古谷拓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古谷 拓哉
2011marines furuya.jpg
2011年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道北見市
生年月日 (1981-07-14) 1981年7月14日(36歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト5巡目
初出場 2006年8月30日
最終出場 2016年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

古谷 拓哉(ふるや たくや、1981年7月14日 - )は、北海道北見市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

駒澤大学附属岩見沢高校時代は、1998年夏の第80回全国高等学校野球選手権大会(当時は南北海道代表)と翌1999年春の第71回選抜高等学校野球大会にエースとして出場。3年時の夏は、南北海道大会決勝で北海高と対戦するも自身の暴投により0-1でサヨナラ負けを喫した[1]

高校在学中は学業も優秀で、枠が一つしかない指定校推薦で駒澤大学に進学。当時はカウンセラーになることを目指し、心理学を専攻した。入学後、野球部には入部しなかった。上記の暴投のショックで入部しなかったと周囲には言われていたが、高校時代で野球への情熱が燃え尽きてしまったからであった。遊びで軟式野球サークルに所属してはいたが、週に1回の練習にも行くか行かないかの日々を送っていた[1]。学業にも熱が入らず、不摂生な生活を送っていた中、たまたま見たシドニー五輪での松坂大輔の姿に感化され、1年時の秋に一念発起し硬式野球部に途中入部する[1]。野球部からは「左投げじゃなかったら取らなかった」と言われたという[2]。しかし、東都1部リーグでは通算20試合登板し1勝7敗に終わった[1]

大学卒業後は一般企業に就職することを考えていたが、社会人野球日本通運との練習試合に登板し好投したことをきっかけにスカウトされ入団。ここでもエースになれなかったが、2年目となる2005年第76回都市対抗野球大会で同大会の優勝チームである三菱ふそう川崎戦で先発投手降板後に登板し、5回無失点の好投を見せ、この投球が当時千葉ロッテマリーンズで監督を務めていたボビー・バレンタインの目に留まり[1]、同年のプロ野球ドラフトの大学・社会人ドラフト5巡目で千葉ロッテマリーンズから指名を受け入団した。

プロ入り後[編集]

2006年は、入団当初から即戦力左腕として大きく期待され、8月30日ソフトバンク戦で初先発初登板を果たしたが、2回3失点で結果は敗戦投手。一軍での登板はその1試合のみだった。しかし二軍では防御率2.51、10勝5敗の好成績で、ルーキーながらイースタン・リーグ最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の三冠を獲得した。

2007年は二軍で防御率5点台、3勝6敗と不調で、一軍登板なし。

2008年は二軍で26試合に登板し1勝1敗、防御率3.99の成績を残すも、2年連続で一軍登板なしに終わった。

2009年は、3年振りの一軍登板を果たしたが、防御率11.81に終わった。

古谷の投球フォーム

2010年シーズンは、結果が出なければ打撃投手へ転向するよう球団フロントから通達されており、正念場となった[3]。シーズン当初は二軍スタートとなるが、4月後半に一軍に昇格すると、5月3日日本ハム戦に2番手として登板し初勝利を挙げ、同年は58試合に登板し3勝0敗、防御率2.91の好成績でレギュラーシーズンを終える。同年の日本シリーズにも4試合に登板し、1ホールドをマークし、飛躍の年となった。

2011年は、開幕一軍入りするものの、序盤は不調に苦しみ5月に二軍落ち。だが、9月下旬に一軍に復帰すると、一時は10点台にまで低迷していた防御率も5点台にまで持ち直した。

2012年は、前年よりも登板数が減少し、10試合で防御率5.79に終わった。同年オフの秋季キャンプで、新任の斉藤明雄投手コーチから先発の適性を見出され、打診を受け転向する[4]

2013年シーズンは先発として迎えたが、オープン戦では不安定な投球で開幕一軍はならなかった。しかし、5月30日イースタン・リーグの対横浜DeNAベイスターズ戦(平塚球場)でノーヒットノーランを達成した[5]。この投球が評価され、一軍に昇格すると6月26日の対オリックス・バファローズ戦であと一人でノーヒットノーランを達成するところまで漕ぎ着けたものの、坂口智隆に3塁打を打たれ達成はならなかった[6]。しかし続く代打の辻俊哉を遊ゴロに打ち取り、7年(2492日)ぶり2度目の先発を初完封先発初勝利で飾った。その後もシーズン終了までローテーションの一角として活躍し、自己最多となる9勝、防御率2.73をマークし、同じくこの年それまで同じ左腕で伸び悩んでいた服部泰卓と共にチーム3位に貢献した。クライマックスシリーズのファーストステージでは西武と対戦。第1戦に先発し、相手の先発は岸孝之だった。打線の大量援護だったが5回途中で降板する。ファイナルステージの楽天戦には第3戦に先発するも敗戦投手となった。

