊町民としての一体感を与えにくい」や「住所移転者が受ける差別」などの問題が浮上した。避難先にて学校が再開された4月16日、町立小・中学校、幼稚園の合同入学式でET-KINGによるサプライズライブが行われた。いときんは「今音楽はみんなにとって必要のないものかもしれない。でも、どうしても無駄なものだとは思えないのです。だから精一杯歌わせてください。」と語った。

同じ大熊町でも環境も異なり、園歌も違う子どもたちの心を繋ぎにくかった。職員がET-KINGの所属事務所に手紙を送ると、ある日幼稚園にET-KINGのマネージャーから「手紙を読んだメンバーが園歌とまではいかないが、子どもたちが、楽しく歌えるような楽曲を制作しています」という内容の電話があった。こうしてできたのが『はんぶんこ』だった。11月11日、ET KINGは大熊町立幼稚園で約100人の園児の前で無料ライブを開催。

全国各地に避難した大熊町の子どもたちが、この歌に励まされ、繋がったらこんな素敵なことはない。[32][33]。これが実現したのは、震災の前年の10月に大熊町で町役場が主催しライブを開催していたことがある。イトキンは「この町の人は呼んでくれたんだから、町になにかあったら今度は行って恩返しするのは当然のこと」と話す。さらに阪神・淡路大震災の体験も支援を続ける理由だった。[34]

ミュージックビデオ 「はんぶんこ」 - YouTube

脚注[編集]

  1. ^ ザテレビジョン タレント ETー KING
  2. ^ 日本有線大賞
  3. ^ BIOGRAPHY
  4. ^ 公式 プロフィール
  5. ^ ET-KINGスペシャルインタビュー BE-Live.tv
  6. ^ [PROFILE|ET-KING”. ET-KING OFFICIAL WEBSITE. 2015年7月1日閲覧。
  7. ^ 20th Anniversary ALL TIME BEST -Journey-
  8. ^ 共同生活が生んだ新作 ET-KING 朝日新聞DIGITAL2008年7月3日
  9. ^ 住まいるライフ スペシャルインタビュー
  10. ^ ET-KING、活動休止前の最後の作品『ET-KING BEST』2014年1月発売 BARKS2013年11月14日
  11. ^ 日本有線大賞
  12. ^ ET-KING、来年4月で活動休止 結成15周年で“充電”へ”. 2013-11-08. 2015年7月1日閲覧。
  13. ^ ET-KING・TENNさん死去 公式サイトで遺書公開”. ORICON (2014年9月26日). 2015年7月1日閲覧。
  14. ^ ET-KING、1年2ヶ月ぶり再始動 復帰作はTENNさん歌声も”. ORICON (2015年7月1日). 2015年7月1日閲覧。
  15. ^ ET-KING再始動…TENNさんへの思い「声が1つ足らんなあ」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社. 2015年9月30日閲覧。
  16. ^ いときんインタビュー”. Y!ニュース. 2015年12月1日閲覧。
  17. ^ ET-KINGいときん、肺腺がんでむ治療に専念 ステージ4で脳にも転移”. オリコンニュース. 2017年8月3日閲覧。
  18. ^ 「ET―KING」いときんさん死去 38歳 昨年8月肺線がん公表”. スポニチアネックス. 2018年2月1日閲覧。
  19. ^ ET-KING、7人の声と想いが詰まったニューAL『LIFE』ジャケ写公開 Billboard JAPAN NEWS 2018年3月13日
  20. ^ [1]
  21. ^ LOCO OSAKA 2019サイト
  22. ^ レコチョク
  23. ^ レコチョク
  24. ^ オリコン
  25. ^ 峯岸みなみ主演「女子高」公開日決定、主題歌はET-KING”. 音楽ナタリー (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  26. ^ ETーKING 公式サイト インフォメーション
  27. ^ オリコン ミュージック
  28. ^ 半纏と法被の違い
  29. ^ ET KING公式
  30. ^ 西野亮廣ブログ
  31. ^ Yahooニュース 『えんとつ町のプペル』予告編解禁
  32. ^ 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故を 受けた大熊町の就学前教育・保育の現状と課題
  33. ^ 大熊町幼稚園ブログ 2017年08月10日
  34. ^ ニュースzero 2011年12月10日

外部リンク[編集]