大本将吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大本 将吾
福岡ソフトバンクホークス #125
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県西条市
生年月日 (1998-04-22) 1998年4月22日(21歳)
身長
体重
186 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト1位
年俸 300万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大本 将吾(おおもと しょうご、1998年4月22日 - )は、愛媛県西条市出身[2]プロ野球選手外野手育成選手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

西条市立壬生川小学校の1年生頃から、「小松リトル」で野球を始める。2年生からは「西条リトル」に所属[3]

西条市立東予東中学校時代には、「西条シニア」や「BB凌駕」(ヤングリーグ)で、投手や一塁手としてプレーする。打順は4番だった[3]

高校は帝京第五高等学校に進学。1年の新人戦からベンチ入りし、2年生春からは4番・一塁手で先発出場する[3][4]。甲子園出場経験はなく、4番・右翼手で出場した3年生の夏の第98回全国高等学校野球選手権愛媛大会は、2回戦で松山商業高等学校に敗れる[5]帝京高等学校野球部助監督時代、中村晃の指導歴のある小林昭則監督の下、打撃フォームの改造に取り組み、3年生春まで高校通算4本塁打を4カ月で7本上積みし、その長打力が注目される[6][7]

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから育成選手一巡目指名され[7]、同年11月4日、愛媛県大洲市内で入団交渉を行い、支度金300万円、年俸300万円(金額は推定)で契約合意に達し[8]、同月22日に福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[9]

背番号125

プロ入り後[編集]

2017年、2月26日、同月25日に福岡市内の病院で右手有鉤骨鉤摘出手術を受けたと発表された[10]。上記の手術でリハビリからのスタートとなったが、4月22日に行われた徳島インディゴソックスとの三軍戦において、非公式戦ながらプロ初出場[11]。9月15日に行われた、ウエスタン・リーグ・対広島東洋カープ戦において、二軍公式戦初出場を果たす[12]。二軍戦の出場はその1試合のみであるが[13]、三軍戦において49試合に出場し、打率.205、1本塁打、11打点の成績を残す[14]

2018年、二軍公式戦では出場機会は得られず[15]、三軍戦で72試合に出場し、打率.262、3本塁打、41打点を記録する[16]。シーズンオフの11月25日から開催された2018年アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された。

選手としての特徴・人物[編集]

  • 長打力が魅力の大型外野手。体作りから徹底し、球界を代表する選手へ。[17]
  • 野球用品メーカーが実施したスイングスピード計測では今年の高校生の左打者で全国ナンバーワンだった[7]
  • 憧れの選手は柳田悠岐外野手[7]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 125 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「Re:make」ONE OK ROCK(2019年 - )
  • 「じぶんROCK」ONE OK ROCK(2019年 - )

[18]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月4日閲覧。
  2. ^ 卒業生来校!”. 西条市立壬生川小学校公式サイト (2016年12月27日). 2017年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c 2016年ドラフト会議 主な高校生ドラフト候補”. スポーツ報知. 2017年4月4日閲覧。
  4. ^ 第97回全国高校野球選手権愛媛大会 西条―帝京五(1回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年7月13日). 2017年4月4日閲覧。
  5. ^ 第98回全国高校野球選手権愛媛大会 松山商―帝京五(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2016年7月19日). 2017年4月4日閲覧。
  6. ^ 福岡ソフトバンク育成1巡目指名・大本 将吾(帝京第五高・外野手) 中村 晃の師匠から学び、 柳田 悠岐を追う!(2)”. 高校野球ドットコム (2016年10月27日). 2017年4月4日閲覧。
  7. ^ a b c d 【野球】ソフトバンク育成1位・大本将吾 本塁打王目指す左の大砲”. デイリースポーツ (2016年11月9日). 2017年4月4日閲覧。
  8. ^ 仮契約合意 大本(帝京第五) ソフトバンク育成選手”. 愛媛新聞ONLINE (2016年11月5日). 2017年4月4日閲覧。
  9. ^ ニュース・新入団会見レポ。1位田中正義投手は背番号25!”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2016年11月22日). 2017年4月4日閲覧。
  10. ^ 育成1位の大本が手術”. 西日本スポーツ (2017年2月26日). 2017年4月4日閲覧。
  11. ^ 2017/4/22(土) 3軍試合結果 vs徳島インディゴソックス”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年4月22日). 2017年10月22日閲覧。
  12. ^ 2017/09/15(金)第28回戦 福岡ソフトバンク vs 広島 出場選手成績”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年9月15日). 2017年10月22日閲覧。
  13. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年10月22日閲覧。
  14. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス) 2017/10/19(木)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2018年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  15. ^ 2018年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2019年3月10日閲覧。
  16. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス) 2018/11/7(水)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2019年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  17. ^ チーム情報 ・ドラフト会議特集”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年4月4日閲覧。
  18. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]