2014年は開幕から先発としてローテ入りし、4月で3勝を挙げる[7]好スタートを切った。しかし交流戦に入ると調子を落とし、中継ぎに回る場面も見られた。リーグ戦再開後は先発に戻り、7月22日福岡ソフトバンクホークス戦でチームトップの7勝目を記録。だがその後3連敗を喫し、8月26日のオリックス戦で3回途中4失点で降板すると、左肩痛のため登録抹消となり[8]シーズンを終えた。同シーズンは7勝5敗、防御率4.35であったが、交流戦を除くと防御率は3.76とまずまずの数字であった。

2015年は11試合に登板し3勝4敗、防御率は4.42という成績を残した。

2016年には、一軍公式戦5試合の登板で、防御率8.84と不振を極めた。先発に起用された4試合ですべて黒星を喫したほか、8月25日の対日本ハム戦(QVCマリン)3回表に陽岱鋼の打球が左手親指の付け根を直撃。後に左手母指中手骨の骨折で全治に3ヶ月を要することが判明したため、そのままシーズンを終えた[9]。なお、二軍調整中には、イースタン・リーグ公式戦12試合に登板。5勝2敗、防御率4.34という成績を残した。

2017年には、チームの日本人投手で現役最年長(36歳)に到達。前年の左手骨折から、リハビリを経て、イースタン・リーグの公式戦で実戦復帰を果たした。しかし、一軍公式戦への復帰登板までには至らず、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[10][11]。その際に球団職員への転身を勧められたことから、11月初旬に現役引退を決意。12月21日に、球団を通じて引退を正式に発表[12][13]

現役引退後[編集]

ロッテの球団職員として、2018年1月1日付で営業部に配属[12][13]。ロッテの選手が戦力外通告を経て用具係・打撃投手など現場スタッフやスカウト以外の球団職員に採用された事例は初めてで、自身と同じく2017年に戦力外通告を受けた後輩投手の黒沢翔太も、黒沢と同じ経緯で球団スタジアム部に配属されている[14]

選手としての特徴[編集]

平均140km/h弱のストレートスライダーカーブチェンジアップを武器に、コーナーを巧みに突くピッチングが持ち味[15]。クイックモーションでの動作が速く、左打者に対して徹底的に外角を攻めることも特徴[16]

ロッテへの入団後は、中継ぎ要員として起用された2012年まで、パワーピッチングに終始。ストレートで最速145km/hを記録する一方で、この投球スタイルに限界を感じていた。そのため、首脳陣から先発への転向を勧められたことを機に、投球スタイルを一新。「リリースの瞬間までボールを体の後ろに隠す」「脚を下ろす前にタメを作る」「投球の動作をゆったりさせる」という脱力投法に変えた[17]結果、2013年以降は技巧派の左腕投手として一軍先発陣の一角を担った。

人物[編集]

福岡ソフトバンクホークスに所属する古谷優人は「はとこ甥」(父親のいとこの孫)で、自身の現役時代と同じく左腕投手である[18]。奇しくも、優人がソフトバンクへ入団した2017年限りで、拓哉は現役を引退。引退発表の際には、球団の公式サイトを通じて、「11月初旬に引退をすることを決めました。球団から来季構想外であることを通告されて、まだやれるのではという気持ちもあったのですが、球団から職員としてのチャンスをいただき、新しいことにチャレンジが出来るいい機会と考えました。今は気持ちを切り替えて、新しい仕事でまた別の角度から野球に携われることにワクワクしています。営業は経験がないので、実際にやってみないと分かりませんが誠心誠意、お客様としっかりと向き合っていけたらと考えています。現役での一番の思い出は2010年に日本シリーズに登板をして日本一を経験出来たことです。個人的には2013年のオリックス戦でノーヒットノーランを逃したこともありますが、あくまで個人的なことです。営業マンとしてノーヒットノーラン級の仕事が出来るように頑張ります」とのメッセージを寄せた[12]

