西部ガス硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西部ガス硬式野球部
チーム名(通称) 西部ガス
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 2012年
チーム名の遍歴

  • 西部ガス (2012 - )
本拠地自治体

練習グラウンド 福岡市東区
チームカラー 紺色、赤色
監督 杉本泰彦
都市対抗野球大会
出場回数 3回
最近の出場 2017年
最高成績 1回戦敗退
社会人野球日本選手権大会
出場回数 1回
最近の出場 2014年
最高成績 1回戦敗退
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

西部ガス硬式野球部(さいぶガスこうしきやきゅうぶ)は、福岡県福岡市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

運営母体は、北部九州をエリアとする一般ガス事業者西部ガス

概要[編集]

2011年西部ガスが硬式野球部発足を発表し、初代監督には日本通運で9年間監督を務め、日本代表の監督経験もある杉本泰彦を[1]、コーチには駒大苫小牧高夏の甲子園2連覇を果たした香田誉士史を招聘した。選手は主に九州出身者の学卒者を集め、他チームからの移籍や元プロ野球選手によるチーム構成とはなっていない。

2012年2月、日本野球連盟に『西部ガス硬式野球部』として新規登録され、活動初年度は日本選手権予選に初参加したが1回戦で敗退した。

2013年都市対抗野球予選に初参加し[2]、福岡県1次予選は突破したが九州2次予選で敗退した。

2014年都市対抗野球予選で敗退したが、日本選手権では予選を勝ち上がり本戦初出場を果たした。

2015年都市対抗野球に九州第3代表として初出場を果たした。

沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第36回IBAFワールドカップ日本代表第16回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表
  2. ^ 都市対抗野球:黒獅子旗目指し 7月12日開幕(毎日新聞・2013年4月4日、同年5月12日閲覧)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]