ロッテの現役投手時代には、科学雑誌の『Newton』を愛読していることを公言するなど、「球界きっての宇宙マニア」としても知られた。2015年11月22日にQVCマリンフィールドで開かれたロッテのファン感謝イベント「スーパーマリンフェスタ2015」では、千葉市科学館からの依頼を受けて、後輩投手の田中英祐京都大学工学部出身)と共に「カモメ科学館」(ブルペンを舞台に宇宙や地球の魅力を中学生以下の児童と一緒に学ぶ企画)へ参加した[19]。田中も2017年に球団からの戦力外通告を経て引退したが、球団スタッフ(データ分析担当)への転身要請を固辞したうえで、三井物産へ入社している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 ロッテ 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.0 6 1 1 0 0 1 0 0 3 3 13.50 3.50
2009 4 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 29 5.1 8 0 4 1 2 3 1 0 7 7 11.81 2.25
2010 58 0 0 0 0 3 0 0 11 1.000 245 55.2 48 4 30 0 2 52 3 0 19 18 2.91 1.40
2011 21 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 91 19.0 25 0 9 0 1 14 1 0 16 12 5.68 1.79
2012 10 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 48 9.1 15 2 6 0 0 2 0 0 6 6 5.79 2.31
2013 15 15 1 1 0 9 1 0 0 .900 359 89.0 67 5 29 0 6 76 3 0 28 27 2.73 1.08
2014 23 17 1 1 0 7 5 0 0 .583 461 101.1 110 8 44 2 6 68 2 0 53 49 4.35 1.52
2015 11 11 0 0 0 3 4 0 0 .429 235 53.0 50 7 28 0 3 39 1 0 27 26 4.42 1.47
2016 5 4 0 0 0 0 4 0 0 .000 92 18.1 25 1 11 0 0 6 0 0 19 18 8.84 1.96
通算:9年 148 48 2 2 0 23 15 0 14 .605 1573 353.0 354 28 162 3 20 261 11 0 178 166 4.23 1.46
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2014年6月4日、対中日ドラゴンズ2回戦(QVCマリンフィールド)、2回裏に大野雄大から投手強襲内野安打

背番号[編集]

  • 27 (2006年 - 2017年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 古谷、大学では当初軟式野球サークルに ボビーの目に留まりプロへ”. スポニチ Sponichi Annex (2013年6月27日). 2013年6月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月28日閲覧。
  2. ^ 日刊スポーツ 2017年2月11日 4面「本日のいいね」
  3. ^ 打撃投手転向の危機も…古谷、本音は「ノーヒットノーランやりたかった」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年6月27日). 2013年6月28日閲覧。
  4. ^ 斉藤コーチが見いだした古谷の適性「先発だと力まない」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年6月27日). 2013年6月28日閲覧。
  5. ^ “ロッテの古谷 2軍のDeNA戦でノーヒットノーラン!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年5月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/30/kiji/K20130530005911610.html 2013年5月30日閲覧。 
  6. ^ “古谷 多田野以来の“あと1人”で快挙逃す…ロッテでは仁科以来”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/26/kiji/K20130626006094040.html 2013年6月26日閲覧。 
  7. ^ “ロッテ 古谷が7回1失点で3勝目 オリ井川は2敗目”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年4月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/23/kiji/K20140423008029090.html 2014年12月20日閲覧。 
  8. ^ “ロッテ古谷 左肩痛で抹消へ チームトップタイ7勝腕離脱”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年8月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/28/kiji/K20140828008822040.html 2014年12月20日閲覧。 
  9. ^ “ロッテ古谷が打球直撃で骨折、全治3か月で今季絶望 「今年は終わりです」”. Full Count. (2016年8月25日). https://full-count.jp/2016/08/25/post43413/ 2017年12月26日閲覧。 
  10. ^ 来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  11. ^ ロッテ古谷戦力外「いろんな可能性を考えたい」”. 日刊スポーツ (2017年10月3日). 2017年12月26日閲覧。
  12. ^ a b c 古谷投手 引退のお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2017年12月21日
  13. ^ a b ロッテ古谷引退「気持ちを切り替えて」球団職員に”. 日刊スポーツ (2017年12月21日). 2017年12月21日閲覧。
  14. ^ ロッテ黒沢の生き方 球団と選手の“懸け橋”になる”. 日刊スポーツ (2017年11月25日). 2017年12月26日閲覧。
  15. ^ 古谷 ノーヒッターにあと1球「期待させてすみませんでした」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年6月27日). 2013年6月28日閲覧。
  16. ^ また古谷にやられた…オリックス連勝7で止まる”. スポニチ Sponichi Annex (2014年4月10日). 2014年5月17日閲覧。
  17. ^ あと1人で!ロッテ・古谷“ノーヒッター”夢散”. SANSPO.COM (2013年6月27日). 2013年6月28日閲覧。
  18. ^ ロッテ、ドラ1候補に古谷の親戚!「北の怪物」江陵・古谷優人”. SANSPO.COM (2016年7月22日). 2017年11月25日閲覧。
  19. ^ ファン感謝イベントで「カモメ科学館」京大卒田中&宇宙好き古谷参加”. Sponichi Annex (2015年11月17日). 2017年12月26日閲覧。
  20. ^ 選手登場曲| 千葉ロッテマリーンズ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]